デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年05月07日

989.♪ワン・ウェイ・チケット(ビコーズ・アイ・キャン)



爽やか健やか・・・最高だねぇ!


♪One Way Ticket(Because I Can)
/LeAnn Rimes(1996年)


リアン・ライムス!さん、良いなぁ。


あったかくなって来ると、爽やかな音楽が恋しくなる!久々にカントリーっぽい曲を!なんて思っていたら、この曲、そしてアルバムを思い出して、そうだよ〜!と、また独り上がっております。今夜は、何と!この時13歳だったんですね?カントリーシンガー、リアン・ライムスさんのアルバム「ブルー(1996年)」収録のシングルンナンバーです!

爽やか健やか清々しい!
初々しい少女の、可愛らしくも、
すでに完璧な歌声に、
酔いしれましょう!

最初に「♪ブルー(1996年)」を、当時、FMだっと記憶しているんですが聴いた時に、まさか13歳の少女が歌っているなんて、考えもしなかった。やはり天才っているんですよね?スティーヴィー・ワンダーさんだって、マイケル・ジャクソンさんだって、幼い時にデビューしているんですから、

出て来たってそんなに驚くことはないはずなんですが、彼女リアンさんの場合は、もう出来上がっているのが凄いところなんだよね!20代のレディが歌っているとしか聴こえないも〜ん。しかも説得力もあって、しっかりとカントリーの歌い方も心得ているし。

今また改めて聴き直していても、

あの頃の衝撃は全く薄れてません!

さて今夜のナンバーは、「♪ブルー」よりも、もっとポップで、カントリーって言う枠だけに留めておくのは、もったいないほどの美メロポップソング!後に彼女は、ジョン・ボン・ジョヴィさんとデュエットすることになりますが、ちょっとボン・ジョヴィさんたちを思わせるような、

土臭いけれども、爽やかで健やかな雰囲気満載の、聴き易いポップロックソングではないでしょうか?挑戦する若い女の子の、強い気持ち?を、何ともウキウキワクワクしちゃう音楽に乗せて、披露してくれてます!そう言えば、今をときめく、テイラー・スウィフト嬢が、リアンさんから影響を受けていると公言していて、

最初に買ったアルバムがこの「ブルー(1996年)」だったようですね?スウィフトさんも、カントリーと言う枠だけじゃなく、ポップシーンに果敢に挑戦して行ってる方なんで、リアンさんの影響は、そこらへんが大きいのかなぁ?典型的な美人さんであるスウィフトさんは、それはそれはゴージャズですが、目元が涼しく、ベイビーフェイスで、

可愛らしいリアンさんの方が、私は良いなぁ!もちろんリアンさんも成長されて、今はお綺麗な方ですが、可愛らしい目元は、今も変わらないですよね?とても癒されます!連休が今日で終わってしまい、あ〜あな方々、明日朝一番は、爽やか健やかポップで、上がって行きません?

なんて、

良〜〜いナンバーですぞ!

※本日の1曲「♪ワン・ウェイ・チケット(ビコーズ・アイ・キャン)(1996年)」は、米ビルボード・カントリー・シングルチャートで最高位No.1!、カナダのカントリーでは最高位4位・・・を記録しているようです。アルバム「ブルー(1996年)」は、米ビルボード・カントリー、カナダのカントリー、そして英国のカントリー・アルバムチャートで最高位No.1!、米ビルボード200で最高位3位・・・を獲得しているようです。

そしてグラミー賞にて、「♪ブルー(1996年)」で最優秀女性カントリー・ヴォーカル賞を受賞。最優秀新人賞も獲得しているようです。恐るべき天才少女だったんだなぁ!今後も、ずっとずっと歌い続けていて欲しい方ですね?








posted by のぶそうる at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする