2017年03月16日

966.♪プライベイト・ヒロイン!




ウキウキワクワクしちゃいましょう!


♪プライベイト・ヒロイン
/レベッカ(1985年)


レベッカ!さんたちの・・・


懐かしい〜1曲を、思い出してしまいましたぁ!ニッポンにも居たんですよねぇ〜、'80'sワクワクポップグループが?当時の英国のニューロマンティックと、アメリカンポップを混ぜ合わせたような、そうそう、当時のマドンナさんが演っていたような世界だよね?

でも日本語なんで、何とも言えない響きが残って、今もウクウキしちゃいます!今夜はレベッカさんたちの、オリコンチャートでNo.1に輝いた、通算4作目のアルバム「REBECA IV Maybe Tomorrow(1985年)」収録のナンバーです!

この頃のメンバー

土橋安騎夫さん(キーボード)
NOKKOさん(ヴォーカル)
高橋教之さん(ベース)
小田原豊さん(ドラムス)
古賀森男さん(ギター)

作詞:NOKKOさん&沢ちひろさん
作曲:土橋安騎夫さん
編曲:レベッカ

シャキッと爽やかポップが
今も色褪せず・・・。

「ライク・ア・ヴァージン(1984年)」の頃のマンドンナさんを意識されていましたよね、NOKKOさんは?雰囲気も似ていて、はじけるポップソングが、春に向かう今、ピッタリハマるように感じます!でも、日本語の響きが、良い意味でニッポンを感じて、さらにグッと来るぞ〜!

当時の英国の、ニュー・ウェイヴ?いや、ニュー・ロマンティック風な音楽と、マドンナさんなんかのアメリカンポップ?ダンスミュージックの方かなぁ?が、ブレンドされて、そこに日本語の、母音が抜けるヴォーカルが入って来る。

そんでもって、

NOKKOさんの唯一無二のヴォーカル!

が、他を寄せ付けない魅力を放ってますよね?若々しくて可愛らしくてなんですが、ちょっと翳があり、でも暗くはなくて、何とも形容出来ない魅力の持ち主だなぁ!って、改めて彼女の存在感をひしひしと感じるばかりです!まさかの再結成で、

紅白歌合戦にも出演したのには驚きましたが、年を重ねた素敵な女性になられていて、何か安心しちゃいました!この方も、選ばれたる歌い手さん!すよね。彼女の魅力を最大限に引き出す役割を、土橋さんが上手く担っています!ロックって言うよりも、ポップな曲で、でも、洗練されているのに、意外に人間臭い熱を感じます。

才能とセンスを感じますね!このお二人は、やはり出会うべくして出会われたんだろうなぁ?洋楽っぽくカッコイイのに、今聴き直すと、やはりニッポンのグループを強く感じるのが、面白いところです!もちろん良い意味で、西洋の方々には出来ない世界ですよね?

春に向かって、

中年だってワクワクしちゃうぞ〜www





posted by のぶそうる at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ら行・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする