ベルメゾンネット デル株式会社

2017年03月09日

962.♪堕ちたヒーロー



初々しくて、良いよねぇ!


♪堕ちたヒーロー
Hero Takes A Fall/The Bangles(1984年)


バングルス!さんだぁ。


ゴーゴーズさんたちと同じく、元々はI.R.S.レーベルからデビューした人たちなんですよね?その後、CBS/コロンビアと契約。元ランナウェイズのベーシスト、ミッキ(マイケル)・スティールさんが加入して、本日の1曲収録のアルバム「気分はモノクローム(All Over The Place)(1984年)」をリリースされることに!

メンバー

スザンナ・ホフスさん(ヴォーカル&ギター)、ヴィッキー・ピーターソンさん(ギター&バッキングヴォーカル)
デヴィー・ピーターソンさん(ドラムス&バッキングヴォーカル)、マイケル・スティールさん(ベース)

シンプルで、
ちょっと垢抜けないところが
たまらなく愛おしいです!

やっぱりデビュー時の彼女たちは、垢抜けない感じがしますね?後の洗練された、セクシーな彼女たちを見ちゃっていると、凄く思っちゃう。でも、そこがまた良いなぁ〜って!音楽の方も、ストレートでシンプルで、ロックンロールしてて・・・カッコイイじゃぁ〜んって。

色っぽいスザンナさんも、まだまだ初々しい女の子って感じで、こんな感じだっっけえ?と、ちょっと驚いています!でも、リッケンバッカーをかき鳴らして歌う彼女は、間違いなくロックシンガーだよね?ヴィッキーさんもこの頃は、黒髪で、凄い地味だったよなぁ?

しかしどう言おうとも、ゴーゴーズさんたちと同じく、確かな演奏力とハーモニー、そんでもって曲の良さは、もう最初から感じられます!彼女たちも、選ばれたる人たちなんだよね?でもやっぱり、垢抜けないところが、たまらなく愛おしいです〜!次の作品で、故プリンス様が楽曲を提供して、惚れ込んでしまうことになるんですから、

正に、

彼女たちの原点ここにありですかね?

ヒーロー危うし!

女性にはやはり、負けちゃうよなぁ。






posted by のぶそうる at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

♪ウォーターフォールズの珠玉のカヴァー!



本日は、世界女性デーだそうですね!

女性の方々へ、

心から感謝を申し上げたいと思います!

今夜は、珠玉のカヴァーをご紹介!

もう始まっている、アメリカのオーディション番組「ザ・ヴォイス」のシーズン12で審査員になられた、アリシア・キーズさん、グウェン・ステファニーさん、マルーン5のアダム・レヴィーンさん、そしてカントリーシンガーの、ブレイク・シェルトンさんが、

なな、なぁ〜んと

TLCさんたちの名曲、

♪ウォーターフォールズ

を、

アンプラグドスタイルでカヴァーされいます!

さすがの皆さん、

故レフトアイ様のラップのパートも

アリシアさんとステファニーさんが

難なく、かっこよくカヴァーしっちゃってます!

アレンジに凝ったスタイルが

この曲の醍醐味だとばかり思っていたんだけれど

アコースティックでも、イケるんだなぁ?

益々、好きになってしまいましたぁ。

女性のパワーは世界を変える?

皆様も、ご堪能あれ・・・。
posted by のぶそうる at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

961.♪ヘッド・オーヴァー・ヒールズ!



WBCがいよいよ始まりましたねぇ!今観ながら書いているんですが、まずはキューバを倒さないとですね。山田選手が逆転のホームラン?いや、ツーベースですかぁ?でも逆転です!サムライ・ニッポン、頑張って行こう!


キャピキャピしてて
可愛らしいんだよなぁ〜〜!


♪Head Over Heels/The Go-Go's(1984年)


ゴーゴーズ!の皆様方。


いやいやぁ〜、可愛らしいなぁ!ソロになって痩せて綺麗になった、ヴォーカルのベリンダさんですが、ぽっちゃりしていたこの時の方が、可愛らしくて良いなぁ!今夜もまた、'80'sロックンロールを。ゴーゴーズさんの通算3作目のアルバム「トーク・ショー(1984年)」収録で、最初のシングルカットナンバーです!

メンバー

ベリンダ・カーライルさん(ヴォーカル)
ジェーン・ウィードリンさん(ギター)
シャーロット・キャフィーさん(ギター&キーボード)
キャシー・ヴァレンタインさん(ベース)
ジーナ・ショックさん(ドラムス)

ウキウキワクワク
ゴージャスなポップンロックロール!
上がって行きましょう!

キャフィーさんのピアノが利いてます!

何か、往年の'50'sロックンロールっぽくないですかぁ?後のベリンダさんのソロのナンバーっぽさもあるよね?♪まっさかさまに落っこちて、コントロールが効かないわ〜!なんて詩が、もしかすると、忙し過ぎてストレスが溜まって、

いかんともしがたい状況の自分たちを、吐露していたのかもしれませんね?しかぁ〜し、これぞゴーゴーズ節!ゴージャスでたまらなくカッコイイです!気が付けば、彼女たちも、ショートカットの髪型をしていらっしゃったんだよなぁ。この時期って、流行っていたんですかね?

だぼったとしたシャツを着て、ちょっとセクシーな、いや、健康的な色気を魅せまくっているベリンダさんですが、こういうスタイルって、今の若い娘のスタイルと似てません?やはり、一周回って来てるんでしょうか?少し野暮ったい感じもするけれど、一人一人に個性があって、ポップにはじける感じは、やっぱり'80年代だよねぇ?

ラフ&ルーズに見せかけて、実は、カチッとしっかりした音作りも、こないだのベネターさんとおんなじで、'80年代を強く感じます!でも、今の雰囲気ともマッチしますよね?今は時代もあってか、苦しみの中から希望を見出すって言うような、真摯なところがあるけれども。

2001年に、超久々の新作「ゴッド・ブレス・ザ・ゴーゴーズ」を出された彼女たち!しかし、その後は続かなかったのが悔やまれますが、それぞれでの活動は今も続いていらっしゃるようです。ウィードリンさんもベンリンダさん同様、ソロで活動されてますよね?とは言え、またゴーゴーズの新作が聴きたいところだよねぇ?

はじけるポップンロックに、
魅せられて・・・。

※本日の1曲「♪ヘッド・オーヴァー・ヒールズ(1984年)」は、米ビルボード100で最高位11位、ビルボード・ロック・シングルチャートで最高位33位、カナダでは最高位35位・・・を記録しているようです。アルバム「トーク・ショー(1984年)」は、米ビルボード200で最高位18位、カナダでは最高位64位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする