ベルメゾンネット デル株式会社

2017年02月23日

954.♪トゥー・マッチ・ブラッド!



グルーヴィーなストーンズだぁ!


♪Too Much Blood
/The Rolling Stones(1984年)


ローリング・ストーンズ!の皆様方です。


ストーンズさんだぁ!

私は彼らは、'80年代以降が好きなんですよね!今、この時代の音楽を振り返っているんですが、彼らにしても、この時代の波は逃れられなかたんだよね?ウィキペディアを読んでみるとこの頃、新しい要素をどんどん取り入れようとするジャガーさんと、

ルーツを大切にしなきゃいけないと言う、リチャーズさんとの確執が持ち上がって、お二人はレコーディング時には顔を合わさなかったんだってねぇ?この影響が、次の「ダーティ・ワーク(1986年)」にまで及んでいたそうな?そして、ワッツさんがアルコール中毒になってしまうそうで・・・大変な時期だったんですなぁ?

そんな時期ですが、音楽の方は、新しさを取り入れつつも、しっかりとストーンズ節があって、今聴くと、すごく充実しているじゃぁ〜〜ん!感じるばかりです。素直にカッコイイ〜!って言えますよね?今夜はアルバム「アンダーカヴァー(undercover)(1983年)」収録で、シングルナンバーでございます!

言わずと知れたこの頃のメンバー

ミック・ジャガーさん(ヴォーカル)
キース・リチャーズさん(ギター&ヴォーカル)
ロニー・ウッドさん(ギター&バッキングヴォーカル)
ビル・ワイマンさん(ベース)
チャーリー・ワッツさん(ドラムス)

'80'sニューウェイヴを取り入れた
グルーヴィーなストーンズが
たまらなくカッコイイです!

1981年にフランスはパリで起こった、猟奇殺人事件のことを歌っていることもあってか、おどろおどろしい雰囲気があります。MVも、今見ても怖いですよね?まるでホラー映画を見てるかのようで。しかし音楽の方は、'80年代風味のある旋律とサウンド、そしてリズムを果敢に取り入れつつ、

しっかりとストーンズなところが、凄いなぁ〜!まず、ワイマンさんのベースが、跳ねてうねってるぞ〜!1stシングルの「♪アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト(1983年)」もそうなんだけど、リズムがファンキーでグルーヴィーです!ワッツさんのドラムスも、軽快で良いんだよなぁ!

そんなニューウェイヴ・サウンドに、ジャガーさんのヴォーカルもしっかり乗って、いや、益々冴え渡っているように聴こえて来ます!果敢に挑戦する姿が凛々しいなぁ!元々、黒いアフリカンっぽい歌声の方なんで、こう言うダンサブルでファンキーな曲には、ぴったりと合うんだよね?

リチャーズさんとウッドさんのギターも、あの時代のディレイサウンドを入れたりしてて、しっかり挑んでいますよ〜!リチャーズさんは気に入らなかったのかもしれませんが、結果オーライ!全体を聴けば、ちゃんとストーンズしてるんですから、やっぱり彼らもタダモノではないんだよなぁ?改めて凄い人たちだと、実感しております!

久々の彼らでしたが、

理屈抜きに、

やっぱりカッコイイです!

この頃のストーンズさんも、

・・・良いですぞ?

※本日の1曲「♪トゥー・マッチ・ブラッド(1984年)」収録のアルバム「アンダーカヴァー(1983年)」は、英国のアルバムチャートで最高位3位、米ビルボード100で最高位4位、ノルウェーとスウェーデンで最高位No.1!、カナダと旧西ドイツのアルバムチャートでは最高位2位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする