BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

2020年10月13日

1316.♪野生の風!




洋楽ベースだけど、
やっぱり和の旋律だよね?


♪野生の風/今井美樹(1987年)


今井美樹!さんご登場です。

作詞:川村真澄さん
作曲:筒美京平さん
編曲:久石譲さん

映画「漂流教室」の主題歌

エディさんのご逝去にショックを受けていたら、今度はニッポンの歌謡界の歴史を作った、名作曲家である、筒美京平さんが亡くなられてしまったようです。このところ続きますよね?時代が過渡期を迎えているのでしょうか?今年は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう年になってしまったし・・・。悲しいです。さて筒美さんは、昭和・平成を存分に駆け抜け、私たちニッポン人に、たくさんの希望を与えてくれた方!

古い曲でも、なぜか一緒に歌えるのには、驚きます!それだけ彼の作曲した曲が、いろいろなところで、時代を問わず流れているからなんでしょうねぇ?ウィキペディアや記事で読んだのですが、彼が作曲した作品の総売上枚数が(オリコン調べで)7,560.2万枚で、日本の作曲家の歴代No.1だそうですね?第2位は小室哲哉さんで、7,184.6万枚。第3位には織田哲郎さんが、4,180.5万枚と続くそうです。

小室さんも、期間を考えたら凄いことになりますが、3位の織田さんになると、一気に4千万に落ちるので、いかに筒美さん(もちろん小室さんも凄いのですが)が、ヒットソング作曲家だったことが分かります!しかし寝ていらっしゃったのかなぁ?心配してしまいますよね?そしてその引き出しの多さにも、驚かされます!どんだけのジャンルを知っていて、アイデアを持っていらしたんでしょうか?

やはり天才っていらっしゃるんだよねぇ?

今宵は、えええ?これも御大の作曲だったのかぁ?と、改めて知ったナンバーを、御大、筒美京平さんへの追悼としてご紹介したいと思います。今井美樹さんの、通算2作目のアルバム「elfin(1987年)」収録で、2作目のシングルナンバー!私が好きなのは、このアルバムやベストアルバム「Ivory(1989年)」に収録されている、アルバム・リミックス・ヴァージョンです!

ゆったりとまったりと
ストリングスの流れも豪華に
美紀さんの可憐な美声が!
やっぱり
和の旋律に癒されます・・・。

この時代って、ニッポンはバブル真っ只中!お洒落なニューミュージックが、幅を利かせていて、とても洒落た歌謡曲が続々と出て来た時代。でもそういうシーンも終わりかけてたのかなぁ?でもやはり今聴くと、洒落ていて、美しい旋律ですよね?リアルタイム時の私は洋楽ロック少年だったので、凄く苦手な音楽だったんですが、社会人になりたての'90年代に入ってから聴いて、急に虜になって行ったんですよねぇ。

今思い返せば、今井美樹さんが最初だったんだなぁ?邦楽のニューミュジック系は?アコースティックギターの音色が、シンプルに響くイントロから始まって、ゆったりとまったりと珠玉のメロディが!歌詞も良いですが、この曲は旋律が素晴らしいなぁ!今聴くと、さらにその美旋律にやられてしまいます!そう言えば、ウィキペディアからの情報なのですが、久石譲さんが初めて今井美樹さんの曲の編曲を担当した曲でもあるようですね?

なるほど!クラシカルミュージックのような、生ストリングスがバックで厳かになり響いているところなんかは、そうだったのかぁ?と今感じるばかりです。ただこの曲はやはり、今井美樹さんの可憐で壊れそうなのに、なぜか力強さも感じられるその歌声ですよねぇ?まだ、布袋さんと結婚される前の美樹さんの世界で、ロック色がない?やっぱりニッポンのジャズ/フュージョン系ですかね?

洒落たコンサバな・・・ってもう死語かなぁ?、あの時代の美しい日本の歌謡曲ですね!布袋さんとのコラボもピッタリ合ってますが、私はこの時代の美樹さんの歌の方が好きですね!今回また聴いていて感じています。久石さんのアレンジがこの曲は、大きいですね?とは言え、御大、筒美さんのメロディがなければ、成り立たないわけですから、

美しい〜筒美旋律!

と言うべきでしょう。洋楽っぽいのに、しっかりと和のせつない要素がいつも入っている?御大の音楽にはそれが感じられません?ニッポン人の琴線に触れるってところですかね?久石さんはもちろんこと、これからは筒美さんを継ぐ人たちの時代!ニッポンには、たくさんの素晴らしい作曲家がいらっしゃいます!

筒美さんといっしょにお仕事をなされた方々も、憧れていた方々も、たくさんいらっしゃることでしょう。そんな方々が、必ずや筒美さんの魂を継承してくれると思います。今井美樹さんにも感謝したいですが、

筒美京平さん

心からご冥福をお祈りいたします
最高の音楽を、
ありがとうございました。









posted by のぶそうる at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする