デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年05月16日

994.♪ザ・ベスト!



ジャンルとかって
・・・もう関係ないんだよね?


♪The Best/Tina Turner(1989年)


ティナ・ターナー!さんです。


やはりソウルフルにまた引っ張られて行くと思いきや、この作品を忘れてましたぁ!もっと前の時代に活躍されていた方ですが、この時代にまた、新たな輝きを放っていたのが、ティナ・ターナーさん!スワンプ系の御大、トニー・ジョー・ホワイトさんが全面的にバックアップ、

そして、エドガー・ウィンターさん、マーク・ノップラーさんが、参加していたりと、当時話題をかっさらってましたよね?ダン・ハートマンさんもいらっしゃいましたぁ!ソウルやR&Bって言う枠を飛び越して、いろいろなものを取り入れて、ポップシーンに登場!それが、ぴったりハマった。いや、

ターナーさんですから、彼女の魅惑のヴォーカルだからこそ出来上がった音楽だったんだよね?何か、ウキウキワクワクしちゃってます!この作品も、ジャンルとかもうどうでも良いよねぇ?って思わせてくれる作品ですね!今夜は彼女の通算7作目のソロアルバム「フォーリン・アフェア(1989年)」収録のシングルナンバーです!

パワフルでエネルギッシュで
爽やかで元気をもらえる
ウイウキワクワクソングです〜!

上記以外にもバックでは、ベースにT.M.スティーヴンスさん、デュラン・デュランさんたちとの共演も有名な、テサ・ナイルズさんがバッキング・ヴォーカルで、アルバート・ハモンドさんが何と、パーカッションとバッキングヴォーカルで参加しているんだよねぇ!豪華です。

しかしこの曲は、ホントシンプルなポップソングで!とても聴き易くて、そして一緒に歌えて・・・心地良いんだよなぁ!ターナーさんの歌声は、しゃがれていてソウルフルなんだけれど、ソウルじゃない、ポップでロックな曲だって、違和感が全くないのが、彼女ならではです!

間奏のサックスソロは、前述したエドガー・ウィンターさん!これがまた文句なしにカッコイイですよね?何かゲストの皆さんも、こだわりとか取っ払って、素直に音楽を楽しんでいるお姿が、想像出来ますよね?ちょっと、お祭り騒ぎっぽさがあるとは思うけど、

音楽って楽しむもの!

・・・思い出させてくれるナンバーです。

そうそう!この曲は、オリジナルは一年前にリリースされた、ボニータイラーさんのシングルナンバーなんですね!そして調べてみたら、ターナーさんとジミー・バーンズさんとのデュエットシングル「シンプリー・ザ・ベスト(1992年)」で、セルフカヴァーしているんだってね?知らなかった・・・。

秋にリリースされた曲ですが、

これからの季節に・・・良いと思います!

※本日の1曲「♪ザ・ベスト(1989年)」は、オーストリアとベルギーのシングルチャートで最高位2位、カナダとスイスイで最高位3位、オーストラリアと旧西ドイツでは最高位4位、オランダと英国のシングルチャートで最高位5位、米ビルボード100で最高位15位・・・を記録しているようです。

アルバム「フォーリン・アフェア(1989年)」は、英国、旧西ドイツ、オーストリア、スイスのアルバムチャートで最高位No.1!、オランダで最高位6位、フランスでは最高位11位、カナダのアルバムチャートで最高位12位、米ビルボード200では最高位31位・・・を獲得しているようです。シングル、アルバム共に、欧州の方が売れた作品だったんですね?







posted by のぶそうる at 22:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする