日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2017年04月13日

美容と健康と癒し・・・必要不可欠なもの

本日は、

ちょっと気になるものを三つほどご紹介します!

まずは、


これからの暑くなる季節にぴったりな、竹ヒゴで作られた竹ラグカーペットです。竹には、日本で言うところ、マダケとモウソウチクと言う2つの種類がありまして、マダケはモウソウチクに比べて、弾力性があり真っ直ぐで、節の間が長いため、加工に適しているそうです。

強さも備えているため、強靭で柔軟であると言う特徴があるそうです。そのような素材を使った、竹ラグカーペットは、竹ヒゴで表現した竹カーペット。竹の特徴である、ホーロー質が、熱を逃がしてくれるため熱がこもりにくく、ひやんりとした感触で、これからの季節には快適に過ごすことが出来そうです。

それから、中材にウレタンを使っていることで、程良いクッション性があります。さらに嬉しいこととして、コンパクトに畳んで収納することが出来ます。女性の方々でも楽に持ち運べるため、重宝することでしょう。気になる方々はアクセスしてみてはいかがでしょうか。


次に、


古い角質を落として、透明感のある肌に蘇らせる効果があると言われているのが、ピーリングケアです。エステサロンなどで、プロの施術を受けることが主流のようですが、最近では市販のピーリング剤を使った、セルフケアを行っている方々も多いそうです。

このピーリング剤には、肌を擦って角質を落とすものと、泡でパックするものなど方法が違うものが存在しています。ピーリング後、肌がツルツルになりますが、肌が乾燥してしまうと言うことがあるそうなので、注意しながら行って行きたいですね?

むきたまごのような、たまご肌になる、ザクロエキス配合のピーリングジェル、自然との調和を大切に製品を作っている、某ブランドのボディウォッシュ、リンゴの成分で作られた、某ブランドのソープ・・・など、使った方々の感想もありますから、チェックしてみて欲しいです。

そして、


やはり何と言っても、夜のお風呂タイムは何にも代えがたい、一日の疲れを癒す瞬間ですよね?そんな至極のひと時に、いい香りのボディソープを。香りにも、リラックス効果があると言われていますから、使わない手はないですよね?

ヤギの乳を使った、ゴートミルクのボディシャンプーは、少量でもしっかりと泡立ち、たっぷり入っているためコスパも良く、香りももちろん良いので、癒しの時を過ごせること請け合いだそうです。乾燥に悩まれている方々に、スベスベの潤いを与えてくれるものですから、重宝しそうです。

他にも、牛乳石鹸やグレープフルーツ系の香りものなど、現在は、好みに合わせて探すことが出来るみたいです。肌にも良くて、良い香りでリラックス。お風呂から出て来たら、すぐに安らかな眠りに・・・なんて、最高の一日の終わりを迎えて、次の日もしっかりと行けそうですね?

美容と健康と癒し

忙しい現代人には必要不可欠なものですよね?
posted by のぶそうる at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

981.♪メイク・ア・ムーヴ・オン・ミー!



爽やかで、ちょっとせつない?


♪Make A Move On Me
/Olivia Newton John(1982年)


オリヴィア・ニュートン・ジョン!

・・・さんいらっしゃい。


生まれは、英国はケンブリッジですが、この方もお育ちは、オーストラリアのメルボルンなんですってねぇ?調べてみると、母方がドイツ人で父方がウェールズ人のようです。眩しいブロンドの髪の毛と、クールな瞳は、今もお美しいですが、

1981年、私が初めて見て聴いた時の彼女は、ショートヘアにレオタード姿で、色っぽく悩ましいそのお姿に一発で参ってしまった、中一の夜のことが思い出されます。中一には刺激が強すぎましたが・・・wwwでも、健康的なところが、明るいところが、良かったんですよね。

今夜は彼女の心機一転?1981年のアルバム「虹色の扉(Physical)(1981年)」収録で、2作目のシングルナンバーでございます!最初のシングル「♪フィジカル(1981年)」は前に書かせて頂いたので(この曲がまた最高に心地良い曲なんですが)、今夜はこの歌を!

'80'sサウンドに乗った
爽やかで、
ちょっとせつないメロディが
心地良いなぁ〜〜〜!

ブラス系のキーボードの音が、ド〜〜ンと前に出て来て、かっちりきっちりした音は、正に'80年代の最先端サウンド!この音が出て来ると、やはり私は反応してしまいます。彼女は、もっと前から活躍されているシンガーさんで、アコースティックなナンバーを、しっとりと歌うイメージをお持ちの往年のファンの方々が

今も多いのかもしれません。しかし、このアルバムの前のサウンドトラックアルバム「ザナドゥ(1980年)」で、エレクトリック・ライト・オーケストラさんたちとコラボ!アナログとシンセサイザーが、丁度良くブレンドされた、独特の世界を新機軸として披露してくれました。そして、虹色の扉に続くんですかね?

この時代の先端を行く、ブラックテイストを感じるリズムと、欧州系ウェット旋律が混ざり合う、ロックでもポップでも、ファンクやソウルフルでもある感じが、オリヴィアさんの存在感とピッタリ重なり、正に新たな出発を告げた作品だったのかなぁ?って今、聴いていて感じています。

サビで、ちょっとホロリとさせるところなんかが、英国や、そう、オーストラリアなんでしょうか?爽やかでポップなんだけれど、アメリカンと違って、どこかせつない雰囲気。これがオージーなんでしょうか?オリヴィアさんのヴォーカルは、前回のカイリーさんと同じく、

ストレートに伸びる、美しい白人女性の歌声!キラキラしてて、耳に心地良いです〜!そう言えば、スティーヴ・ルカサーさんがこのアルバムでギター弾いてるんだよね?アダルト・コンテンポラリーっぽさも感じられて、大人のポップミュージックって言うのかなぁ?

上手く進まない恋愛の詩?いつの時代も、男と女、いや人間同士は、ちょっとしたすれ違いで、結ばれることがなくなってしまう!せつないなぁ〜って感じるけれど、逆に、運命的な出会いもあるんですよね?誰も予想出来ないのが人生なのかなぁ?

英国の、

いや、オージーの歌姫の爽やかな歌声に、

今夜も癒されたいと思います・・・。

※本日の1曲「♪ムーヴ・オン・ミー(1982年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位8位、米ビルボード100で最高位5位、アダルトコンテンポラリーでは最高位6位、英国のシングルチャートで最高位43位・・・を記録しているようです。アルバム「虹色の扉(1981年)」は、オーストラリア、カナダ、スウェーデンのアルバムチャートで最高位3位、日本で最高位5位、米ビルボード200では最高位6位、ノルウェーとニュージーランドで最高位8位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

980.♪スティル・ビー・ラヴィング・ユー!




ちょっと黒いユーロビート?


♪I'll Still Be Loving You
/Kylie Minogue(1988年)


カイリー・ミノーグ!さん続きます。


♪ラッキー・ラヴや、♪ロコモーション、そして、♪恋が止まらない〜ターン・イット・イントゥ・ラヴって言う、有名どころのナンバーがあってこその、このデビュー作だと思うんですが、その他の曲も良い曲あったんだなぁ!って、初々しい彼女の歌声が聴きながら、感じているところです。

今宵も彼女のデビュー作「ラッキー・ラヴ(Kylie)(1988年)」収録のナンバーを!

ちょっと異質?な黒い雰囲気が
今聴くと新鮮で、良いんですよ〜!



考えてみると、デビュー作で8週連続全英No.1!のアルバム。売れれば良いってことじゃないんだけれども、ポップ好きには、たまらないアルバムなんだなぁ。ストック、エイトキン、ウォーターマンさんたちの作り出す、独特のデジタルビートが、ちょっと同じように聴こえてしまう感はあるんだけれど、

今宵のナンバーはちょっとファンク?R&B調で、異質な感じがするんだよね!デジタルのシンセベースなのに、生楽器のフレットレスベースを、ブイブイ鳴らしているような感じが黒くって、心地良いです!キラキラのシンセサウンドなのに、ちょっと違う異質な感じがして面白いなぁ〜って。

メロディも、絶妙なところでフラットさせてって言う、これまた、R&B調?いや、英国風?オージー風?のやっぱりポップかなぁ?とにかく心地良く入って来るぞ〜!ストレートに伸びるカイリーさんのヴォーカルももちろん美しくて、まだまだ可愛らしくて、

♪他の誰かを探すわよ、だけどまだあなたのことを愛してる・・・なんて言われたら、困っちゃいますよね?www
最近のデジタル系のサウンドよりも、芯がしっかりしていて、グングン来る?軽いでしょう〜!えええ?そうですかぁ?ただ私の青春のサウンドなんで、どうしても贔屓してしまいます〜。

彼女は、シンディ・ローパーさんと同じく、東日本大震災の当日に来日公演を行って下さった方で、我らがVERBALさんとのコラボ曲「♪ウィ・アー・ワン」を発表してくれた、とても優しいお方。乳癌も克服して、今もステージに立たれている彼女。いつまでも、末永〜く歌い続けて頂きたい、大切な歌姫様です・・・。

やっぱりこの時代は、グッと来るなぁ!

※本日の1曲「♪スティル・ビー・ラヴィング・ユー(1988年)」収録のアルバム「ラッキー・ラヴ(1988年)」は、英国(8週連続)、アイルランド、ニュージーランドで最高位No.1!、オーストラリアのアルバムチャートで最高位2位、スイスで最高位7位、旧西ドイツで最高位8位、米ビルボード200で最高位53位・・・を獲得しているようです。




posted by のぶそうる at 21:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする