アウトドア&フィッシング ナチュラム

2019年06月15日

1194.♪ジョージー・ポージー!



大人の夜の楽しみ?


♪Georgy Porgy/TOTO(1979年)


TOTO!さん


うねりはねるようなリズムに心を乱され、官能的な世界に、極上の喜びの世界へ引っ張られて行く・・・ファンクって言う音楽はそういう、ちょっと危険でもある音楽だと思うんですが、私はやはり、もっとクールで優しくてメロウで・・・って方が好きなのかなぁ?今宵はそんな、クールでメロウ!でも人肌もある、そしてそうそう、都会的な雰囲気だなぁ。夜の都会の大人の音楽ってことになるのかなぁ?こっちが好きみたいですね!

本日は彼ら、TOTOさんたちのデビュー作「宇宙の騎士(TOTO)(1978年)」収録のシングルナンバーです!アメリカはカリフォルニア州、L.A.ご出身のスタジオミュージシャンをされていた凄腕のプレイヤーが集まって結成された、スーパーグループ。ボズ・スキャッグスさんのバックを務めたいたことでも有名ですよね?活動休止を宣言するも、今現在もまた活動をしている彼らは、ニッポンでも人気のグループですね。

この頃のメンバー

デヴィッド・ペイチさん(キーボード&ヴォーカル)
ジェフ・ポーカロさん(ドラムス&パーカッション)
スティーヴ・ルカサーさん(ギター&ヴォーカル)
ボビー・キンボールさん(ヴォーカル)
スティーヴ・ポーカロさん(キーボード&ヴォーカル)
デイヴィッド・ハンゲイトさん(ベース&ヴォーカル)

そして本日の1曲では、

シェリル・リンさんがヴォーカルで参加しています。

都会的でメロウなファンクポップ?
大人が夜楽しむのに最適な音楽?
いやぁ〜心地良いなぁ!

やはり夜に聴きたいナンバーですねぇ!

タイトルになっている♪ジョージ・ポージー〜は、どうやら童謡から来ているみたいですね?韻を踏んだメロディを、ゲストのシェリル・リンさんがリズミカルに歌われていて、何ともセクシーです!この曲では、ギターのルカサーさんがリードヴォーカルを取っています!彼、いや他のメンバーも皆さん歌が上手いってことも彼らの特徴になりますが、

ハイトーンのキンボールさんよりも、メロウ系はルカサーさんの歌声の方が似合うなぁ〜って感じます!何だろう?コード進行でしょうか?AORって呼ばれるジャンルに入る曲だと思いますが、独特の世界ですよね?私は彼らは、3作目の「ターン・バック(1981年)」が最初に聴いたアルバム!ハードロックの流れで聴いたのが初TOTOさんだったんですよね。このアルバムは、ハードロック的要素が強かったので納得だったんですが、

アダルトな雰囲気の曲もあって、「何か大人のロックなんだよなぁ?アダルトだし、夜が良く似合ってるし・・・」なんて、背伸びしたい少年の、複雑な気持ちを持って聴いていたことを思い出すんですよね。なぁ〜んて、今聴くと、もう大人と言われて久しいのに、あの頃望んでいたクールでカッコイイ大人に自分がなっていなくて、あんまり変わってないことに愕然としてしまうんだけれど・・・。

話戻って本日のナンバーですが、やぱり夜に合うんだよなぁ!でもリズムがうねる黒いメロウなファンクっぽくて、歌も聴かせるヴォーカルで・・・とても心地良いです!大人が楽しむ音楽だけど、若い方々でも好きな方々には、十分楽しめる音楽でもあると思います!時代はまだまだアナログの時代なのに、さすがTOTOさんたち!お洒落なサウンドで、これまた心地良くさせてくれちゃいます!

土曜の夜は大人の音楽???



※本日の1曲「♪ジョージー・ポージー(1979年)」は、米ビルボード 100で最高位48位、ビルボード・アダルト・コンテンポラリー・シングルチャートでは最高位49位、ニュージーランドで最高位11位・・・を記録しているようです。アルバム「宇宙の騎士(1978年)」は、米ビルボード 200で最高位9位、フィンランドで最高位No.1!、スウェーデンで最高位5位、ノルウェーのアルバムチャートで最高位12位、英国で最高位37位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする