アウトドア&フィッシング ナチュラムノートンストア

2019年11月30日

1237.♪Self Control(方舟に曳かれて)




デジタルなんだけれど、あったかいんだよなぁ!


♪Self Control(方舟に曳かれて)
/TM NETWORK(1987年)


TM NETWORK!のご三方です。


トリオにフォーカス!


・・・なんですが、今回は実質、四人組よりも多くの音数があるんで?正確にはトリオではないんだけれども、フロントは三人なのでトリオってことにしちゃいます!彼らも私は影響を受けた人たちで、やっぱりいつ聴いても心地よいなぁ〜!今宵は彼らの通算9作目のシングル!収録アルバムは、通算4作目のアルバム「Self Control(1987年)」です!

メンバー

小室哲哉さん(シンセサイザー&キーボード)
宇都宮隆さん(ヴォーカル)
木根尚登さん(ギター&キーボード)

作詞:小室みつ子さん
作曲&編曲:小室哲哉さん

ウキウキワクワクなポップチューン!
デジタルなのに、あったか〜くて
やっぱりニッポンの歌で
最高に心地よいナンバーですね!

イントロからもうワクワクしちゃって、自然に身体が動いちゃう、名デジタル踊り系ナンバー!今聴いても色褪せてないよねぇ?後のtrfさんたちの「♪Survival Dance(1994年)」にも続くような、小室さん風味が満載です!アダムとイブやボニー&クライドってワードが飛び出したりして、ちょっと難しい詩なのかなぁ?とも感じるけれど、

♪教科書には・・・って、勇気をくれるようなシンプルな詩にも思えて、ここらへんもカッコイイなぁと感じます!そうそう、作詞の小室みつ子さんは、小室哲哉さんと同姓だったので、小室哲哉さんがふざけてみつ子さんのことを、「お姉さんです!」なんて発言していたため、私はつい最近までそれを信じていました。実は親戚関係など全くないんだってねぇ?

正にシンセサイザーやキーボードが主体で、これぞデジタルサウンドなのに、どこかあったかぁ〜く迫って来るのも、不思議なんですが良いです!ライヴだとドラムスがリズムをキープしているし、やっぱり人間が演っている感がそう感じさせるんだろうね?ウィキペディアを読むと、この曲で初めてテレビ番組の「夜のヒットスタジオ」に出演して注目されて、続いて大ヒットする「Get Wild(1987年)に繋がるようですね?

夜のヒットスタジオは見てなかったので知らなかったんだけど、私も実は、♪Get Wildから入って行きました!(いや本日の曲を友達の家で聴いたのが先だったかなぁ?)三人の風貌もかっこよかったし、英国のニューウェイヴ系が好きだった私には、ピッタリとハマりましたね。旋律は、緻密に作り上げるニッポンの曲には珍しく?意外にシンプル!やっぱり洋楽風で、アレンジで盛り上げるスタイルが彼らなんだよなぁ!

UTSUさんの次々に単語が入って来て忙しいヴォーカルスタイルも、最初聴いた時は物凄く新鮮で、今思うと凄くニッポン的ですよね?旋律がシンプルでアレンジが豪華!でも、紡がれる詩の多さと柔らかい歌声が、ピタッとハマッて、TM NETWORKが出来上がったんでしょうか?もちろんUTSUさんも、木根さんもいらっしゃけれど、

小室哲哉氏の存在!

大きいですよねぇ?YMOさんたちと比較されて、やっぱりYMOさんの方が・・・!って良く言われますが、ポップミュージックとして聴いた場合私は、どちらも大好きですが、TMさんたちだよなぁ〜と感じます!英国っぽいって思っても、聴いていると日本語だし、メロディなんかも、やはりジャパニーズで、オリエンタルな雰囲気があって、

今回聴いてて、そこが一番カッコイイと感じています!西洋人にはやはり出来ないナンバーじゃない?小室さんはもう引退されてしまった訳ですが、彼の、そしてUTSUさんや木根さんが組んだ、TM NETWORKさんの音楽は、時代を超えて聴き継がれる音楽だと確信しています!

やっぱりカッコイイなぁ!


※本日の1曲「♪Self Control(方舟に曳かれて)(1987年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位33位を記録しているようです。アルバム「Self Control(1987年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位3位を獲得しているようです。名盤ここにあり・・・ですね。







posted by のぶそうる at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

1236.♪ウェイティング・フォー・ハー!



厳しい寒さの中、凛とした歌声が・・・。


♪Waiting For Her/a-ha(1990年)


a-ha!のご三方、出番です。


トリオ!と言うと、彼らも好きなグループですね!a-haさんたち。解散をするも、また2015年に気期間限定で戻って来てくれた彼ら。何と、来年の3月には来日が決定したようですぞ〜!彼らは好きなのに、まだ一度も見てないので、今回は行きたいなぁ。今宵は、北欧はノルウェーご出身の三人組、a-haさんたちの通算4作目のアルバム

「イースト・オブ・ザ・サン、ウェスト・オブ・ザ・ムーン(Eatst Of The Sun,West Of The Moon)(1990年)」収録の、美メロナンバーです!

メンバー

モートン・ハルケットさん
(ヴォーカル)
ポール・ワークター=サヴォイさん
(ギター、ベース、ドラムプログラミング他)
マグネ・フルホルメンさん
(キーボード&バッキングヴォーカル)

凍てつく寒さの中で
凛とした、美しいメロディが
透き通るように美しく流れて・・・。

この曲収録のアルバムから、デジタルポップから離れて、彼ら自身本当は演りたかったと言う、アナログな生楽器演奏のポップなロックに!最初聴いた時は、あまりの違いに驚きましたが、特にモートンさんの美声にはピッタリ合うなぁ!と納得して、好きになりました。一時期、ホント毎日のように聴いていて、ウキウキしたり、とても癒されていたのを思い出します。

本日のナンバーは、王道なポップロック!鍵盤がキラキラした音を出しているんですが、漂う空気はとても寒い雰囲気があって、淡々と進みながらも、美しいメロディが、モートンさんの歌声が透き通るように流れて、何かとても良い気分になります!ちょっと最近のJ POPにも出て来そうな王道の旋律なんですかね?

彼らを聴いていると、やっぱりアメリカと違う欧州の、北欧の風を感じます!今の季節にも合っていて、首をマフラーにすぼめながら聴いたら、雰囲気あるかもですぞ?なんて、でも私たち世代が彼ら、a-haさんたちって言うと、デジタルポップの名曲「♪テイク・オン・ミー(Take On Me)(1985年)」を思い出すでしょう!私も、もちろんそうなんだけれど、

このアルバムに出会って、その後の彼らに触れられたのは良かったなぁ!と思います。このアルバムのトップを飾るシングルナンバー「♪クライング・イン・ザ・レイン(1990年)は、エヴァリー・ブラザーズさんたちのカヴァーで、味わい深いモートンさんのヴォーカルが楽しめます。他にも良い曲ばかりで、改めて良いアルバムだと、今独り痛感しているところです。

ラヴソングでも、じゃなくても、どんなことを歌っているかが分からなくても、スーっと耳に心に入って来るところが、彼らの魅力でもあるなんて思っちゃうんですが、昔はサウンドと、リズミカルに歌われるそのメロディだけで、もう良いっ!て感じで、洋楽を夢中で聴いていたことを思い出すなぁ!歌詞の意味を知れば、やはりもっと思い入れが強くなると思いますが・・・。

麗しの癒しの美声!

未体験で、
女性の方々には特にオススメですね!

ぜひ!


※本日の1曲「♪ウェイティング・フォー・ハー(1990年)」収録のアルバム「イースト・オブ・ザ・サン、ウェスト・オブ・ザ・ムーン(1990年)」は、ノルウェーのアルバムチャートで最高位No.1!、ドイツでは最高位6位、英国で最高位12位、フランスのアルバムチャートで最高位15位、オランダと日本では最高位20位、オーストリアで最高位23位、スウェーデンで最高位35位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

1235.♪レイン・カムズ・ダウン!




やっぱりカッコイイなぁ〜!


♪When The Rain Comes Down
/Andy Taylor(1986年)


アンディ・テイラー!さん


ついにソロ復活のアンディさんの新曲がリリースされて、ファンには新作のアルバムに期待がかかるところですが、やはり昔の彼のナンバーを聴きたくなってしまい、今夜は彼の'80'sの頃のナンバーを!デュラン・デュランを脱退して、すぐに2曲のシングルをリリースした彼ですが、2曲目のこの曲が当時、凄ぇ〜カッコイイなぁ〜と思ってました。

ジョン・テイラーさんと、ロバート・パーマーさん、トニー・トンプソンさんとのプロジェクト、ザ・パワー・ステーションにてジョンさんが、「アンディを檻から出してやった・・・。」なんて言ったことが話題になり、このグループではハードなギターを披露!そして、ソロでのシングルのリリースとなったわけです。後のファースト・ソロ・アルバム「サンダー(1987年)」で手を組むことになる、

元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ(ギター)さんが楽曲を作ってバックアップしていたんですよね!結局、残念なことにこの二人は喧嘩別れをしてしまうようですが、このお二人が組んだことで、ホント、最高のロックンロールが誕生したことを思うと、残念ですねぇ。ミュージックビデオを見ると分かるように、この曲では他に、

パトリック・オハーンさん(ベース)
テリー・ボジオさん(ドラムス)

ミッシング・パーソンズのお二人と、豪華絢爛なバックです!

爽やかでポップでメロディアス!
でも、決してヤワじゃやない
アンディ風ロケンロールが炸裂です!

やっぱりこれだよねぇ〜!

なんて、私たちの世代は懐かしくも、おお〜〜!って、気が付けば、体が動いてしまっているんではないでしょうか?ジョーンズさんのソングライターとしての優秀さを存分に感じさせるホント、良いナンバーですよね?ボジオさんとオハーンさんは、シンプルに、でもタイトに、そこにアンディさんの、

爽やかぁ〜で気分爽快にさせる歌声!

が登場!アンディさんのギターソロも、シンプルだけど、♪ジャミジャミ・・・鳴る硬いサウンドが、気持ち良いなぁ!オルタナが流行る前の、爽やかな空気に満たされた、何だろう?健康的な感じって言うのでしょうか?今聴いてもやぱり良いなぁ〜〜!もちろん、オルタナ以降の方が、ロックンロールの質やクオリティは断然高いと思います。スタジアムからロックをストリートに戻したのが、やはりオルタナやその後のロックになるのだし。

しかし、いろいろな縛りや、こうでなきゃってのを取っ払って、好きな音楽をとことん楽しむ!ってこの時代の方があったように感じるんだよね!私の青春時代の曲だからってことは、もちろんあると思うんですが。そう言えばアンディさんんって、シェクターのテレキャスター使ってたんですね?ストラトだけだとばかり思っていたので、ちょっとビックリなんだけれど、

硬くて、これももう何回も言ってますが、やっぱり丁度良い加減に歪んだギターの音色がグッドです!ジョーンズさんのギターサウンドも同じくで、レスポールのもっとダイナミックな音ですが、木が鳴っているのが分かる音が、これぞエレクトリクギターの醍醐味を感じさせてくれます!ソロアルバム「サンダー(1987年)」に伴う、日本公演を私は見に行ったのですが、

ジョーンズさんが居なくて、がっかりしたものです!
このお二人が組んだからこその音楽だと思うから・・・。

そしてこの曲は、ドン・ジョンソンさんの渋い演技で人気のあった、米ドラマ「マイアミ・バイス2(1986年)」のサントラに収録されたナンバー!やはりあの時代を象徴するような音楽なのかなぁ?でも未体験の若い方々にも、聴いて欲しいですね・・・。


本日の1曲「♪レイン・カムズ・ダウン(When The Rain Comes Down)(1986年)」は、米ビルボード 100で最高位73位を記録しているようです。






posted by のぶそうる at 22:03| 東京 🌁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする