デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年03月30日

975.♪狂った夜!



全身で感じよ〜〜う!


♪狂った夜
You Shook Me All Night Long
/AC/DC(1980年)


AC/DCの皆様方・・・。


生まれはスコットランドのグラスゴーですが、両親と共にオーストラリアのシドニーに渡って来たのが、マルコム&アンガスのヤング兄弟(もう一人お兄さんの、ジョージさんがいるんだよね?)そして、ボン・スコットさんと出会い、強力なロックグループが結成されるんですねぇ?今夜は、

ベイビーとのお楽しみを歌った曲?内容が陳腐で、中身が全く感じられないなんてことを、最近はおっしゃられる方々が多いようですが、ロックンロールって本来は、こういう詩が乗っかるものだよね?なんて言うと、過去の人って思われちゃうでしょうか?

通算6作目のアルバム「バック・イン・ブラック(1980年)」収録のナンバーで、上がって行きましょ〜う!このアルバムは、前作までシンガーとして歴史を作っていたボン・スコットさんが急逝してしまったため、追悼の作品とも言われている、彼らの代表作です!

メンバー

アンガス・ヤングさん(ギター)
マルコム・ヤングさん
(ギター&バッキングヴォーカル)
クリフ・ウィリアムズさん
(ベース&バッキングヴォーカル)
フィル・ラッドさん(ドラムス)
ブライアン・ジョンソンさん(ヴォーカル)

理屈はいらない!
体で、全身で感じよ〜〜う!
これぞハード・ロックンロールだよね? 


どっから聴いても、見ても、ブリティッシュ・ロックを受け継ぐ正統派ハードロック!ガッツリしたダイナミックなサウンドに、ギターがベースがドラムが、そしてヴォーカルが力強く響き合っています!私は、この次の「悪魔の招待状(1981年)」がリアルタイムで、この曲、アルバムは実は後追いで聴いた人なんですが、

まだまだ、'70年代の風味がたくさんある音楽に聴こえましたぁ!しかし今また改めて聴いてみると、やっぱり同じかなぁ?でも、シンプルでタイトで、コンパクトにまとめられたところなんかは、ウェルカム・トゥ・'80's!を感じます。

ラッドさんのスネアの音なんかも、カチッとしてて、♪たぁ〜〜んってクリアに鳴るところも'80年代だよね?そして、ギターのリフが、ホントカッコイイんだよなぁ!これがエレクトリッキギターじゃぁ!って言う、絶妙な歪ませ方が、木材が反響して鳴っているっていうことを感じさせてくれて、

エレクトリックギターだぁ〜!

惚れ惚れしてしまいます!上手いとか、テクニカルだとか、そんなことよりも、カッコイイ!レビューされてる方がいらっしゃいますが、そうなんだよね?テクニックがあるとか、これは速いなぁ〜とか、細かいところを友人たちと思春期に良く話していたことを思い出すんだけれど、

ロックって本来そうじゃないんだよねぇ?

どんだけ心に迫って来るか?
どんだけ熱くなれるか?

気が付いたら、体が動いちゃって止まらなくなっている!これこそがロックの醍醐味だと感じ、いや最近そう言うことなんだと理解出来るようになりました。もちろん例外もあるし、そうじゃないんだよ〜!って方々もいらっしゃると思います。それはそれで良いんです。

音楽って、その人その人によって感じる部分が違うのは当たり前で、趣味嗜好のものだから。と言いながらも、アンガスさんのギターを聴いていると、その音もそうですが、シンプルなフレーズで、どれだけカッコイイんだよ〜!って感じちゃう方々、多いことでしょう!やっぱり、全身で感じよ〜〜う!だよね?

それから、アンガスさんのネクタイにジャケットに半ズボン姿と、ジョンソンさんのチェック柄の帽子・・・を見ていると、フロム・スコットランド!を感じます。イングランドってより、男っぽい感じはやっぱり、スコットランドであり、オーストアラリアなんでしょうか?

久しぶりにハードな音を聴いて

ちょっと面食らってますが、

やっぱりカッコイイなぁ〜と、

また独り上がっています!

※本日の1曲「♪狂った夜(1980年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位8位、米ビルボード100で最高位35位・・・を記録しているようです。アルバム「バック・イン・ブラック(1980年)」は、オーストラリア、カナダ、フランス、スイス、英国で最高位No.1!、米ビルボード200で最高位4位(131週チャートイン)・・・を獲得しているようです。マイケル・ジャクソンさんの「スリラー(1982年)」ピンク・フロイドさんの「狂気(1973年)」に続いて売れたアルバムなんだってね?








posted by のぶそうる at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

974.♪さよならロンリー・ラヴ!



う〜〜っとりバラ〜ドだぞ〜〜!


♪さよならロンリー・ラヴ
Even The Nights Are Better
/Air Supply(1982年)


エア・サプライ!のお二人です。


オージーで、'80'sと言ったら、このお二人を忘れちゃぁ〜いけない!オーストラリアは、メルボルンご出身のデュオ!久々に聴いているんだけれど、いやぁ〜、歌が美し過ぎて、クラクラ来てしまったよぉ!ヒッチコックさんの、透き通るようなヴォーカルに、心が洗われてしまうぞ〜!

・・・と言う訳で、今夜は彼らエア・サプライさんたちの、通算7作目のアルバム「ナウ・アンド・フォーエヴァー(1982年)」収録の、ヒットナンバーをご堪能あれぇ!

メンバー

グラハム・ラッセルさん
(ギター、ピアノ&ヴォーカル)
ラッセル・ヒッチコックさん
(ヴォーカル&パーカッション)

これぞ王道!
胸キュンバラッドに癒される・・・。

一つ前のアルバム「シーサイド・ラヴ(1981年)」の方が、実は私は好きだったりして、「♪シーサイド・ラヴ(The One That You Love)(1981年)」が、今も大好きなナンバーで、このブログにも書かせて貰っています。しかし、今夜のこの曲もまた、良いなぁ〜〜!

別れてしまって苦悩していた男が、新たな伴侶を得て、幸せを取り戻す?そんな歌を、ヒッチコックさんが、せつなくも、爽やかぁ〜に歌い上げていて、男が聴いても、彼の歌声にうっとりしちゃうバラッドですね!彼らはやっぱり、潮の香りがして、今の季節よりも夏に聴きたいんだよなぁ。

ヒッチコックさんの美声!

男が美とは、ちょっとと思うんだけれど、ホント、この人の歌声は正に、美声だよねぇ!とろけるような甘く艶のあるハイトーン・ヴォイスには、心洗われ、癒されてしまうことでしょう。スティクスのデニス・デ・ヤングさんや、ストライパーのマイケル・スウィートさんなんかと被る?紛うことなき、美声の持ち主ですよね?

バックコーラスも彼の声が使われているようですが、ハーモニーも素晴らしいんだよねぇ!そんでもって、間奏で、いきなりツイン・エレクトリックギターのハモリが登場!しばらく耳にしてなかったので、おお〜〜!と、また独り、叫んでしまいましたぁwwwこの時代、

'80年代の始めって、ニッポンでも松田聖子さんの曲とかで、あったよねぇ?ハムバッキングの甘いトーンのハモリが?心はもう、あの頃に飛んで行っちゃってます!(笑)エア・サプライさんたちも、せつないのに、爽やかな潮風が吹いて来る?やはりオーストラリアの雰囲気満載です。

今宵は、
最強のヴォーカルを堪能しませう・・・。

※本日の1曲「♪さよならロンリー・ラヴ(1982年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位35位、米ビルボード・アダルトコンテンポラリー・シングルチャートと、カナダのアダルトコンテンポラリー・シングルチャートで最高位No.1!、米ビルボード100で最高位5位、カナダのシングルチャートで最高位7位・・・を記録しているようです。アルバム「ナウ・アンド・フォーエヴァー(1982年)」は、オーストラリアのアルバムチャートで最高位27位、米ビルボード200では最高位25位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

973.♪ラヴ・サムバディ!



男前は、なにやっても男前なんだよなぁ!


♪Love Somebody/Rick Springfield(1984年)


リック・スプリングフィールド!さん。


彼も、オーストラリア出身でしたよねぇ!私は彼は、2つ前の「アメリカン・ガール(1982年)」が最初で、「♪ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー(1982年)」が今もイチオシなんですが、時を経て、この曲を聴いた時、いよいよ彼も、世界的スターになったんだなぁ!と思ったものです。

と言うことで今宵は、スプリングフィールドさんの通算8作目で、自身が主演した映画のサントラでもあるアルバム「ハード・トゥ・ホールド(1984年)」収録の代表曲です!

王道のポップンロックンロールが
今も情熱的に響いて来ます!

襟足がちょっと長めの、ウルフカット!透き通るような大きな瞳が爽やかで、男から見てもホント、男前だよなぁ!あの頃、女の子たちがキャーキャー言ってたのが、そうだよなぁ!と、今頃になって分かる気がします。羨ましいほどのイケメンさんだもんねぇ?

当時私は、高校一年生でコピー・バンドを演っていたんですが、この曲をカヴァーしてるバンドを良く見ました!ストレートでシンプルで、簡単にコピー出来る曲でしたが、ニュアンス?あの声かなぁ?どうしても完璧にコピー出来るバンドがなかったように思います!

スプリングフィールドさんの甘い歌声!

男前で、しかも甘い歌声ですから、もう完璧だよなぁ!艶があって甘くて、でも力強くて・・・ゴリゴリの男らしさじゃない、甘い美男子。でも、パワフル!これが今も続く、ニッポンの女の子たちに受けるタイプなんでしょうか?しかし良い声してますなぁ〜、キラキラしてて。

間奏のギターソロなんかは、正に'80年代を感じさせる?爽やかぁ〜なフレーズが響き渡って、贔屓しちゃうんだけれど、やっぱり素直にカッコイイよ〜!って思います。今だと、やっぱり違うんだろうか?屈託のない、明るい雰囲気と、メロディアスなフレーズに、ワクワクしちゃいます!

自由奔放?いや、映画のストーリーに合わせると、ちょっと違ってくるんでしょうか?♪ちゃんとした男を愛することだぜぇ!もう遅いかもしれないけれど・・・って言うフレーズが、ちょっとせつなさを感じさせますが、キラキラした旋律が、やぁ〜っぱり気持ち良いよね?

英国系と言っても、彼の場合はアメリカンに近いですかね?一時期は俳優業に専念されていたようですが、'90年代後半からまた、アーティスト活動を復活させて、コンスタントにアルバムをリリースしているようで、あの頃の女の子たちは、嬉しいですよねぇ?最近の彼も、渋い男になって、カッコイイですからぁ。

男前はなにやっても、男前なんだなぁ!

羨ましい限りです・・・。

※本日の1曲「♪ラヴ・サムバディ(1984年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位83位、米ビルボード100で最高位5位、ビルボード・ロック・シングルチャートと、カナダのシングルチャートでは最高位13位・・・を記録しているようです。アルバム「ハード・トゥ・ホールド(1984年)」は、オーストラリアのアルバムチャートで最高位87位、米ビルボード200で最高位16位、カナダでは最高位29位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする