ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう

2016年06月30日

793.♪ひとつだけ!



心がほっこり癒される・・・。


♪ひとつだけ/矢野顕子(1980年)


矢野顕子!さんのご登場。


癒し系と言ったら?

この方を忘れちゃ〜いけません!日本が誇る歌姫、矢野顕子さん。この方の歌声は、特に中年以上の男性の方々には、今も癒しの女神なんじゃないかなぁ?私もいつ聴いてもその、美し可愛らしく、大きな母性を持ったそのヴォーカルに、ひれ伏してしまうんです。

・・・と言うことで今宵は、矢野顕子さんの通算4作目のスタジオアルバム「ごはんができたよ(1980年)」収録で、オープニングを飾るナンバー!バックには、当時彼女もキーボードプレイヤーとして参加していた、YMOのご三方と、ギターに大村憲司さん、シンセサイザーのプログラミングに松武秀樹さんが参加しています!

作詞、作曲:矢野顕子さん

癒しの旋律
癒しの歌声
ニッポンの心が詰まってます!

YMO風味も感じるけれども、基本的にはピアノと歌!主役はもちろんアッコさんだぁ〜!絆?を感じるその歌詞も清らかでちょっと懐かしい言葉も出て来て良いですし、何と言っても、美し可愛い?アッコさんの、柔らかぁ〜くて、優しくて、そして、大きいその歌声に、降参するしかなさそうです!

気品があるのに、決して偉そうになんかならない!東北のご出身だからなんでしょうか?芯があって忍耐強い、力強い女性を感じるんですよね。正に、ニッポンの心みたいなものを頂いた気持ちになってしまうんだなぁ!それから、これぞニッポンのポップミュージック!絶対に、西洋のものではない!ここがまたイイんだよね。

いやいや、もう能書きはいらないですねぇ?未体験の方々には、ぜひ堪能して欲しいナンバーです!アルバムまるごとで・・・。


posted by のぶそうる at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

792.♪ユー・ウォント・シー・ミー!

 



完璧なポップソングだよねぇ!


♪You Won't See Me/The Beatles(1965年)


ザ・ビートルズ!


友人から、「今日は、ビートルズが来日したあの伝説の武道館公演から、半世紀の記念すべき日!」メールで見て、何何?・・・50年も経ってるのかぁ?ひええええ!愕然とちゃいましたぁ。しかし、あの公演のみが来日公演だったんだよね?あの四人が並んだ御姿は、あの瞬間だけだったってことですよね?

そう考えると、あの来日公演を体験された方々って、一生自慢出来る人たちになるよなぁ!羨ましいなぁ!そう言うことで今夜は、ビートルズさんたちの曲を!癒しのビートルズ・ソングを探していたら、ありましたぁ!私は、彼らの6作目のアルバム「ラバー・ソウル(1965年)」が一番好きなアルバムなので、必然的にここからなんですが、

あったよ〜

「♪イン・マイ・ライフ」も「♪ひとりぼっちのあいつ」ももう書いているんですが、

あったぁ〜!・・・って。

今聴いて、まったりと癒されております!

もう完璧なポップソング!
ハーモニーが絶妙で、
もう癒されっぱなしでございます!

改めて、ビートルズって凄いなぁ!ホント素直に感じています。そしてこの曲は、ひと昔前のR&Bっぽいですよね?うねるようなマッカートニーさんのベースに、軽快なリンゴさんのドラムスのリズム隊はもちろんのこと、レノンさんとハリスンンさんのギターも、黒いカッティング風だし・・・。

始まりは、ロックンロールとR&Bだったのがビートルズさんですから、当たり前と言えば当たり前なんだけど、改めて聴いてみると臨場感があって、凄ぇ〜〜カッコイイなぁ!と、興奮しちゃいます。マッカートニーさんのメインヴォーカルも、甘いのにパワフルで、やっぱり黒っぽいよなぁ〜って。

そして秀逸なのは、彼らの武器であるハーモニー!もうこれ以上のものは望めないほどで、完璧です!何とも、メロウな英国風旋律とそのハーモニーが、合う合う!これぞポップミュージックの元祖と言っても過言ではないでしょうね。しかも、余裕すら感じられるそのグルーヴ!

・・・もう言葉はいらないなぁ!

今夜も、癒されて良く眠れそうです・・・。


posted by のぶそうる at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

791.♪ア・リトル・ノリッジ!




やっぱりイイなぁ!


♪A Littel Knowledge/Scritti Politti(1985年)


スクリッティ・ポリッティ!さんたち再び。


いやいや、やっぱりイイなぁ!昨日今日と、聴き続けております!彼らスクリッティ・ポリッティさんたちの2作目のアルバム「キューピッド&サイケ85(1985年)」今夜は、シングル曲ではないんだけれど、うっとりしちゃう、まるで当時の、ブラック・コンテンポラリー風で、またしても、まったりと癒されてます・・・。

まったり、ゆったり
ブルーアイドデジタルソウル?
音のバランスがイイです!
そして
これまた癒されちゃってます・・・。

またしても、リズム!うねるような黒いリズムがカッコイイんだよなぁ!そして、音のバランスが良いんだよねぇ!なんて玄人気取りで失礼致しますが、隙間もあるし、チープな感じも否めない。しかし、ここぞって時にはガツ〜〜ンと音を出して、しっかりと盛り上げて、また戻って・・・ドラマティックな演出がイイです。

それから、あの時代のブラコン?ソウルミュージック風味が存分に入っていて、正にブルーアイドソウルならぬ、ブルーアイドデジタルソウル?ですよ!都会的でクールなのに、人間的であったかぁ〜いって言う、これらを共に持っていて、心をほっこりさせる・・・好きなんですよねぇ〜私。

そして、またしても驚きなんだけど、グリーン・ガートサイドさんのヴォーカルが、病的にも弱くも聴こえないんだよなぁ?なぜだろう?女性ヴォーカルとの掛合いも、任せろ〜!ってな具合で、しっかりときっちりと、優し気な歌声でこなしちゃってるんだから・・・。

お見事!

辛辣な歌詞うんぬんよりも、

体でこのサウンドを受け止めましょう!

そんでもって癒されちゃう。

・・・最高ですね?



posted by のぶそうる at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする