ノートンストア

2020年08月08日

純烈!が、カッコイイぞ〜!




今また、

フュージョンにハマっているところなんだけど、

人間臭くて、情熱的で、

もっと熱い音楽が恋しくなって来たところに

この曲が流れて来たぁぁぁぁ!

ニッポンのムード歌謡グループ

純烈!のみなさんたち。

♪愛をください~Don't you cry~

作詞&作曲:幸耕平さん
編曲:萩田光雄さん

凄ぇ〜〜カッコイイじゃぁ〜ないですかぁ!

ホーン&ストリングスも入っていて
ダイナミックなバンドサウンド!
エレクトリック・ギターも泣いている

そこに、

四人の中年男性のセクシー?な歌声が飛び出す!

ちょっとほろりとさせる歌詞に
ちょっとせつない旋律が

日本語なので、ダイレクトに歌詞も伝わって来るし

いやいや、カッコイイじゃぁ〜ん!

また独り上がっております(笑)

後上翔太さんだけは、まだ30代なんですね?若い20代のイケメンとは違う、年を重ねた中年の、ちょっとおじさんになりつつあるんだけど、しっかりとかっこよさを保っていて、ちょっと前のホストクラブにいらっしゃった、ダンディ風な雰囲気の四人が、ムード歌謡にまた合う合う!

おば様たちが、キャーキャーお叫びになるのが

何か分かる気がします!

若者には出せない色気ですよねぇ?

アメリカンのR&Bと日本の演歌の融合?

こういう曲聴いちゃうと、やっぱりまたニッポンが

ジャパニーズの方が良いなぁ!ってなってしまう。

リズムも丁度良くうねっていて、心地良いです!

私も年取ったのかなぁ?

いや、

演歌っぽいニッポンの雰囲気とソウルフル?

純烈!
カッコイイですぞ〜〜!



posted by のぶそうる at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

ジャイアンツ2連敗!しかし・・・。

⚾昨夜の対阪神タイガーズ戦で完敗!

そして今夜の、対中日ドランゴンズ戦でも

中日7-1巨人

で敗退してしまった。

おとといまでは絶好調だったのに、残念です。

今夜はドラゴンズの、大野投手が良かったぁ!

解説の鈴木さんが、「今日は巨人は仕方ない!大野投手が素晴らしかったから・・・。」とおっしゃってましたし、私もそう感じています!大野投手のツーシームが冴えわたってましたからねぇ?そんでもって大野投手は、何と言っても気持ちが入ってました!途中からテレビで見ることが出来たのですが、

自らもタイムリーヒットを放つなど、とにかくジャイアンツを倒す!って気迫に溢れてましたよ。そんな大野投手を見てて、やっぱり気持ちが大事なんだよなぁ?とまた勉強させて頂きました。ヒーローインタビューでは謙遜されていましたが、絶対に勝ってやるという力強い気持ちが、ジャイアンツ打線を黙らせた要因ですよね?

中日はスラッガー、ビシエド選手が沈黙してしまっている他は、完璧だったと思います!一方、我らがジャイアンツは、田口投手が今夜は、いつもの熱い、こちらも気持ちのこもったピッチングが、上手く技術的なところと繋がらなかったですね。彼も大野投手と同じく、いつも気持ちを全面に出すピッチャーなので。そして打線も、大野投手にしっかりと抑えられてしまったのが大きいです。

ただジャイアンツは、育成から上がって来た生え抜きの選手たちが、このところ多く出場していて、はっきりと変わったなぁ!と感じています。北村選手が今日もソロホームランをかっ飛ばしてくれたし、重信選手もヒットで出たし・・・。沼田、田中豊、大江投手も、まずは試合で投げることが、大きな経験になると思うので、今後もしっかりと投げて欲しいところです。

今日はレフトの守備で、ちょっと失敗してしまったのが残念でしたが、楽天からトレードで入った、ウィーラー選手も、どこでも守れるというユーティリティプレイヤーで(これは大きいですよねぇ?)、ベンチでは明るく皆を励ます存在!この選手が加入したことは、これからまだまだ続くペナントレースにおいて、大きな存在になると思います。

2位のヤクルト・スワローズとのゲーム差は4になりましたが、気持ちを切り替えてまた明日から、力の限り踏ん張って頂きたいですね!コロナ禍の中ですが、懸命になって戦う、

新たなジャイアンツ像を、
巨人魂を見せて欲しいところです!

それから野球選手の皆様方には、

野球で世界を盛り上げて欲しいところ
・・・ですね⚾


ラベル:生え抜き選手
posted by のぶそうる at 23:33| 東京 ☀| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

トニ・ブラクストン様、新作だぁ!




早くも新作のようですねぇ?

トニ・ブラクストン!

前作「セックス&シガレッツ(2018年)」

からまだ2年ですから。

このところ、今のR&Bは、みんなEDMサウンドからまだ抜け切れてない軽い感じが、ちょっとなぁ?ってことで(好きな方々、すいませんm(__)m)ほぼ聴いてなかったんですが、トニ様の新作「スペル・マイ・ネイム(2020年)」が、8月28日リリースの報を聞き、先行シングルの

♪ダンス

を聴いているところなんですが、

良いですぞ〜〜〜!

もちろん、打ち込みなんだけれども、

リズムがシャキっとしていて、ベースのスラップも飛び出す輪郭のあるリズムが秀逸で、ストリングス&ブラスセクションも入って来るし、何だろう?'90'sのニュージャック・スウイングですかね?いや、'80'sブラコンや、ポップなR&B、'70'sのファンキーなソウルフル風味もあるし、

これぞトニ様!

な、ダンスミュージックが炸裂しています!

ミュージックビデオも、バックダンサーと共に踊っていらっしゃって、まだまだ若いなぁ!と思いつつも、貫録十分で、カッコイイです!今こそダンス!踊ろうよ!失望や絶望ばかりじゃなくて、

これからまた幸せな良き日だって、帰って来るわよ

・・・なんて言われているみたいで、

めちゃくちゃ元気を頂きました!

ちょっと低めのトーンのアルト・ヴォイスも健在で、

枯れた大人の雰囲気もちょっとあって(そこがまた良い)、

ホント、カッコイイです!

いやいや、

がっつりしたサウンドのR&Bが帰って来る?
嬉しい予感がしております!

トニ・ブラクストン様、イズ・バック・・・。




posted by のぶそうる at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする