ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう

2017年02月15日

949.♪ミスター・テレフォン・マン!



ウキウキワクワク・・・。


♪Mr. Telephone Man/New Edition(1984年)


ニュー・エディション!さんたちが・・・。


イイです!

彼らのこと書いてなかったことに気が付いて、早速今夜登場でございます!リアルタイムでは聴いてなくて、後追いで聴いて、好きになって行った人たちであり、アルバム!でも好きなんですよねぇ!今聴くと、ホントキラキラしていて、癒されますぞ〜?と言うことで今夜は、

彼らのメジャー・デビュー作「クール・イット・ナウ(New Edition)(1984年)」収録で、シングルナンバーです!

メンバー

ボビー・ブラウンさん
ロニー・デヴォーさん
リッキー・ベルさん
ラルフ・トレスヴァントさん
マイケル・ビヴィンズさん

はじけるポップソング!
若さがはじける歌声が
ウキウキワクワクです〜!

今夜のナンバーは、レイ・パーカー・Jr.さんの全面プロデュースナンバーなんですよね?はじけるようなポップソングに、ワクワクしちゃいません?やっぱりこの時代は、音が軽いなぁ?って思うんだけれど、そして、キーボードのサウンドが、ギラギラしていて、う〜〜ん古いのかなぁ?って。

しかし、しかぁ〜し、まだまだ少年のようなメンバーたちの、声変わりしていない初々しいヴォーカルに、癒されますねぇ!'70年代は、ジャクソン 5さんたちが一世を風靡しましたが、'80'sは俺達だぜぇ!でしたよね。この曲では、ボビーさん、リッキーさん、ラルフさんがリードヴォーカルを取ってますが、

皆さんもうこの時に、雰囲気を持ってるのが凄い!後の、ザ・歌い手さんとしての片鱗がもう強く感じられますもんねぇ?マイケル・ジャクソンさんも凄かったけれど、彼らもやっぱり凄かったんだよなぁ?って感じます。あの時代ってアメリカは、不景気だったはずですが、

何かキラキラと輝いているように、って言うか、そう言う音楽が流行りだったんでしょうね?ロックの世界でも、産業ロックなんて揶揄されて、マイナスのイメージがあるようだけど、ポップでメロディアスで、とても聴き易い音楽が出て来ましたよねぇ?

混沌とした現代には、合わないかもしれない!でも、朝からこういうポップソングを聴いていると、いやなことを忘れて、思わずウキウキワクワクして、いつもの朝が違って来るように思うんだけど、どうでしょうか?能天気って今の時代、マイナスの言葉なのかなぁ?たまには、能天気も良じゃなぁ〜い!

バックサウンドの方は、さすがパーカー・Jr.さん!生楽器とテクノロジーを、これまた良い加減にブレンドさせた音が、かっこよくはじけて、よっ、名ソングライター!って思わず叫んでしまいましたぁ(笑)この方も、マルチプレイヤーで、才能のある人なんだよなぁ。改めて感動しております!

スマホなんて想像だにしなかった時代の電話は、公衆電話と家電!便利じゃなかったからこそ、すれ違いって言うドラマが生まれたりしたんですよね?もちろん今は便利で良い面もいっぱいあるけれど、何か空虚な気持ちになってしまいません?あまりに便利なので。なぁ〜んて、理屈はどうでも良いよね、音楽ってものは?

朝から聴きたいキラキラポップ!

ぜひ皆様も。

※本日の1曲「♪ミスター・テレフォン・マン(1984年)」は、米ビルボード・ブラック・シングルチャートで最高位No.1!、ビルボード100で最高位12位、英国のシングルチャートでは最高位19位・・・を記録しているようです。アルバム「クール・イット・ナウ(New Edition)(1984年)」は、米ビルボード・R&B・アルバムチャートで最高位NO.1!、ビルボード200で最高位6位、ニュージーランドのアルバムチャートでは最高位15位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする