デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年02月19日

951.♪さよならと言って別れて





猥雑で妖し気で
でも楽しそうなんだよなぁ!


♪さよならと言って別れて
Say Hellow,Wave Goodbye
/Soft Cell(1982年)


ソフト・セル!のお二人様・・・。


アーモンドさんの新曲を聴いていたら、この曲を思い出しちゃって・・・ソフト・セルさんたちのデビュー作「ノン・ストップ・エロティック・キャバレー(1981年)」収録のシングルナンバーです!ミューッジック・ビデオも、何となくアーモンドさんの新曲と被りません?

メンバー

マーク・アーモンドさん(ヴォーカル)
デイヴ・ボールさん(シンセサイザー&プロデュース他)

伝説のデュオですね!

音数が極端に少ない、正にあの時代のエレポップ、デジタルポップだなぁ!改めて感じます。エレポップとノーザンソウルの融合?をコンセプトに、アーモンドさんの文学的な詩が混ざりあう!退廃的なエレポップなんだけど、ソウルフルって言う、あの時代の英国ポップですよね?

欧州妖しいエレクトロの世界に
ソウルフルな歌声が混ざり合い
楽し気に聴こえて来るのが、新しい?

あの時代の英国王道ポップ路線から外れた裏街道で、通がうなるって言う存在だったとレビューされていらっしゃる方がいますが、そうかぁ?なるほど、デュラン・デュランさん、カルチャー・クラブさんのような、思えば、直射日光がガンガン当たる一軍ではないですよね?

しかし、退廃的で妖しい欧州系エレクトロと黒いソウルフルなものを融合させているって言う点では、あの頃の英国ポップグループとおんなじで、私は今聴いてもワクワクしてしまいます!例外ももちろんありますが、意外に明るいメロディのポップソングが、結構あるんだよね?

およそ四半世紀前のアーモンドさんは、やはり若いなぁ!妖艶にヴィジュアライズされているけど、ちょっとやんちゃな兄ちゃん風で、歌えば落ち着いた、スモーキーなソウルフルヴォイスなんですから、カッコイイじゃぁ〜んだよね?艶もあって、コクもある?厚みのある・・・イイ声していますなぁ!

相棒の、バックサウンドを仕切るボールさんは対照的に、渋いダンディな雰囲気で、この対照的なルックスも良かったのかなぁ?この時代って、フォーマルでシックなスタイルだったんだよね。スーツでビシッと決めたり、お洒落なんだけど、カジュアルではない服装が、何か高貴な雰囲気を演出しているようで、

妖しいのに、

シックでかっこよかったんだよね!

調べてみると、ソフト・セルさんたちは再結成しているんですね?2002年の「クルーエルティ・ウィズアウト・ビューティ」以降はアルバムはまだのようですが。もっともっと楽しませて欲しいところです!一周回ってカッコイイ?

今宵も'80'sに浸りたいと思います!

※本日の1曲「♪さよならと言って別れて(1982年)」は、英国のシングルチャートで最高位3位、アイルランドで最高位12位・・・を記録しているようです。アルバム「ノン・ストップ・エロティック・キャバレー(1981年)」は、英国のアルバムチャートで最高位5位、ニュージーランドで最高位7位、米ビルボード200では最高位22位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 21:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

マーク・アーモンドさん、ご健在です〜!




お〜〜っと、

ソフト・セルが思い出されますが、

マーク・アーモンド!さんが、

新しいベストアルバムに伴う新曲、

♪ア・カインド・オブ・ラヴ!

を解禁されたようですぞ〜!

MVを見ましたが、

白塗りでぶき・・・いやいや、ご健在ですよね?

スモーキーな歌声も、まったく衰えておりません!

さすがだなぁ〜〜。

'80年代初期を彷彿とさせるMVってことだけど、

アナログ感満載だし、

みんな楽しそうに笑っているところなんかが、

ホントあの時代を思い出します!

ソウルフルな雰囲気の、

ワクワクするポップソングは、

思わず一緒に歌ってしまって

最高ですねぇ!

やっぱり、大切なのは愛ですよねぇ?

彼にも、

いつまでも歌っていて欲しいですね!




posted by のぶそうる at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

950.♪ウーマン・ニーズ・ラヴ!



メロウでムーディで、心地良いなぁ!


♪A Wooman Needs Love
(Just Like You Do)
/Ray Parker Jr. & Raydio(1981年)


レイ・パーカー・ジュニア
レイディオ!・・・だぁ〜い!


昨日のニュー・エディションさんたちのナンバーを聴いてて、彼の曲が聴きたくなっっちゃって・・・。レイ・パーカー・ジュニアさんです!考えたら彼って、レイディオってグループを組んでいたんだよね?その前にも、スティーヴィ・ワンダーさんのバックでギターを弾いてたり・・・。

映画「ゴーストバスターズ(1984年)」の主題歌が印象に残っている、私は世代ですが、この方って、何でも演っちゃうマルチプレイヤーな方で、歌も上手いと来て、今さらながらですが、凄ぇ〜人だったんだよなぁ?強く感じています!

今宵は、彼らのラストアルバム「ウーマン・ニーズ・ラヴ(A Woman Needs Love)(1981年)」収録で、タイトルナンバーでございます!

メンバー

レイ・パーカー・ジュニアさん(リード・ヴォーカル、ギター、ベース、シンセサイザー、ピアノ、ドラムス、パ−カッション)、アーネル・カーマイケルさん(リード&バッキング・ヴォーカル)

デビュー作では、正式メンバーとして、ヴィンセント・ボーナムさん(ヴォーカル)と、ジェリー・ナイトさん(ベース&ヴォーカル)のお二人がいらっしゃったんですよね?しかし結局は、レイさん中心のプロジェクトってかたちなんですねぇ?ゲストに、オリー・E.ブラウンさん(ドラムス)、ポール・ジャクソンさん(ギター)、ファンク・ブラザーズの、ジャック・アシュフォードさん(タンバリン)などが参加しています!

メロウでポップでムーディな
ザッツ・ブラコン!
に、とても癒されます!

'80年代を今聴いていますが、前半はまだまだ'70年代を引きずった、フュージョンっぽい生楽器演奏が、シンガーさんよりも目立つ?ほどブイブイ鳴らしていて、シンセサイザーも、味付け程度だったんだなぁ?やはり、1984年!この年を境にして、グググッとシンセサイザーが大胆にフューチャーされて来るように感じます!

今宵のナンバーは、前半も前半で、まだ'70'sフレイヴァーが漂っていますよね?しかしレイさんってば、ベースもセンスあるんだなぁ?リズミカルで、ブイブイ鳴らしてますよね?決して楽曲を壊すことなく、でもちゃんと存在感があるんですから、あっぱれです!

メロウで、ちょっとせつない恋愛の歌?落ち着いた大人の曲ってところでしょうか?私はこの曲は、中一の頃にFMラジオで聴いて知ったのが、最初だったと思います!何とも、心が落ち着くメロディと、優し気な歌声に、あの時も癒されたことを思い出しますねぇ。

ブラコンだよね?

ニッポンでしか通用しない、ブラック・コンテンポラリーでブラコン!ですが、あの時代の、アフリカンの方々のソウルやR&Bを受け継ぐ、'80年代のジャンルですね?バブル期を楽しまれた、私より少し上の方々には、まさに必須の音楽と言われてるいる音楽でございます!

しかしレイさんの場合は、ファンク系の音楽も得意なので、ちょっと違う感じがするんだなぁ!前述した、センス抜群のベースラインなんかを体感すると、ちょっと前の時代を感じますよね?でも、歌もしっかりと歌いこなしてしまうし、新しい要素もしっかりと取り入れてて・・・センスも才能もすべてを持った方としか言いようがないなぁ!

素晴らしいですね!

爽やかぁ〜な空気に満たされて

いやなこと、忘れちゃいましたぁ!www

今宵も'80'sソング!

楽しみたいと思います・・・。

※今宵の1曲「♪ウーマン・ニーズ・ラヴ(1981年)」は、米ビルボード・R&B・シングルチャートで最高位No.1!、ビルボード100で最高位4位、カナダでは最高位8位・・・を記録しているようです。アルバム「ウーマン・ニーズ・ラヴ(1981年)」は、米ビルボード・R&B・アルバムチャートで最高位No.1!、ビルボード200で最高位13位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする