ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ アウトドア&フィッシング ナチュラム

2017年03月05日

960.♪ファイアー・アンド・アイス!



肩パッドが入ったレオタード姿が
・・・セクシーだよねぇ?



♪Fire And Ice/Pat Benatar(1981年)


パット・ベネター!さんご登場です。


やはり女性の歌声が聴きたくなっちゃって・・・今宵は、男勝り?な情熱のヴォーカリスト、パット・べネターさんのナンバーを!彼女の通算3作目のアルバム「プレシャス・タイム(1981年)」収録で、ヒットシングルナンバーです!妖艶な雰囲気から、健康的でワイルドな女性ロッカーに変貌した時期だったんでしょうか?

'80年代初頭って、女性のアーティストさんが髪を短くしていましたよね?オリヴィア・ニュートン・ジョンさんや、シーナ・イーストンさんとか。力強いってのは、男性ばっかりの特権じゃないんだよ!なんて言われてしまいそうな、凛とした感じが、健康的な雰囲気と共に、カッコイイなぁ!って。

シンプルでストレート!
ギターロックが、
ちょっとせつなく響き渡る。
カッコイイですよねぇ?

ギターのニール・ギラルドさんは、ベネターさんの旦那様なんですよね?ソングライターとしても腕を振るっていらっしゃいますが、シンプルなんですが、渋いギターを存分に聴かせてくれます!もう一人のギタリストである、シーツさんの方が、アルペジオで鍵盤楽器の役割をも担っていて、

正に、ギターロックの醍醐味を楽しませてくれます!そしてやっぱり、シャキッとカチッとした感じは、'80'sですよね?ギャイ〜〜ン、グワ〜〜ンじゃなくて、ガッガッガッ・・・・と直線的で、カッチリした音作りに変わって行く時代だったようです。もちろん例外もあると思うんだけど、ここらへんがこの時代を一番感じるところですよね?

ベネターさんのヴォーカルも、
力強くて、せつなくて・・・。

彼女のワイルドで凛としてて、力強いヴォーカルが、真っ直ぐに迫って来る!ハスキーでパワフルで・・・でも、女性的な、柔らかい部分も感じるんだよなぁ。炎のように熱かったあなたが、氷のように・・・なんて言う、このナンバーの歌詞も、強い女性でいながらも、何か実は繊細な女性だったりするような?

男のように単純ではない、女性の複雑さ、いや心の広さを感じずにいられません!彼女は、ポーランド系でアメリカは、ニューヨークご出身のようですが、独特の雰囲気があって、これまた彼女の個性になっているよね?妖艶な雰囲気のルックスなのに、どこか壊れそうな感じがあって。

こういうところって、

男は参ってしまうパターンじゃないですかぁ?

シンプルでストレートな
ギターロックンロール!
力強くも、ちょっと儚い?

今夜は堪能したいと思います!

※本日の1曲「♪ファイアー・アンド・アイス(1981年)は、米ビルボード・ロック・シングルチャートで最高位2位、ビルボード100で最高位17位、カナダでは最高位4位・・・を記録しているようです。アルバム「プレシャス・タイム(1981年)」は、米ビルボード200で最高位No.1!、カナダで最高位2位、フランスでは最高位3位、英国のアルバムチャートで最高位30位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする