デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年05月04日

988.♪ホールド・マイ・ハンド!



理屈抜きの真っ直ぐな音楽・・・。


♪Take My Hand
/Hootie & The Blowfish(1994年)


フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ!


さんたちご登場!

実は私、隠れカントリー好きだったりするんですが、昨日のウィリーさんの新曲には、やられてしまいましたぁ!考えたみたら御大は、キングではなくて、ヒッピー・スタイルを取り入れたり、様々な音楽を貪欲に取り入れた、前衛的な方であって、アウトローの方の人だったんだよね?

さて今夜のグループも、シンガーさんが、何と、アフリカン・アメリカンなんですよね!ダリアス・ラッカーさん。アフリカンの方が、カントリー?土着ロック?そもそも最初にこの曲を聴いた時に、アフリカンの方がシンガーとは思わなかった人、多いと思います。

言わば、ウィリー・ネルソンさんとは反対で、アフリカンのシンガーが、カントリーやロックにアプローチして行くって言うのが、今も新鮮に響いて来ます!まぁ、細かいことよりも、体感して楽しむ音楽ですね。20年以上の年月が流れても、やっぱりこう言うシンプルでストレートで、骨太な音楽ってのは、廃れないんだなぁって思う。

メンバー

ダリアス・ラッカーさん(ヴォーカル&アコースティックギター)、マーク・ブライアンさん(ギター)、ディーン・フェルバーさん(ベース&ヴォーカル)、ジム・ソニ・ソーンフェルドさん(ドラムス、パーカッション、ヴォーカル)

いつの時代にも色褪せず
心に入ってくるメロディ
しかも
がっつり、ソウルフルな歌声で・・・。

アコースティックギターの乾いた心地良いサウンド、ゆったりと流れるリズム・・・ラフ&ルーズで、人間臭い温かみのある音楽!難しいことなんて演らないし、歌わない。シンプルなラヴソング。でもだからこそ、心に入って来て、いつまでも響くのでしょうか?

当時流行っていた、グランジ系の刹那的な、良い意味で芸術的なものとは違って、アメリカの素のロックが、だからこそアメリカで受けるのかなぁ?と今聴いていて感じます!日本では中々認知度が上がらなかったってのは残念なんですが、土臭すぎて、こってりしているアメリカンって、伝統的に日本ではやはり受けないのかなぁ?

ダリアスさんの珠玉のヴォーカル!

コクのあるブラックコーヒー?なんて比喩はありきたり?深みのある、やっぱりのど越しがしゃがれたアフリカンの、熱い喉をお持ちになっています!しかし、白人のシンガーって言っても通じるほどの、がっつりしたダイナミックな歌声でもありますよね?

もう、アフリカンとか白人とか、アジアンとかヒスパニックとか・・・関係ない世界に、表向き音楽シーンはなって来ているので、私も細かいことはこのブログでは、書かないようにしようかなぁ!心に響くダリアスさんのヴォーカルを聴いていて、今強く感じております!

やっぱり・・・良い曲です!

※本日の1曲「♪テイク・マイ・ハンド(1994年)」は、米ビルボード100で最高位10位、ロック・シングルチャートで最高位4位、アダルトコンテンポラリー・シングルチャートでは最高位6位、英国で最高位50位・・・を記録しているようです。アルバム「クラックド・リアー・ビュー(1994年)」は、米ビルボード200、カナダ、ニュージーランドのアルバムチャートで最高位No.1、オーストラリアで最高位7位、英国では最高位12位・・・を獲得しているようです。このアルバムは、全米で1,600万枚もの売上を達成していて、1995年度のベストセラーアルバムのようですね。







posted by のぶそうる at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする