BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

2020年10月08日

1314.♪パナマ!




レスト・イン・ピース!
ミスター・エディ・ヴァン・ヘイレン!


♪Panama/Van Halen(1984年)


ヴァン・ヘイレン!さん

そして今宵はエディさん追悼です。

先日、サミー・ヘイガーさんが、同じく元ヴァン・ヘイレンのベーシストである、マイケル・アンソニーさんや、レッド・ツェッペリンのドラマー、故ジョン・ボーナム氏のご子息、ジェイソン・ボーナムさんたちと組んで、カヴァー曲を今ネットにアップしているのを堪能していました!ヘイガーさんは、老いて益々ではないけれど、今もエネルギッシュで、おお〜!って感動しちゃってました。

そんな時に、そう言えばエディさんはどうしたんだっけ?そうだぁ〜、また癌が再発して闘病されてるんだよなぁ。音沙汰がないので心配だ。と思っていたら、昨日早朝のラジオから、エディさん逝く・・・の報道が。いやぁ〜、一瞬固まってしまいました。しかも、エディさんのご子息、そう、ついに2012年にアルバム「ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース(2012年)」で、

ついに共演を果たしたばかりの息子さん、ウルフガングさんが自ら、声明を出されたそうで・・・。まだ65歳だったそうですね?いやぁ〜〜、まだまだ早いですよねぇ?そして、長年ずっと闘病されていたんだってね?知らなかったです。何と言っても私たちの世代のギター小僧は、皆、エディさんのギターに影響されているはずです。

私は途中でギターは途中で辞めてしまったんですが、ライトハンド奏法(今で言うタッピング奏法)はもちろん、アームを使って♪ギュイ〜ンギュイ〜ン揺らしたり、ピッキングハーモニックスで♪キュイ〜ン・・・って演ったり、今でもエレクトリックギターを弾くと、絶対これらを演りますもんねぇ!正にギターの革命児だったエディさん!今宵はエディさんのギターにフォーカスすると共に、エディ・ヴァン・ヘイレンさん追悼です!

この頃のメンバー

エディ・ヴァン・ヘイレンさん(ギター)
アレックス・ヴァン・ヘイレンさん(ドラムス)
マイケル・アンソニーさん(ベース&コーラス)
デヴィッド・リー・ロスさん(ヴォーカル)

ウキウキワクワク
アメリカンロックンロール!
エディさんのギターの魅力が
存分に詰まったナンバーですね。

デビュー作「炎の導火線(Van Halen)(1978年)」今振り返ってみると、このアルバムが一番好きだなぁ!と感じます。よっちゃんさん(野村義男さん)が追悼されてましたが、このアルバムはヴォーカルを抜かせば、ギター、ベース、ドラムスの、正にロックで言うところの、最小限のパートだけで成り立っている作品なのに、今の時代のようなたくさんの音を詰め込んだ音に、全く負けないインパクトがある・・・。

そのようなことを、おっしゃっていらっしゃいましたが、ホント今聴いても違和感がなく、逆にエディさんのギターサウンドが新しくも聴こえて来るぐらいで、やっぱり凄かったんだなぁ!また聴いてて感じました。なのでこのアルバムからって思ったんだけれど、私の青春時代の作品!今ちょうど'80年代にまた魅せられているところなので、今宵はこのナンバーです!

もう説明の必要のない、世界中で大ヒットした、彼らの通算6作目の「1984(1984年)」からの、これまたヒットシングル・ナンバーです!イントロから、エディさんのギターが炸裂していて、これぞ'80年代のアメリカン・ハードロック・ナンバーだぁ!ポップなんだけど、しっかりとハードでパワフルで、メロディアスで・・・ちょっと辛い時期が続いている今、ガツ〜ンとかまされて、

ウキウキワクワクしちゃいます!

エディさんはこの頃は、独特の図柄のボディを持つ、通称フランケンを使っていらっしゃいますが、シャーベル社製ではなくクレイマー社製を使っているんですよね?最終的に、エディ・ヴァン・ヘイレン・ギターズでしたっけぇ?彼の名前を冠に付けたメーカーを立ち上げたようですが、基本的なサウンドはいつも、エディさんの音ですよね?最初は、ストラトタイプのギターに、ギブソンやダンカンのピックアップを自身で付け替えてと、

この方やっぱり職人だなぁ!ウィキペディアを読むと、ピアノはもちろん、ヴァイオリンも弾けたそうですから、天性の器用な職人さんだよ〜!そしてこの曲では、ぶっとい音のバキングのリフも、ソロでのライトハンドも、アーミングも・・・すべてが楽しめるんだよねぇ!デイヴさんの渋いヴォーカル、タイトでがっちり土台を支える、アレックス&マイケルさんのリズム隊も、

そしてもちろん、曲自体が魅力に溢れるロックンロール・ナンバーですね!そう言えば、デイヴさんが脱退して、サミー・ヘイガーさんが加入することになる次作「5150(1986年)」のツアーでは、スタインバーガー社製の彼のモデルも作っちゃって、使ってましたよねぇ?赤を基調にした、独特な模様が、スタインバーガーにも描かれているとは?と思ったものです。

こうやってエディさんのギターをまた聴き直していると、ホントまだまだ聴きたかったなぁ!と強く感じるばかりです。テクニカルなギターばかりでなく、時には渋いブルージーなフレーズも他の曲では堪能出来るし、何よりもまず、曲が良いんだよなぁ!リアルタイムで体験しているから、どうしても贔屓しちゃうのは否めないけれども、

エレクトリックギターの楽しさを、存分に披露してくれて、そして皆も一緒に楽しもうよ!って、いつも、満面の笑顔をを見せてくれたエディさん!彼には湿っぽいのは絶対に似合わないよね?なので、最後は笑顔で笑って、お別れを。

最高のギタープレイを
最高のロックンロールを
最高のナンバーを
最高の瞬間を

本当にありがとうございました!

エディ・ヴァン・ヘイレンよ永遠に!


※本日の1曲「パナマ(Panama)(1984年)」は、米ビルボード・ロック・シングルチャートで最高位2位、米ビルボード 100で最高位13位、カナダでは最高位15位、アイルランドのシングルチャートで最高位30位、英国では最高位61位・・・を記録しているようです。アルバム「1984(1984年)」は、カナダのアルバムチャートで最高位1位、米ビルボード 200で最高位2位、スウェーデンで最高位4位、オランダで最高位8位、オーストラリアと旧西ドイツでは最高位11位、オーストリアとノルウェーで最高位12位、英国とニュージーランドでは最高位15位・・・を獲得しているようです。米レコード協会からこのアルバムは、ダイアモンドに認定されているようです。エディさん、心よりご冥福をお祈りいたします・・・。








posted by のぶそうる at 23:38| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする