アウトドア&フィッシング ナチュラムノートンストア

2020年04月03日

1272.♪危険なふたり!




やっぱりカッコイイなぁ!


♪危険なふたり/沢田研二(1973年)


沢田研二!さんご登場


先日、ジュリーこと、沢田研二さんとのコントのことを書かせて頂きました。志村けんさんとのコントです!そう言えば、ジュリーじゃなくて志村さんがスター役を、沢田さんが付き人のマネージャー役を演じるコントもありましたねぇ?これも面白かったよなぁ。いやぁ〜、志村さんを失った喪失感がデカ過ぎるなぁ。沢田さんも、さぞ悲しい思いをされているでしょうね?

では、ジュリーの曲を聴こう!志村さんも喜んで下さると思うんで。今夜は、'70年代の最高にカッコイイ、ジュリーの、年上の女性との恋?を歌う、日本歌謡史に燦然と輝く名曲を!

作詞:安井かずみさん
作曲:加瀬邦彦さん
編曲:東海林修さん

バックミュージシャン

ケニー・ウッド・オーケストラ
松木恒秀さん(ギター)
武部秀明さん(ベース)
田中清司さん(ドラムス)
栗林稔さん(キーボード)

エレクトリックギターが映える!
'70'sポップロックの醍醐味が味わえる
珠玉の名曲だよね?

やっぱりカッコイイなぁ〜!

ルックスももちろんかっこよかったんだけど、この曲も紛れもなくずっとずっと残って行く、ニッポンのポップロックナンバだよねぇ!まずは松木さんが奏でる、エレクトリックギターのフレーズが凄い!タメがあったり、独特の間があったりで、音色も、正にあの頃の生々しいエレクトリックギターのサウンドで、アクセントになって曲を引っ張ってます。

やっぱりこの時代は、生楽器演奏が炸裂!リズムも、揺れてうねって、走って・・シンセサイザーには、やっぱり出せないグルーヴだと感じます!久々に'70'sの音楽に触れているんだけど、やはりカッコイイですねぇ!何だよ〜、'80年代を推していたんじゃないのかぁ?って失敬!今はテクノロジーが進歩して、素人の耳にはデジタルかアナログかなんて分からないほどになっているそうですが、

生楽器を人間が奏でるその熱量?
生演奏の揺れ?
生楽器のその時その時に違う音?

やはりデジタルとは違っていて、エレクトロポップに最初から影響を受けた私も、結局最終的には生楽器演奏に帰って行くのかなぁ?まぁ、どちらも私は好きなんですが。そしてこの曲の歌詞も、年上の女性に憧れ・惑い・翻弄される若い男を演じるジュリーが、真面目で聡明で、これがかっこよかったりするよね?女性にモテまくるジュリーが、翻弄されるって言う・・・。

そんでももって、

沢田さんの歌声がまた素晴らしいです!

この方は歌唱力も抜群ですが、

その声が唯一無二で独特で、
良いですよね?

ルックスが良くて歌が上手いだけじゃなくてこの方は、その何とも表現出来ない、美声が一番素晴らしいなぁ〜って思います!最近は、年を重ねられて、太られてしまい、女性ファンの方々からは「えええ〜?」らしいんですが、私ら男は、逆に渋い初老の男になられてカッコイイじゃあん!と思うんだけど。でも今もあの美声は健在で、改めて彼も、

素晴らしい歌い手さん!

思うばかりです。

志村さんより沢田さんの方が二歳ほど年上だそうですね?ぜひとも、志村さんの分まで沢田研二さんには長生きして頂いて、いつまでもいつまでも、歌を歌い続けて欲しいです!きっと志村さんが天国から、極楽浄土から見守って下さっていらっしゃると思うから・・・。

今宵、名曲をあなたも!


※本日の1曲「♪危険なふたり(1973年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位No.1!を記録しているようです。そして第二回歌謡大賞にて大賞を、第六回有線大賞にて歌唱賞を獲得しているようです。


※K.Schaffenさん、
リンクさせて頂きましたm(__)m



posted by のぶそうる at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

タブレットPCと共に新たな出発!

春と言えば新しいことが始まる季節ですが、

パソコンも新しいものに思い切って替えて、

初めての方々は、最初のパソコンを購入して

ぜひ新たな出発を!そんなことをお考えの方々へ

持ち運びも難なく出来る軽量で、タッチパネル操作が可能。

もちろんキーボード入力も出来る、

タブレットPCが、

今の時代は最適になるのではないでしょうか。

メイド・イン・ジャパンのCMでお馴染みの、

マウスコンピューター

今注目されているようです。

手のひらサイズの「WN803シリーズ」が正に、これからの先端的PCと言えるでしょうか。しかし、時に文書作成にもしっかり対応する、マグネット着脱式でキーボードが取り付けられる「MT-WN1004-V2」こちらも注目のタブレットPCですよね。ゆっくり事務所でキーボードを使い、出張時にも軽々と持って行けて、サクッとタッチパネルで操作する。

特にアクティヴな方々には、理想的なPCになりそうです。640gの軽量PCですが、10.1型ディスプレイ、十分なメモリや無線LAN装備、バッテリー駆動時間も8時間以上と、小粒に見えても、機能等の部分もしっかりと備わっていますから、仕事はもちろん、プライベートでも十分楽しめることでしょう。置き場所にだって全く困らないし・・・春の新しい出発には、これぞなPCになるのではないでしょうか。

そしてやはり、日本製ということが私たちには安心感があって嬉しいですよね。サポートもしっかりしていて、何かあった時にも即対応して頂けて、ガツガツと日々使っても不安なく使えそうです。ニッポンのPCを応援することにも繋がるわけですから、使っていて何か誇らしい気持ちになりそうで、人生が充実するのでは。

ご興味ある方々は、

ぜひマウスコンピュータのウェブサイトへ。

サイトもとても見やすく、あなたの新しいPCが

すぐに見付かるはずです・・・。


マウスコンピューター期間限定セール

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
posted by のぶそうる at 23:43| 東京 ☔| Comment(0) | 日記他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

志村さんが逝ってしまった・・・。

またしても

追悼をしなければなりません!

ニッポンが誇るコメディ王!

志村けん!さんが、

令和2年3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなられました。享年70歳。まさか?ですよねぇ?私たちの世代はやはり、ドリフの「8時だョ!全員集合」荒井注さん脱退により、志村さんが新メンバーに迎えられてからの、抱腹絶倒の笑い笑いの数々!気が付けば、加トちゃん(加藤茶さん)と共に、志村さんが主役になっていましたよね?

それから、沢田研二さんとのコントもありましたぁ!当時志村さんとジュリーは、同じ事務所だったんだそうな。あのジュリーがギャグをやって良いの?なんて子供心に思ったものですが、息の合ったお二人のコントをやる姿が、今も目に焼き付いています。そして、「ヒゲダンス」も忘れられません!このヒゲダンスのテーマソングは、テディ・ペンダーグラスさんの「♪ドウ・ミー」って曲だったんですよねぇ?

ファンキーなリズムが、ウキウキさせてくれて、後にペンダーグラスさんの歌を聴いて、さらに好きになりましたが、果物を投げてサーベルで上手くキャッチ!マジックを見て入るようで、ホントハラハラドキドキさせてくれて、最後には皆で笑って・・・最高の瞬間を過ごしましたよねぇ!

その後も、いろいろな番組でいろいろな新しいキャラクターを創り出して、いつも笑わせてくれた志村さん!テレビを付けたら、いつも優しい笑顔で子供たちを、いや老若男女すべてを、怒涛の笑いの世界に誘って下さった方でした。ダウンタウンのまっちゃん(松本人志さん)が尊敬する人は二人!志村けんさんと、相方のはまちゃん(浜田雅功さん)笑いしか、笑いに関することしかやらない人。そんな志村さんを尊敬なさっていたそうです。

考えてみたら、まっちゃんは関西だけれど、志村さんは関東。しかしその笑いは、そんな狭い空間だけのもではなくて、後輩にしっかりと受け継がれて行ったんですよね?・・・なんて。今新型コロナウイルス感染症で、どんよりと暗い世界が拡がってしまっています。こんな時には、笑顔になれる、腹の底から笑うことが絶対に必要なことだと思います!

そんな矢先に・・・。

とても、相当に、立ち直れないほど辛く悲しいですが

お別れを言わなければならないんですねぇ?

志村けん様、

たくさんの笑いをありがとうございました。

あなたが居たからニッポンは、
笑顔になることが
いかに大切かを知りました。

心よりご冥福をお祈り致します・・・。

posted by のぶそうる at 23:02| 東京 🌁| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする