ベルメゾンネット デル株式会社

2015年09月30日

686.♪ウィーク!



今宵は、やっぱりこの方たちです!


♪SWV/Weak(1993年)


SWV!の皆様方です。

彼女たちが、また新作を出してくれる!っていうニュースを聴いて、ノリノリになってしまいwww・・・気が付くとデビューアルバム「イッツ・アバウト・タイム(1992年)」を聴いていましたぁ!今聴くと、いや、今が一番心地良いんじゃないかなぁ?なんて感じるほど、心に迫って来るのには驚きです!

・・・ということで今宵のナンバーは、

上記彼女たちのデビュー作収録のシングルナンバーです!マイケル・ジャクソン様の「♪ヒューマン・ネイチャー」をサンプリングした「♪ライト・ヒア/ヒューマン・ネイチャー(1993年)」が一つのハイライトだと思うんですが、今宵のこの曲もイイ曲ですぞ〜〜!

ブラコンから
ニュージャックスウィングへ
どちらの要素も持ち合わせていて
ハーモニーも美しくて
・・・夜に浸りたいナンバーです!

夜のBARやラウンジで流れて来ると、最高に合う!というようなことを書かれていらっしゃる方がいますが、正に私もそう感じます!お酒を飲みながら、日々の疲れを癒している瞬間に、これまた癒しのメロディとリズムが流れてくれば、もうメロメロじゃない?

今回改めて聴いて感じたのは、'80'sに流行ったブラコン(ブラック・コンテンポラリー)の持つ、ムードのある雰囲気がまだあって、そこに新しいミュージャックスウィング系が混ざり合う!すると、何とも絶妙なR&Bバラッドの出来上がり!そんなことを感じています。必須のエレクトリックピアノも煌びやかに鳴ってますねぇ!

そんな珠玉の音楽に、
これまた最高の三人のヴォーカルが!

ココ様
タージ様
リリー様

艶々で若さ溢れるエネルギッシュな歌声!でも彼女たちって、もう最初から堂々たる貫録があって、「ただのアイドルと一緒にしないで!」なんですよね?何でこんなに上手くて美声なんだろう?何でこんなに綺麗なハーモニーが作れるんだろう?永遠の疑問ですよね?アフリカ系の方々の喉っていうのは、違うんだろうなぁ?

人肌恋しいこの季節
BARじゃなくても家に帰って、
旦那様(奥様)と乾杯!
音楽はもちろん、♪ウィーク・・・。


※今宵のナンバー「♪ウィーク(1993年)」は、米ビルボード100とR&Bシングルチャートで最高位No.1!、英国で最高位33位・・・を記録しているようです。アルバム「イッツ・アバウト・タイム(1992年)」は、米ビルボード200で最高位8位、米ビルボードR&Bアルバムチャートで最高位No.2!、英国では最高位17位・・・を獲得しているようです。













posted by のぶそうる at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

SWVさんたちが、また帰って来るぞ〜!

おお〜〜〜〜〜〜っ!

来たぜぇ〜〜〜〜〜!


再結成して、アルバム「アイ・ミスド・アス」

リリースしたのが2012年!

あれから3年の月日が経ちましたが、

いよいよ新作をリリースして、

再び帰って来てくれるようですぞ〜!

SWV!さんたちです。

やったぜぇ〜〜〜〜!

再来月の11月に新作はリリースとのこと。

首を長〜〜くして待つことにしよう!

先行シングルの、

♪エイント・ノー・マン!

聴きましたかぁ?

やベぇ、

一人こんな夜更けに上がっちゃってますwww

正に彼女たちならではの、

熱くも可憐なハーモニーが堪能出来る

う〜〜〜っとりなR&Bソングです!

いやいや、

楽しみが増えてワクワクです〜〜〜!



HMV ONLINE
posted by のぶそうる at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

685.♪愛は翼にのって!



大きな大きな愛・・・。


♪愛は翼にのってWind Beneath My Wings
/Bette Midler(1989年)


ベット・ミドラー!さん。

先日のテイラー・デインさんの「♪愛に帰りたい(1990年)」と共に、あの頃の大好きなバラードが今夜のナンバー!ベット・ミドラーさんです。この曲も、FMで聴いて感動しちゃったんですよ〜!大人だよなぁ〜?ってのが最初の感想ですが、ホント、今聴いてもイイ曲だよね?

さて、そんな珠玉のバラード!今夜のナンバーは、ベット・ミドラーさんが出演の映画「フォーエヴァー・フレンズ(Beaches)(1988年)」この映画のサントラに使われたナンバー!調べてみると、ジェフ・シルバーさんとラリー・ヘンリーさんが1982年に書いた曲で、

カントリーシンガーのゲイリー・モリスさんが、1983年に歌ったのが先なんだそうな!その後、上記映画のサントラからシングルカットされてリリースされたのが、今夜のナンバーなんだってねぇ?そして知りませんでしたが、シーナ・イーストンさん、ルー・ロウルズさん、

グラディス・ナイトさん、ウィリー・ネルソンさん、ケニー・ロジャーズさん、パティ・ラベルさん・・・・と、多数の方々がレコーディングされているようで・・・ビックリです!イイ曲だってことの照明ですね。

透明感のあるそのサウンド
楽曲、そしてメロディ、
ソウルフルなヴォーカル!
すべてが最高ですねぇ〜〜!

エレクトリックピアノっていう楽器の音色が、キラキラしていて、でもしっとりとした音楽に合っていて・・・改めてこの手の曲には必要不可欠だと感じました。そんな煌びやかだけれど、落ち着いた雰囲気のサウンドの中、エレピをバックに、静かにミドラーさんが歌い出す!

気が付けば・・・もう虜だよ〜!

もう言葉はいらないです!ちょっとせつないウェットなメロディが美しくて、だんだんと盛り上がって行く!そしてソウルフル!こちらもテイラー・デインさんと同じく、魂のこもった力強いヴォーカルが響き渡ります!アフリカンばりにソウルフルでもあるんですが、白人女性独特の艶がありますよねぇ?ここがまた美しいんだなぁ。

張りがあるのに、壊れそうな妖艶な艶を感じるのも彼女ならでは!我々ニッポン人には、絶対真似できないヴォーカルスタイルだよね?そんでもってまた彼女にも、大きな大きな愛が、柔らかぁ〜〜い母性があるように感じます。ここもテイラー・デインさんと同じなんだよね?

今宵はお月見!

和式に行きたいところですが
ミドラーさんのこの曲で乾杯!
合うと思うんですが・・・。


※今夜のナンバー「♪愛は翼にのって(Wind Beneath My Wings(1989年)」は、米ビルボード100とオーストラリアのシングルチャートで最高位No.1!、米ビルボード・アダルトコンテンポラリー・シングルチャートで最高位No.2!、ニュージーランドでは最高位4位、英国のシングルチャートで最高位5位・・・を記録しているようです。1990年の米グラミー賞でこの曲は、「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」を受賞しているようです。必聴盤です!















posted by のぶそうる at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする