2017年05月14日

993.♪リメンバー・ミー!




最高のナンバーです!
そして、
すべてのお母様へ、ありがとう!


♪Remember Me/Diana Ross(1970年)


ダイアナ・ロス!


今日は母の日です!この歳になっても、本当の意味での親孝行が果たして出来ているのか?そんなことを思って今、愕然としています。情けなくて・・・涙が出てしまう。皆様、お母様を、もちろんお父様もですが、大事にして下さいね。孝行したい時に親はなし。なんてことにならぬよう・・・。

さて、カントリーな曲を堪能しているところなんだけれども、母の日ってことで、どうしても浮かんで来るのが、ダイアナ・ロスさん!いつ聴いても、女性の、大きな大きな愛や、時に厳しい叱咤激励を頂いたりして、彼女からは、大きな母性を感じてしまうんだよねぇ!

今宵は、ありがとうお母様!

・・・ということで、彼女のソロ通算3作目のアルバム「サレンダー(1971年)」収録の、シングルナンバーをご紹介します!まだお若い頃のダイアナさんですが、スプリームス時代よりも、しっとり大人な彼女のヴォーカルに酔いしれてしまいますぞ?

ホーンとストリングスの
ダイナミックなバックと
モータウン独特?の旋律
そして
ダイアナさんの母性を感じる
優しい、大きい歌に
・・・ありがとう!ですね。

スプリームス時代から、ダイアナさんを、楽曲提供でバックアップして来た、アシュフォード&シンプソンさんお二人の曲。アルバム「サレンダー(1971年)」自体が、彼らお二人のプロデュースなんですが、相性がぴったりですよね?モータウン旋律って言うより、アシュフォード&シンプソン旋律なのかもしれません。

この何だろう?ググッと胸に迫って来る美旋律!時代的にまだまだ、ざらついた、アナログ感満載のサウンドと共に、胸がキュンキュンしちゃってもう、たまりません。シンプルなのに、ドラマティックな展開もあるし、魅惑の世界にどんどん引き込まれて行きます!

ティーンエイジャー向けの、ラヴポップソングから、ソロに転向して、しっとりと大人の雰囲気も身に着けられて、でも、こってりしないで、可憐で優しい感じが、私は好きです!がっつりと、セクシーで、カッコイイではなく、壊れそうな?いや違うな?コケティッシュで可愛らしいですかね?

その何とも表現出来ない佇まいが好きですねぇ!デジタルポップも良いけれど、やはりアナログで、熱い想いが感じられるサウンド!人間が奏でる音楽は・・・心に入って来るなぁ!そんでもって、大きな母性を感じるダイアナさんの歌声!

改めて、

うっとりと聴き惚れちゃうぞ〜!





posted by のぶそうる at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする