日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2017年12月14日

1055.♪NOW AND THEN〜失われた時を求めて〜




しっとりとうっとりと・・・。


♪NOW AND THEN
〜失われた時を求めて〜
/MY LITTLE LOVER(1996年)

マイラバ!さんたちです。


ビートルズを振り返って、ポップなロックを楽しんでいるところで、ふと思い出したのがこの曲!実はリアルタイムで、8cmCDシングルを買って、歌詞も覚えて・・・。ちょっと古めかしい雰囲気を持っている曲だよなぁ?って当時感じていたけれども、

今聴くと、

「マジカル・ミステリー・ツアー(1967年)」の頃のビートルズっぽいんだよねぇ!生のストリングス、後、エレクトリックギターの音色も、おお〜〜!って、また独り上がっておりますwww・・・ということで今夜は、マイラバさんたちの通算2作目のアルバム「PRESENTS(1998年)」収録で、通算5作目のシングルナンバーです!

この頃のメンバー

akkoさん(ヴォーカル)
小林武史氏(キーボード、プロデュース)
藤井謙二氏(ギター)

作詞、作曲&編曲:小林武史氏

えええ、ビートルズ?
レトロな雰囲気と、せつない旋律
でも、
ほっこりとあったかぁ〜くなる!
良いなぁ〜〜!

いやいや、ホント、ビートルズっぽいよね?オマージュを捧げたってところなんでしょうか?最近も、ドレスコーズさんとかも、こういう雰囲気を出していて、考えたら20年周期で世界は回っているのかなぁ?なんて思っています。30年周期だよ〜!って何度も言ってきた私なんだけれど、

今夜の1曲から、ちょうど20年前が1966年になるんだよねぇ!マジカル・ミステリー・ツアーの一年前!そして下って20年が、2016年!やっぱり繋がっている気がします。レトロな雰囲気に、濡れた旋律が乗って、ちょっと寂しい感じなのに、心がほっこりとあったかぁ〜くなるのが、良いなぁ!

やっぱり、ポピュラーミュージックの原点!それ以前にももちろん、ロカビリーやジャズはあったのですが、クラシカルミュージックとは違う、もっと敷居を低くして、皆で楽しめる音楽を作ったのが、ビートルズだったのかなぁ?って。

そして、マイラバさんたちが影響を受けて、受け継がれて行く!ただ、日本語の響きがとても柔らかいのは、ニッポンのグループ、日本の歌い手さんにしか出せない魅力ですよね?とても美人でコンサバな雰囲気を持ったakkoさんですが、

歌声は可愛らしくて!

とても柔らかくて女性ぽっくて・・・日本語なので、余計にそれが感じられて、さらに心地良く入って来ます!恋愛ソングではなくて、過去を振り返り、人間の内面をえぐるような?ちょっと辛辣な歌詞もまた、この曲に合ってますよね?この曲に関しては私は、メロディのみで十分堪能出来てしまうんですが・・・。

寒い夜には

ほっこりとあったかぁ〜くなりたい!

皆さまもぜひ・・・。


※本日の1曲「♪NOW AND THEN〜失われた時を求めて〜(1996年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位2位を記録しているようです。アルバム「PRESENTS(1998年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位2位を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

1054.サレンダー!



ワクワクポップロックで
上がって行こ〜〜う!


♪Surrender/Cheap Trick(1978年)


チープ・トリック!さんたち、出番です。


ビートルズって、やっぱり良いよなぁ!

改めてそう感じているところで、彼らを思い出しましたぁ!最近、ソウルフルやファンキーよりも、ポップなロックンロールが耳に心地良くて・・・。今夜は彼らの代名詞的ナンバーを!通算3作目のアルバム「天国の罠(Heaven Tonight)(1978年)」収録で、トップを飾るシングルナンバーです!

メンバー

リック・ニールセンさん(ギター、バッキングヴォーカル)
ロビン・ザンダーさん(リードヴォーカル、ギター)
トム・ピーターソンさん(ベース、バッキングヴォーカル)
バン・E・カルロスさん(ドラムス)

ポップでキャッチー!
疾走するカッコイイロックンロール!
ワクワクしちゃいますねぇ。

彼らって言うと、「at武道館(1978年)」を小学生だった頃に、友人の誕生日パーティがあって遊びに行った時に、お姉さんがレコードを持っていて、「カッコイイのよ!」だったかなぁ?おっしゃっていて、ロックってカッコイイのかぁ?って、結局は忘れてしまったんだけれど・・・。

初めて、ロックと言う存在を知った時だったのかなぁあの時が?でも彼らのことは、ホントその後も忘れていて、高校生の頃にリリースされたアルバム「スタンディング・オン・ジ・エッジ(1985年)」をカセットテープに録音して、そうかぁ!あの頃の、あのチープ・トリックかぁ!まだ演ってるのかぁ?と。

結局はのめり込むことはなかった私ですが、最近、俄然興味が湧いて来ています!そしてやはり、このアルバムからでしょう!と薦められて聴いています。今夜のナンバーは、実は既に知っていて、高校生の頃にカヴァーしてバンドで演ろうとしたほど好きな曲なんですよ〜!

最終的には演ることが出来なかったんですが、今改めて聴いて、カッコイイよなぁ!と、ウキウキしちゃう曲ですねぇ!♪ママもパパも問題なし・・・降参するしかない!ただ自分のことは、明け渡したりはしないよ・・・若い男の子の恋愛や、家族事情を歌った曲のようですが、

アメリカ人にしか理解出来ない感じがありますよね?ベトナム戦争のこととか出て来るし。でもここらへんは、歌詞じゃなくて、ビートとメロディを楽しむだけでも、十分なナンバーだと思います!丁度良い加減に歪ましたエレクトリックギターの音、軽快なのに深みがあり、疾走感満載で、

ちょっと揺れる雰囲気が独特なグル−ヴを醸し出しているリズムセクション、そして、滑らかに流れて行くヴォーカルが入って来て、ポップでキャッチーな旋律を歌い上げる!ワクワクしちゃうよねぇ?'70年代後半の、ラフ&ルーズな中にも、明るいポップさがはじける音楽は、

一気に上げて行きたい、
朝一番から聴きたいナンバーじゃないですかぁ?

当時、ザンダーさんとピーターソンさんがイケてる役割で、ニールセンさんとカルロスさんがコミカル役を担っていたと聞きます!確かにそうだろうなぁ〜と思うんですが、確かな演奏力とライヴパフォーマンスで、どんどんファンを獲得して行ったようですね?

今も活動されていらっしゃるってことも、さすがだなぁ!と感じるばかり。アメリカはイリノイ州、シカゴ郊外のロックフォードご出身のようですが、聴いていて、同じくアメリカは東部ご出身の、キッスさんたちと同じような雰囲気を感じるのは私だけかなぁ?

これから、

じっくりと彼らの作品を楽しんで行こうと思っています!


※本日の1曲「♪サレンダー(1978年)」は、米ビルボード100で最高位62位、オーストラリアで最高位32位、カナダのシングルチャートでは最高位79位・・・を記録しているようです。アルバム「天国の罠(1978年)」は、米ビルボード200で最高位48位、ニッポンのアルバムチャートで最高位11位、オーストラリアでは最高位84位・・・を獲得しているようです。そうだぁ!彼らって、ニッポンから受けたバンドだったんだよなぁ!







posted by のぶそうる at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

ウキウキワクワク、ちょっとせつないが良いぞ〜!




某ラジオ局の

推薦ナンバーとして最初に聴いたんですが、

そのキラキラポップロックぶりに、

ちょっとせつなくなるところに

胸がキュンキュンしちゃって・・・。

グッバイフジヤマ!

・・・って言うニッポンのグループの

♪ぼーいふれんど

・・・ってナンバーでしたぁ!


何とも心地良いその、ワクワクしながらも、ちょっとせつなくなるメロディを、柔らかく、少年のようなヴォーカルが歌い上げる!ハーモニーも利いてて、意外にギターもガンガン入って来るし、そうかぁ!ビートルズかぁ!最近ビートルズをまた、聴いていることろだったので、

ちょっと嬉しい発見です!

しかし、狙ってるんだろうか?このメロディは?ごく普通のどこにでもいるお兄ちゃんたちが、学芸会で、楽しく演っているような感じも、何か良いし。

今は、

カリスマじゃなくって、

皆で歌って、
皆で盛り上がって
皆で繋がって

勝手に解釈しちゃってるんですが、

これがカッコイイのかなぁ?

調べてみると、長く活動されているグループのようで、パッと出ではないようですね?若い方々はご存知なんだろうか?♪ダーリン!ってナンバーも今公開されていて、こちらもウキウキワクワク、ちょっとせつない・・・これまた、ビートルズを彷彿とさせる曲で、良いですね!

最近は、R&B系よりも、

ポップなロック系が良いです!


SHISHAMOさんもそうですが、

彼ら、

グッバイフジヤマさんたちにも注目したいです!

posted by のぶそうる at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする