2019年04月21日

1180.♪アダムのリンゴ!



彼ら独特のグルーヴが
・・・心地良いんだよなぁ!


♪アダムのリンゴ
Adam's Apple/Aerosmith(1975年)


エアロスミス!さん出番ですぞ〜。


ブルージーで渋いロックだよねぇ!

でもアメリカンらしく、ポップさも持ち合わせているカッコイイロックンロールバンド!そう!エアロスミスさんたちですが、ニッポンでも世代を問わず人気があるので、皆さんもう知っていらっしゃるかと思いますが、私は実は、30代に入ってからじっくりと聴き始めた人なんですよねぇ。代表的な曲はベストアルバムで聴いていたんだけれど・・・。

それで彼らって、ポップさも持っている、ブルージーな渋くてカッコイイロックンロールなのに、ソウルフルでファンキーな要素も持っていることに驚きましたぁ!シンガーのタイラーさんが、オーティス・レディングさんを敬愛していらっしゃるようで、お〜!そうなのかぁ?って、タイラーさん自身も、のどがキュッと締まる、しゃがれたアフリカンっぽい歌声なんですよねぇ〜。

そして、揺れる横ノリのファンキーなリズムの曲もあったりして、そう言うグルーヴが大好きな私は、特に初期の彼らにハマってしまいましたぁ!ホント独特で、今も堂々とシーンに君臨されていらっしゃるのも、素晴らしいですなぁ!久しぶりに彼らに触れてみたんですが、や〜っぱりこのアルバムかなぁ!

今夜は彼らの通算3作目のアルバム

「闇夜のヘヴィ・ロック(Toys In The Attic)(1975年)」収録のナンバーを!

メンバー

スティーヴン・タイラーさん(ヴォーカル)
ジョー・ペリーさん(ギター)
ブラッド・ウィットフォードさん(ギター)
トム・ハミルトンさん(ベース)
ジョーイ・クレイマーさん(ドラムス&パーカッション)

渋いブルージーなナンバー?
エアロ節炸裂な
進化を遂げた
'70年代ロックンロールが良いなぁ!

このアルバムと言ったら、後の'80年代に、ヒップホップユニット、Run-D.M.C.さんたちと異色のコラボをしてリバイバルヒットした「♪ウォーク・ディス・ウェイ」やファンキーな「♪スウィート・エモーション」あたりは外せないところなんだけど、今回聴いてて、この曲が何か耳から離れなくて・・・。アダムとイヴの話を歌詞にしているようですが、

そんなことが伝わらなくとも、ペリーさんとウィットフォードさんの、渋い音色のこれぞ!なエレクトリックギターのフレーズに、シンプルだけど独特な間合いを持った(そうそう、彼らのグルーヴが良いんだよねぇ)ハミルトンさん&クレイマーさんのリズム、そんでもって、タイラーさんの、ロックなんだけれど、正にオーティス・レディングさんばりの、ソウルフル風味を存分に感じさせてくれるヴォーカルに

凄え〜〜、カッコイイよ〜!

・・・ですね。

バッキングでサックスも使っているところなんかも、古き良きオールドスタイルなんかも感じて、エアロスミスさんの、引き出しの多さにも感激してしちゃいます!やはり'50年代、'60年代、そして'70年代と、ロックンロールは転がって行きながらも、常に進化していっているんだなぁ?と、感じるばかり。でも結局は、'70年代でひとまずロックンロールが完成したのかなぁ?なんて思うんだけど、いかがでしょうか?

エアロスミス!

最強のロックンロールバンドだよねぇ?


※本日の1曲「♪アダムのリンゴ(Adam's Apple)(1975年)」収録のアルバム「闇夜のヘヴィ・ロック(Toys In The Attic)(1975年)」は、カナダのアルバムチャートで最高位7位、米ビルボード200で最高位11位、オーストラリアでは最高位79位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 22:11| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする