日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2017年03月19日

968.♪春咲小紅!




春だよねぇ〜!


♪春咲小紅/矢野顕子(1981年)


矢野顕子!さんご登場だぁ。


春が近くなって来ると、どこからともなく流れて来るのがこの曲!癒されますよねぇ?ホント、顕子さんの歌声は、今もみんなを、穏やかぁ〜な気持にさせて下さるよね?今夜は、彼女の通算5作目のアルバム「ただいま。(1981年)」収録で、オリコンで5位に輝いたヒットシングルナンバーです。

作詞:糸井重里さん
作曲:矢野顕子さん
編曲:ymoymo

ウキウキワクワク!
ニッポンの春にピッタリの
最強ポップソングだよねぇ?

アルバム「ただいま。(1981年)」は、元旦那様の、教授こと坂本龍一氏が全面プロデュースしていて、高橋幸宏さんも、細野晴臣さん(彼はこの「♪春先小紅」のみのようですが)も参加しています!シンセポップが満載の、正にあの頃を思い出させてくれるアルバムなんだよなぁ。

しかしこの曲って、いつ聴いてもウキウキしちゃって、癒されちゃって・・・ニッポンが誇るポップソングだよねぇ!♪ピコピコ・・・鳴っているんだけど、バックではオーケストレーションが、ぶ厚い壁を築いてて、往年の昭和の歌謡曲っぽくある。

ところが顕子さん節が炸裂すると、異国情緒溢れる感じにもなる!でもやっぱり、東洋的で、ニッポン的な旋律ですよね?洋楽っぽいかっこよさの陰に、しっかりとニッポンのDNAが流れているもんなぁ。そして、教授と顕子さんのその醸し出す雰囲気が、

何ともミステリアスで、それでいてあったかい感じもあって、当時の外国人に凄い受けたと聞きます。私たちニッポン人としては、その後お二人共に、ワールドワイドに活躍していらっしゃるんですから、誇りに思いますよね?今聴くと、ちょっと軽く聴こえるところも含めて、

ジャパニーズポップソングだぁ!

ですよね?

顕子さんの元気な、
そして、癒しのヴォーカル!

もう言うことなしの、唯一無二の顕子さん節!優しい、そして女性の、深〜い母性を感じさせるその歌声は、たまらなく愛おしくて、心に入って来るんだよなぁ!そして、柔らかぁ〜くて、とても癒されるのは、なぜだろうか?これもまた、ニッポン人のDNAなんですかね?

当時、化粧品の春のキャンペーソングとして、テレビCMに使われていましたが、なんて爽やかな歌なんだぁ〜!って、思春期真っ只中の私は感じました。YMOさんたちを聴いていたので顕子さんの存在は知っていたんだけれど、その歌声に、衝撃?いや、何か、うっとりしてしまいましたね。

春に向かって

癒しのジャパニーズ!





posted by のぶそうる at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

967.♪リアル・ラヴ!



オシャレ〜〜〜だよねぇ!


♪Real Love/Jody Watley(1989年)


ジョディ・ワトリー!さん。


'80's最後の、ゴージャスチューン?

元シャラマー、そんな称号はいりませんよね?アメリカが生んだ、ソウルフルでファンキーで、お洒落で・・・最強の女性アーティストさん!MVを久しぶりに見ましたが、とても豪華!スタイリッシュな彼女を拝見して、あの時代を思い出します!リアルタイムでは、じっくりとは聴かなかったんですが、

後に後追いして聴いて、好きになった方です!キリリとしたその眼差しと、モデルとしても活動されていた、抜群のスタイルに、男は魅了されてしまうことでしょう。サラッと抑えた、クールなヴォーカルがあの時代には受けたのかなぁ?ということで今宵は、

彼女の通算2作目のアルバム「ラージャー・ザン・ライフ(1989年)」収録の、アルバムのトップを飾る&ヒット・シングルナンバーでございます!

シャキッと際立つリズムとサウンド
クールでスタイリッシュなヴォーカル
お洒落だよねえ?

ニュージャックスウィング調だけど、シャキッと骨格のしっかりしたリズムは、これまた正に'80年代だよね?♪ピコピコ・・・と鳴る、鍵盤楽器のキラキラした音も入ってるし、お洒落なワトリーさんの存在感・・・何か'80's最後のダンスチューンに感じてしまうんだよなぁ。

プリンス・ファミリーであった、アンドレ・シモンさんのプロデュース!この曲、そしてアルバムによって彼のステイタスも上がったんでしたよね?シモンさんも、あらゆる楽器をこなせる方で、この時代の最先端R&Bをまとめ上げてます!軽快で、さらっとさっぱりした感じ?は、

同じプリンス・ファミリーの、ジャム&ルイスさんたちの音楽と似ている気がします!テクノロジーをふんだんに使いつつも、熱を感じるところなんかも、この時代、'80年代を締め括るにふさわしいナンバーだよねぇ?そして、この時代のものが、今のR&Bのひな型になっている感じがします!

もうちょっと後の、'90年代初期から半ばの方かなぁ?今現在は、EDMを基調にしたスタイルが、だんだんと、'80'sっぽい?ファンキーな要素を取り入れて行っているように思うんですが、ちょっとリズムが弱い感じがしちゃうんですよね!

もちろんそれこそが、今の音楽だと思います。比べちゃいけないですよね。でもおじさんは、もうちょっとリズムの輪郭があると・・・って思っちゃうんだよなぁ。'80'sも軽いんだけど、芯はしっかりしていてますよね?ワトリーさんのこの曲を聴いていると、益々そう感じちゃいます。

2001年に彼女は、何と!ニッポンの、J-FRIENDSさんたちの、「♪ALWAYS(A SONG FOR LOVE)」に、コーラスで参加したのには驚きました!2006年に久しぶりのアルバム「The Makeover」をリリース!実はこの作品、未だ聴いてないんですよね。聴かなきゃです!彼女も、いつまでも歌って行って欲しい方ですよね?

洒落たビートで
お洒落なひと時を・・・。

※本日の1曲「♪リアル・ラヴ(1989年)」は、米ビルボードR&B&ダンス・シングルチャートで最高位No.1!、ビルボード100とカナダで最高位2位、英国では最高位31位・・・を記録しているようです。アルバム「ラージャー・ザン・ライフ(1989年)」は、米ビルボードR&Bアルバムチャートで最高位5位、ビルボード200で最高位16位、英国では最高位39位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

966.♪プライベイト・ヒロイン!




ウキウキワクワクしちゃいましょう!


♪プライベイト・ヒロイン
/レベッカ(1985年)


レベッカ!さんたちの・・・


懐かしい〜1曲を、思い出してしまいましたぁ!ニッポンにも居たんですよねぇ〜、'80'sワクワクポップグループが?当時の英国のニューロマンティックと、アメリカンポップを混ぜ合わせたような、そうそう、当時のマドンナさんが演っていたような世界だよね?

でも日本語なんで、何とも言えない響きが残って、今もウクウキしちゃいます!今夜はレベッカさんたちの、オリコンチャートでNo.1に輝いた、通算4作目のアルバム「REBECA IV Maybe Tomorrow(1985年)」収録のナンバーです!

この頃のメンバー

土橋安騎夫さん(キーボード)
NOKKOさん(ヴォーカル)
高橋教之さん(ベース)
小田原豊さん(ドラムス)
古賀森男さん(ギター)

作詞:NOKKOさん&沢ちひろさん
作曲:土橋安騎夫さん
編曲:レベッカ

シャキッと爽やかポップが
今も色褪せず・・・。

「ライク・ア・ヴァージン(1984年)」の頃のマンドンナさんを意識されていましたよね、NOKKOさんは?雰囲気も似ていて、はじけるポップソングが、春に向かう今、ピッタリハマるように感じます!でも、日本語の響きが、良い意味でニッポンを感じて、さらにグッと来るぞ〜!

当時の英国の、ニュー・ウェイヴ?いや、ニュー・ロマンティック風な音楽と、マドンナさんなんかのアメリカンポップ?ダンスミュージックの方かなぁ?が、ブレンドされて、そこに日本語の、母音が抜けるヴォーカルが入って来る。

そんでもって、

NOKKOさんの唯一無二のヴォーカル!

が、他を寄せ付けない魅力を放ってますよね?若々しくて可愛らしくてなんですが、ちょっと翳があり、でも暗くはなくて、何とも形容出来ない魅力の持ち主だなぁ!って、改めて彼女の存在感をひしひしと感じるばかりです!まさかの再結成で、

紅白歌合戦にも出演したのには驚きましたが、年を重ねた素敵な女性になられていて、何か安心しちゃいました!この方も、選ばれたる歌い手さん!すよね。彼女の魅力を最大限に引き出す役割を、土橋さんが上手く担っています!ロックって言うよりも、ポップな曲で、でも、洗練されているのに、意外に人間臭い熱を感じます。

才能とセンスを感じますね!このお二人は、やはり出会うべくして出会われたんだろうなぁ?洋楽っぽくカッコイイのに、今聴き直すと、やはりニッポンのグループを強く感じるのが、面白いところです!もちろん良い意味で、西洋の方々には出来ない世界ですよね?

春に向かって、

中年だってワクワクしちゃうぞ〜www





posted by のぶそうる at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ら行・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする