2018年07月15日

メアリー・J.様貫録の新曲だぁ!

ビヨンセ様とジェイ・Zさんご夫婦が、カーターズ(お二人のファミリーネーム)名義で、何と!新作「エヴリシング・イズ・ラヴ」をリリースしたようですが、

メアリー・J.ブライジ!様も新曲である、

♪オンリー・ラヴ!

をデジタルリリースしたようですねぇ!

ビヨンセ様とジェイ・Zさんは、いつ破局を迎えるか?なんてことを囁かれていた?のに、お二人で、しかもカーターズでの新作とは?分からないものですよねぇ?お二人の再出発第二章なんでしょうか?思いっきり期待しているんですが。そんでもってブライジ様も、いよいよ離婚が成立したようで、こちらも心機一転の第二章のようですねぇ?

実は知らなかったんだけれど、

'70'sに活躍したフィリーソウルフル・ガールズ・コーラス・グループ、ファースト・チョイスさんたちの、1977年のディスコヒットチューン「♪ドイウター・ラヴ」をサンプリングしている曲なんですねぇ?ヤバイ!原曲もチェックしましたが、めちゃくちゃ良くて、最高のダンスチューンじゃないですかぁ!いやいや、まだまだ勉強不足です。

さて、ブライジ様の♪オンリー〜の方は、最近のEDM系の輪郭がないリズムとは一線を画した(お好きな方々、失敬!)シャキッと際立ったグルーヴが、私にはガツ〜〜ンと入って来ます!デジタルを使っても、人間臭い、汗かいている感じがして・・・やっぱり良いなぁ〜〜〜って感じます!このグルーヴなんだよなぁ〜〜〜って。

ポップ&オークさんたちのプロデュースのようですね?

ブライジ様の歌声は、

もちろんまだまだエネルギッシュですが、

ちょっと枯れた感じがしません?

年を重ねられたアレサ・フランクリンさんのような

アダルトで重厚感があって

・・・やはりこの方も、

紛うことなき歌い手さんですね!

ホント、貫録の新曲だぁ。

今後の彼女からも、目が離せませんね・・・。


posted by のぶそうる at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

1108.♪アンプリティ!



爽やかポップ
いや、
TLCさんたちの魅力を
女性の力を強く感じますよねぇ?


♪Unpretty/TLC(1999年)


TLC!のご三方


ビヨンセ様も良いけれど、
やっぱり私は彼女たちを忘れることが出来ないんだよなぁ!

特に事故で惜しくも亡くなってしまった、レフト・アイさんの、もうたまらなくキュートな存在感が!そして1stと2ndが今も大好きなアルバムなんですが、今夜は、2ndアルバム「クレジーセクシークール(1994年)」から、5年もの年月を経て(そんなに間隔あったんですねぇ?)リリースされた、通算3作目のアルバム「ファンメール(1999年)」収録の大ヒットソングです!

メンバー

T-ボズさん(リードヴォーカル)
レフト・アイさん(ラップ、コーラス&作詞)
チリさん(コーラス)

爽やかなポップロックが
男に左右されて可愛さを追求?
とんでもない・・・って言う
女性の力を強く感じて
やっぱり良いなぁ〜って思います!

そしてTLCさんたちの
今も色褪せない魅力を感じますねぇ!

ダラス・オースティンさんの新たな側面?なんて当時、ギターが結構フィーチャーされた正統派ポップソングっぽいこの曲を聴いて感じたものですが、今聴いても、何とも気持ち良いなぁ!って、また独り上がっています!大人になった彼女たち・・・なんてことも言われてたっけなぁ。レフト・アイさんも美しいコーラスを聴かせてくれて、彼女って才能あるんだよなぁ!って思ったことを思い出します。

音楽って本当に、聴いていたその当時のことが鮮明に蘇ってくるんだよねぇ?不思議だよなぁ。曲作りにオースティンさんと共に、T-ボズさんが関わっている曲なので、彼女の歌が聴きどころですね!彼女の低く、金属的な歌声は、今、って言うか、過去にも居ないスタイルですよね?独特の、何だろう?無機質に思わせて、聴いた後に温もりみたいなものを感じるって言うのかなぁ?

不思議な魅力を持っている人だよねぇ?

そこに、チリさんの美声コーラスと、レフト・アイさんの、この曲ではコーラス(演っていて結構上手い)も演ってて、正にTLCヴォイセズ!の出来上がりなんですよねぇ!デスチャさんたちは、ダイアナ・ロス&スプリームスに直結するんですが、TLCさんたちは、あの時代に出て来た、全く新らしいスタイルの、トリオ・ガールズ・ユニッだったんだなぁ!

そんでもって、男性受けする、いわゆる痩身でスタイルが良く、且つセクシーでって言うものに振り回されていると、自分が失われちゃう!もっと女性だって、どんどん自分の好きなように生きるのよ!・・・って言う?歌詞も、彼女たちに合っていて、女性の力強さを感じます!ヨガのような雰囲気を醸し出しているMVも、魅惑の世界に入ったようで良いですし!

レフト・アイさんが生きていたらなぁ!
ホント、
思わずに入られません!

今生きていらしたら、落ち着いた大人のカッコ良くて、もちろんキュートで可愛らしくて・・・そんなことを想像すると辛いです!でも、叶わぬこと。でも、彼女が残してくれた音楽は、いつでも楽しめるし、いつだって彼女に会いに行けるんだよね!

やっぱりTLCは良いですね・・・。


※本日の1曲「♪アンプリティ(1999年)」は、米ビルボード100で最高位No.1!、オーストラリアとニュージーランドで最高位3位、米ビルボードR&Bシングルチャートとアイルランドで最高位4位、英国では最高位6位、オランダのシングルチャーとで最高位8位、スイスで最高位9位・・・を記録しているようです。この曲はまた、2000年の米グラミー賞の「年間最優秀ソンング」を始め三部門にノミネイトされましたが、惜しくも受賞には至らなかったようです。

アルバム「ファンメール(1999年)」は、米ビルボード200とビルボードR&Bアルバムチャートで最高位No.1!、カナダで最高位3位、ニュージーランドで最高位6位、英国のアルバムチャートでは最高位7位、オランダで最高位9位、スイスで最高位11位・・・を獲得しているようです。このアルバムはまた、2000年の米グラミー賞にて「最優秀R&Bアルバム」を受賞しているようです。








posted by のぶそうる at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

足のケアはすべてと言っても過言ではない!


皆さん常に悩まれ、いろいろとお考えのことと思います。

女性の方々に多いと言われている、

外反母趾ですが、

いわゆる、その方の足に合わない靴を履き続けているために起こる、足の指の関節の変形なのだそうですね?そして怖いのは、放っておくと老後になって、膝・腰・頭痛他、いろいろと体に不具合を起こしてしまうのだとか?手術しなければならないほど悪くなければ、靴で矯正して、運動をすることで治療することが可能になるそうです。

そう言うことを聞くと、

しっかりと対処したいものですね?

私は靴を買う時には、とにかく何度も何度も履いてみて、自分自身本当にしっくりと来てから買います。以前靴ズレを起こして、足の指が擦り剥けてしまった経験があるためか、今も靴には神経質になっております。中々合わない時には、中敷きを敷いて履くようにすることもあります。

でも外反母趾をしっかりと治療した方々は、

老後においてもしっかりと歩くことが出来て、姿勢も良く、外に出て行く機会も増えて、印象も良く・・・良いことばかりになりそうですから。それから、専門家のしっかりとした足のマッサージを、自分でもちゃんとした知識を得てからマッサージ行うことも大事だそうです。それをすることで、前述した老後への心配もなくなることでしょう。

そして、偏平足というものがあります。

足裏の中央部分が本来ならば床に付かず、浮いている状態なのですが、ぺったりと床に付いてしまっている状態のことを言います。生まれつきと言うこともあるそうですが、やはり、履いている靴が合っていないとか、外反母趾になっているとかが原因になるそうですね。女性の方々がハイヒールを履いているとなりやすいみたいです。

私は扁平足ではないのですが、やはり、基本的に西洋人用に作られたスニーカーは幅が合わないことが多いです。なので、スニーカーは出来るだけ幅広タイプのものを選ぶようにしています。もちろん先述したように、何度も履いてみて決めることになりますが。

では偏平足の対処方法としては、

足のかかとに重心がかかることを避けて、歩く時には、足の爪先で着地するなどの運動や訓練が必要のようです。ドタドタやカンカンと言う音がする歩き方は、かかとで歩いているからそう言う音が出るのだそうで、やはり爪先から着地して歩くことこそが、良い姿勢を保ち、腰や膝などに負担をかけずに歩くことになります。

顎を引いて、きちんとした姿勢を保つことで、内面の健康はもちろんのこと、外見も綺麗に見えることになりますから、結果、良い方々に巡り合い、どんどん良いことが重なって行く。そのような歩き方をしていると、自然に人が寄って来て、輪を作り・・・良い人生を歩むことに繋がるってことになるかもしれません。


足の健康はお金持への第一歩?

かもしれませんね・・・。

posted by のぶそうる at 21:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする