エディー・バウアー・ジャパン

2019年04月28日

ボス・・・19作目の新作です!



尾崎豊さんを、

改めて凄いなぁ!と思っていたところに

彼のアイドルであった

ブルース・スプリングスティーン!

氏の新作

ウェスタン・スターズ

が、

前作「ハイ・ホープス(2014年)」

から5年ぶりにリリースされるようですぞ!

今公開されている

♪ハロー・サンシャイン

聴いてみたんですが、

土臭いアメリカのカントリー風味が満載で、とても穏やかぁ〜な雰囲気が流れて来ます!その歌声がとても優し気で、今年69歳を迎えられるんですねぇ?渋く枯れた、でも熱く、あたたかいそのヴォーカルに心地良さを感じます!

前作では、トム・モレロ氏が参加して、エネルギッシュなパワーと、ちょっと雰囲気の違う世界をを感じさせてくれたので、益々パワフルに?なんて思っていたけれど、そこはやはり御大、違うかたちの音楽をってことなのでしょうか?

'60年代の終わりから'70年代始めにかけての、サザン・カリフォルニア・ポップにインスパイアされた、新たな境地に誘う作品だそうで、またまた興味が湧いて来ますよね?しかし彼の作品ですから、今度も文句なしの名作になることでしょう!

アメリカンロック界、

いや、

現代の音楽シーンの生ける伝説である彼!

まだまだ魅せて欲しいです・・・。



posted by のぶそうる at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

1181.♪僕が僕であるために!




真っすぐで純粋で
優しくて・・・今もグッと来ちゃうよね?


♪僕が僕であるために/尾崎豊(1983年)


尾崎豊!さん・・・。


今日、4月25日は尾崎さんの27回目の命日になるんですね?しかし、未だに若い世代の人たちをも魅了し続ける尾崎さん!どこがそんなに良いのだろうか?私は正に尾崎さん世代で、リアルタイムでは熱狂的なファンが周りにたくさんいました。でも私は、洋楽ばっかり聴いていた人だったので、全く関心がありませんでした。ロックから、ニューロマンティックスへ、そしてファンクやR&Bへと趣味が変わって行くにつれて、

益々ニッポンの音楽には、見向きもしない生活でした!ところが学生の頃に、尾崎さんのコピーバンドでベース弾いてくれない?と頼まれて、その時に初めて彼の音楽に触れました!ブルース・スプリングスティーンさんっぽい?アメリカンロック風なんだけど、繊細な歌詞が印象に残りました。そして社会に出て、しばらくして、尾崎さんが亡くなられたことを知りました。

そんな時に、ちゃんと聴いてみようかなぁ?と思い、丁度良い具合に確かこの頃だったと思うんだけれど、友人が初期の二作をカセットテープに録音してくれて・・・。正直、最初はピンと来なかったんですが、聴いて行く内に、何だろう?やはりその歌われる、真っ直ぐで純粋で優しく、あったかぁ〜い詞と、日本語の何とも言えない響きが、

物凄ぇ〜〜人なんじゃないかぁ?

と、気が付けばどんどん惹かれて行きましたぁ!そして特に初期のナンバーは、アメリカンロックってよりも、とてもニッポンな音楽で、これもニッポン人の血なんでしょうか?好きになって行く自分がいましたね!そして今は、尾崎ファンになっています!今宵は追悼として、彼のデビュー作「十七歳の地図(1983年)」収録の、珠玉のバラッドを!この曲は今も大好きなんですよ〜!

真っ直ぐで純粋で優しくて
クオリティの高い旋律
これぞ尾崎節な
いつまでも残るであろう
珠玉のバラッドだぁ!

何か、フォークソングっぽいって言うイメージが尾崎さんにはずっとあるんですが、もっとロックだし、改めて今聴いてみると、クオリティの高いポップでロックで、ニッポン風味満載(だからこそ良いんですよ〜!)なナンバーが秀逸ですよねぇ?今夜のこの曲は、シンプルだけどツボをしっかりと抑えたバラード!でもその紡がれる歌詞が、

もう純粋で真っすぐで、そして優しくて・・・素晴らしいなぁ!今の時代に、いや尾崎さんが出て来たあの時代と今の時代が、もしかすると似ているのかもしれませんね?私なんかが高校生の頃ですが、管理社会とかって、今また言われてますもんね?そこで若い方々に訴えるものがあるのかも?そう考えると、と言うか、やっぱりロックって言うのは、体制に立ち向かう反逆のシンボルですからねぇ〜、いつの時代も?

歌詞の良さ(これだけでも文句なく素晴らしいですが)はもちろんですが、彼の作る曲の旋律もまた、センスがあって素晴らしいと思います!この曲も、エレクトリックギターのイントロのフレーズが、シンプルなのにインパクトがある!主役は歌ってことで、曲を壊さないように、でも耳に残るって言う、絶妙なアレンジですよね?

そして尾崎さんのヴォーカルも、今改めて聴くと、ホント良い声してるんだよなぁ!初期の頃は特にキーが高めに感じるけれど、ちょっとしゃがれていて、良い感じにハスキーに抜けるんですよねぇ!綺麗にストレートに伸びる艶のある声と混ざり合って、やっぱり男が聴いても、セクシーで魅力的です!低いキーもしっかりと出ているし、

神から選ばれたるシンガー!

尾崎さんも、そうですよね?この曲は、ミスチルの桜井さんがカヴァーされていますが、やっぱり珠玉のナンバーだってことの証だよねぇ?もっともっと、彼の音楽を継続して聴きたかったなぁ!そして、白髪になった尾崎さん、50代になった尾崎さんは、どんな音楽を聴かせてくれたんだろう?思わずにいられません。本当に、今生きている尾崎さんの歌が聴きたかったなぁ!

今宵は、
尾崎さんを偲んで・・・。


※本日の1曲「♪僕が僕であるために(1983年)」収録のアルバム「十七歳の地図(1983年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位2位を記録しているようです。これからもこのアルバムは、新しいファンの方々によって聴き継がれて行き、尾崎豊と言う存在は永遠に輝き続けることでしょう・・・。









posted by のぶそうる at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

ジャイアンツ、やるじゃぁ〜ん!

⚾今季のプロ野球ですが、

広島カープのまさかの連敗や、ソフトバンク・ホークスの不振、楽天イーグルスのいきなりの連勝があったりで、大方の予想を覆してかなり荒れるなぁ〜!と思っていたんですが、蓋を開けてみれば順当かなぁ?でも面白くなりそうですよねぇ?我らがジャイアンツは、正直なこところめちゃくちゃ不安だったけれど、

やるじゃぁ〜ん!と、思わず喜んでおります。

今夜の東京シリーズ

ヤクルト対巨人

なんと、

ヤクルト0-9巨人

で、大勝しましたぁ!

山口投手は何と!4勝目を飾りましたぁ!

いやぁ〜、嬉しいですね!またしても外様を何人も取って、「巨人って、一体いつまでそう言うことするんだよ!」なんて、またしても蔭口を叩かれていただけに、そして、投手のこと考えているのかなぁ?って、凄く心配でした。でも、原さんの持っている、元来の明るさって言うんでしょうか?

それが選手たちに伝わっていて、中島選手(彼も今季、オリックスから入った選手ですが)あたりがベンチを盛り上げているようで、チームに活気が漲り、気持ちの入った集団になっているように感じています!・・・紳士たれはもちろん大切ですが、熱く燃えるも必要ですからねぇ!

今日も活躍しましたが、

捕手の小林選手が打つ方でも活躍!

守りは素晴らしい捕手だけど、バッティングが物足りない選手だったので、これまた嬉しいところです!そして原采配として、投手によって捕手を代えて行くスタイルも、ターンオーバーとして上手く機能しているようにも思います。そうだったのかぁ?って。丸選手も今日も一発決めてくれたし、一度は野球を諦めた、増田選手が打ってくれたし・・・。

ただ、

ペナントレースはまだまだこれから!

ひとつ心配なのは、

やはり中継ぎと抑えの投手陣!

マシソン投手が戻ってくればひと安心ですが、セットアッパーが頼りない!クローザーも、今日、クック投手が登録抹消されたようですし。まぁ、すべてが完璧なチームなどないわけですから、やるしかないんですよね?選手たちには、こつこつと一試合一試合頑張って欲しいところです!

プロ野球選手の皆様には、

今季も盛り上げて欲しいですねぇ!⚾


posted by のぶそうる at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする