明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

2019年01月21日

1159.♪No.1!



優しいんだなぁ〜!


♪No.1/槇原敬之(1993年)


槇原敬之!さんです。


やっぱりジャパニーズが良いなぁ!

ニッポンのナンバーが続きますが、マッキーの極上のナンバーを忘れてましたぁ!レビューされてる方のおっしゃる通り、ホント彼の曲っていつ聴いても良いよなぁ?って私も思います。高校生の頃に、坂本教授のラジオ番組にデモテープを送ったら、絶賛されたって言う過去があるマッキーさん。やはり天才って言うのは、すでに十代でもう天才なんですねぇ?

今宵は、彼の通算4作目のアルバム「SELF PORTRAIT(1993年)」収録で、

通算8作目のシングルです!

作詞、作曲、編曲:槇原敬之さん

これぞ、ウキウキワクワク
珠玉のポップラヴソング!
最高だよねぇ?

1969年、大阪府は高槻市ご出身。ローリー寺西さんは従弟にあたるんですよね?ローリーさんはローリーさんで、また違ったロックな世界の人で、彼も凄い人ですが、マッキーさんもホント、誰が聴いても良いって言う曲を、こ〜んなにも作っちゃうんですから、恐るべし人だよねぇ?私は同世代なんですが、なんでこうも違うのかなぁ?って溜息が出ちゃうよぉ〜。

ちょっと跳ねるファンキーなリズムが、アメリカンR&B風味を感じさせて、キーボードがアクセントになる、正にマッキーワールド!メロディは、とことん優しくて、聴く者を自然に笑顔にさせてしまうところが良いですねぇ!キーボードの音色が、「おお?YMO?」なんて聴こえたりするところ?なんかもあって、玄人受けもするんでしょうか?私たち素人にも、

なんて心地良い歌なんだろう!

・・・って、

朝一番から聴きたいナンバーじゃない?

その親しみやすい風貌と優し気な笑顔も良いよね?

歌声は、良〜く耳を澄ますと、艶があって色気がある声なのに、と〜っても落ち着くんだよなぁ!とにかく優しい!今年は安心・安定な年になれば良いなぁ?って感じている私には、この曲が凄〜く良く聴こえて来ます!♪年取って皺が刻まれた顔になったのは、僕が笑わせて来たから・・・幸せの詩ですよねぇ?平和ですよねぇ?こんな世の中になりますようにと!何か、思いを込めたくなっちゃうなぁ。

贅沢なんかいりません。
老若男女に届く幸せいっぱいの歌!

世界中に届け・・・。


本日の1曲「♪No.1(1993年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位No.1!を記録しているようです。アルバム「SELF PORTRAIT(1993年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位No.1!を獲得しているようです。マッキーさんのアルバムも、一家に1枚、一家に1アルバムデータ音源ですね?





posted by のぶそうる at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

1158.♪夢よ急げ!





ウキウキワクワク
・・・でもちょっとほっこりする?


♪夢よ急げ/アルフィー(1983年)


アルフィー!のご三方ご登場。


'80年代の彼らは好きですねぇ〜!

1984年の横浜スタジアムでのライヴも見に行きましたし・・・なんて、当時、ハードロックから英国のポップへ趣味が変わって行く時だったんだけれども、今振り返ってみると、どっちも聴いていたんですよね。そんな時に私の周りでは、ハードロックっぽい雰囲気のギターを弾く高見沢さんに注目が集まって、ポップでメロディアスな曲にも好感を持って・・・聴いてましたよ〜!

そして今の時代になって、また彼らのこの頃を振り返ってみると、今度はベースとリードヴォーカルの、桜井さんのそのカッコイイ風貌と、その艶のあるダイナミックな歌声に、凄ぇ〜〜〜カッコイイじゃぁ〜ん!って感激しちゃって、また今アルフィーさんたちに注目しているところです。でも彼らって、何よりもライブを大切にして来たグループ!最近の彼らを見て、聴いていると、

長年現場を主に考えて来た彼らならではの、経験に裏打ちされたステージを体験出来ますよね?その後ライヴには、残念ながら行く機会がないのですが。ベテランの持つ経験と、今もパワフルな情熱をひしひしと感じるグループですね!今夜は彼らの通算6作目のアルバム「ALFEE(1983年)」収録の、ファンにも人気のある、ライヴで映えるナンバーです!

作詞、作曲:高見沢俊彦さん
編曲:井上鑑さん

メンバー

高見沢俊彦さん(ギター&ヴォーカル)
坂崎幸之助さん(アコースティックギター&ヴォーカル)
桜井賢さん(ベース&ヴォーカル)

井上鑑さん(キーボード)
山石敬之さん(キーボード)
富岡義広さん(ドラムス)
林立夫さん(ドラムス)他・・・。

プログレッシヴっぽい雰囲気?
ダイナミックなポップンロックに
桜井さんの歌声が映えまくるぞ!

今改めて聴くと、同時期の英国グループ、エイジアさんたちのような雰囲気がありません?確か当時のインタビューで桜井さんは、エイジアさんたちが好きだとおっしゃっていたと記憶してます。三人の共通項は、やっぱりザ・ビートルズさんたちみたいですが、Led Zeppelinなんかのハードロック好きな高見沢さんから放たれた、ちょっとプログレっぽい、ノリノリなポップロックチューンだったのかなぁ?

ブラス系のキーボードを存分に使った音作りや、細かい展開などにプログレッシヴ・ロックっぽさも感じて、でも長尺じゃなくてポップでメロディアスなところが、ニッポンの歌謡曲と混ざり合って・・・とても良い曲だよねぇ!坂崎さんのアコースティックギターが間奏に入って来たり、一旦ブレイクして、次の旋律に入るところがアコギの調べになっていたりと、

バンドマンにも訴える、センスのある?いや・・・ダイナミックさだろうなぁ!を感じますよね?そして彼らの武器と言えば、ハーモニー!三人のコーラスワークが心地良く響いて、美メロをさらに盛り上げるんだなぁ。そうそう、これって前も書いたと思いますが、桜井さんの歌声って、クイーンの、フレディ・マーキュリーさんと被りません?そして、

コーラスワークもそうですし、
ハードでメロディアスもそう!
クイーンっぽい感じもあるのかなぁ?

なんて。でも、

桜井さんの歌声は素晴らしい〜!

ですよねぇ?このサウンドと旋律、コーラスワークの中で、映えまくってます!ベースも中々で、スラップ&プルも、他の曲ではお手のものですし・・・。高見沢さんの曲作りのセンスと存在感も凄いんだけれど、(坂崎さんも天才ですが)桜井さんのその渋いルックスと美声!に、今夜また改めて感動しちゃっております!

そして日本語の歌詞がまた、ジャパニーズを、ロックと歌謡曲の融合を、ニッポン人の心をも感じさせます!「やっぱりニッポンだよねぇ?」って言葉は、今は褒め言葉だと思うのですが、この曲にも感じるなぁ!元々はフォークの人たちなので、その歌われる歌詞も秀逸です。ちゃんと時代に合わせたものにしてるのも良いなぁ!

良いですねぇ〜〜!


※本日の1曲「♪夢を急げ(1983年)」収録のアルバム「ALFEE(1983年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位37位を獲得しているようです。この曲は、「ALFEE GET REQUESTS(2012年)」にて新たに再録をしているようです。ライヴでは、これまた「ALFEE(1983年)」に収録されている、「♪Over Drive(1983年)」とつなげて「Over Drive〜夢よ急げ」として演奏されることもあるため、再録ヴァージョンは、これを意識して録られたようですね。ウキウキしながらも、ちょっとほろっとさせるところが、やっぱりニッポンを感じるんだよなぁ?





posted by のぶそうる at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

衣類に付くニオイの対処方法は?

冬の季節だと、

あまり気にならないと感じるニオイの問題!

しかし、特に私のような世代の男性は気を付けないと、本人が気が付かないところで、迷惑をかけているということになりかねません。そんなことを聞くとドキっとしてしまうのですが、やっぱり気を付けたいですね。今は、消臭スプレーなど、いろいろな対策が出来ますから、手間を惜しまず積極的に対処して行きたいものです。気になるといえば、自分が身に着けている衣類のニオイですよね?

まずは靴下

これは男性は特に経験があると思いますが、一日を終えた後に靴下を脱ごうとすると、異臭が発生。誰?何の臭い?と思ったら、自分の靴下の臭いでした。この靴下が臭くなるのは、足の老廃物を細菌が分解して発生する、ニオイの物質が原因なんだとか?頑張った一日の成果ともいえるでしょうが、出来ることならば、臭わないようにしたいですよね?

衣類の消臭対策 としてのオススメは、

家族とは別の、いわゆるセカンド洗濯機を買って、別に選択をしましょうという大胆な方法だそうです!なるほど、そうすることによって、家族のものには絶対的にお父さんの臭いはつかないわけで・・・でもあまりにも大胆過ぎて、私はちょっと引いてしまうのですが、家族と同じ洗濯機だと、お父さんの分がかかるため、何度も洗濯をしなくて済むというメリットもあるのでしょうか?

後は、こちらも凄いと思ってしまうのだけれど、オゾン発生機を使用して臭いを消してしまう方法や、そもそも足の臭いを消してしまう方法があるそうです!足を綺麗にするには、角質を取り除いたり、爪を綺麗にしたり、重曹を入れた湯に浸すなど、やはり手間がかかりそうです。しかし、家族のため、日々接する人たちが不愉快な思いをしないようにすると思えば、やらなければならないことかもしれません。

衣類のニオイには2種類あるそうで、外側から付くのがタバコや焼き肉、油料理などの臭い。内側から付くのが、汗や皮脂が分解された臭いになるそうです。ではお父さんたちが日々着用する衣類といえば、スーツやワイシャツがありますが、どのように対処して行くのが良い消臭になるのでしょうか?手軽なものには、消臭スプレーがあるそうです。その場で手軽に対処出来て良いものだそうですが、持続性はないようです。

しかし、ニオイの原因になる物質に応じた様々な消臭スプレーが、今は売っているそうなので、目的に応じたものを使うことで効果が出るということですから、こちらも試してみたいところです。そして、持続性を考えるならば、やっぱり洗濯は必要不可欠なもの。気を付けたいのは、こちらもニオイの元となる物質は1つだけではないので、泥を落とすことに合った洗剤、

脂質、たんぱく質の汚れに対処すると言う洗剤・・・と、分けられているため、又はそれらを的確に混ぜたりして洗濯をすることによって、解決するようです。後は、熱を使った煮洗いという方法もあるそうですから、その衣類ごとに合ったものを使って消臭や洗濯をすることで、汚れを落とすこともそうですが、気なるニオイを消臭出来るそうですから、面倒臭いと思わずに、進んで衣類の消臭対策 をして行きたいものですね!

たかが、

衣類に付くニオイでありますが

手間を惜しまず対処して行きたいですね!

posted by のぶそうる at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする