BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

2020年10月15日

1317.♪I WANT YOUR LOVE!




凄い人たちだったんだよねぇ?


♪I WANT YOUR LOVE/DEAD END(1989年)


デッド・エンド!さん出番です!


いつの間にやらギターにフォーカスしてしまっている?いや今夜は、ベース&ドラムスの、リズムセクションにフォーカスするぞ〜!エディ・ヴァン・ヘイレンさんの訃報があって、筒美京平さんも逝ってしまわれて・・・ショックをまだ引きずっているのですが、デッド・エンドのギタリストの、YOU(足立祐二さん)さんもまた、今年の6月に、極楽浄土に旅立ってしまわれたんですねぇ?

いやぁ〜、YOUさんはまだ56歳だそうで、これまたショックですよね?私は彼らは、それほど聴いたグループではないのですが、と言うか、MORRIEさんのヴォーカルがちょっと苦手で、ほぼ聴かなかったグループでした。ごく最近に、昔の音楽仲間から、このアルバムなら行けるよ!って貸してもらって、おお〜!って、好きになったアルバムでした。

彼らはま紛うことなき、'80年代のニッポンを、いや、日本を代表するロックグループですね?なので、残念な思いをしていらっしゃる方々がたくさんいることでしょう。YOUさんへ、心よりご冥福をお祈りいたします。何だかこのところ訃報が多くて悲しいのですが、今宵も追悼になってしまうなぁ。今宵は、彼らの通算4作目のアルバム「ZERO(1989)」収録のナンバーです!

メンバー

MORRIEさん(ヴォーカル)
YOUさん(ギター)
"CRAZY"COOJ JOEさん(ベース)
MINATOさん(ドラムス)

彼ら独自の世界の中で
物凄いグルーヴとメロディが唸る!
やはり彼らは凄かった・・・。

COOL JOEさんとMINATOさんのリズム隊にフォーカスと思ったんですが、このグループは四人すべてが凄いですから、すべてにフォーカスになっちゃいますねぇ!もちろん曲自体もポップ色もある、名曲です!まずはドラムスのMINATOさん!一人地味な印象のルックスですが、どっこい!この曲ではいきなりイントロから、♪ドカドカドコドコ・・・、硬く張ったスネアのシャキっと際立ったドラミングが聴こえて来て、

一気にDEAD ENDのグルーヴが始まります!この時期のライヴ映像を見ると、COOL JOEさんはフライングVのベースを使っていたんですね?そんなCOOL JOEさんの、縦横無尽に動くピッキングの疾走するベースが、タイトでテクニカルなMINATOさんのドラミングと絡み合って、ミドルテンポの曲なのに、凄いグルーヴで押しまくって来るぞ〜!

そこに、ストラトキャスターにエフェクトを存分にかけたYOUさんの、独特のギターが入って来る!ハードロックなんだけど、どこか英国のニュー・ウェイヴを彷彿とさせるフレーズが、やっぱりハードロックじゃないよなぁ?と。でもYOUさんは、マイケル・シェンンカーさんが在籍していた頃の、UFOさんに影響されているようですね?となるとやっぱりハードロックだよねぇ?

・・・なんて、この方も、たくさんの引き出しを持っていらっしゃるので、何でも出来ちゃうってやつだよなぁ!シングルコイルのストラトなのに、太い音が出てるのも、音作りの名手ってとこでしょうか?後他の曲で聴ける、エフェクトをかけたアルペジオの音がドキッとするような音とフレーズで、これはこの時代の特徴ですかね?キーボードの代わりをギターが担っているような感じ?'80年代に出て来た奏法であり、音なんですかねぇ?

そんな豪華絢爛なバックサウンドに支えられながら、MORRIEさんの低く、艶のある、粘着系の独特な歌声が飛び出す!考えてみたら、私が好きだった英国のニュー・ロマンティックスのシンガーさんたちも、粘着系でこういった歌声だったんだよなぁ?でも、何だろう?おどろおどろしい雰囲気だなぁ!が、ちょっと怖くて苦手でした。オカルトチックな歌詞も怖さ倍増で、いやでしたねぇ!(ファンの方々、すいませんm(__)m)

でもMORRIEさんは、今聴いて見ていると、何か歌舞伎とかサムライとか、ニッポンを感じる人だよねぇ?と、あの頃と全く違う感じ方をしてしまうのが不思議です。日本人離れした端正な顔立ちの方なのに、なぜでしょうか?そう思うと彼の歌い方とかも、纏っている服なんかも、とてもニッポン的に見えて来て・・・面白いですね?欧州デカダン風だと認識していた方なのに。

そうなって来れば、他のメンバーが奏でる音色も、何かとてもニッポンを感じてしまうなぁ?欧米に影響を受けたロックグループなのに、なぜだぁ?当時ロック系の雑誌で、欧米のアーティストのインタビューで、ニッポンのロックバンドのことをどう思う?って聞くと、やっぱりオリエンタルでアジアの香りがするよね!って、皆さんおっしゃっていたのを思い出すのですが、

当時は、やっぱり彼られには追いつけないのかぁ?なんて思っていたけれども、実は褒め言葉であって、長い歴史を持つニッポンの味ってやつが、やっぱり私たち日本人にはあって、それが知らず知らずの内に出てしまうのは、当たり前のことなんだよね?今クール・ジャパンって言われて、ニッポンの漫画やアニメなんかが世界中で人気ですが、あの頃は何となく卑下されていたように感じていたから、嬉しいことだよねぇ!

そんな、ニッポンの香りを纏ったDEAD ENDさんたちは、良く言われることだけど、出て来るのが早過ぎたのかなぁ?今彼らが二十代で出て来たとすれば、ラルク・アン・シェルさんたちの亜流?(実は逆でラルクさんたちが影響を受けたようですね?)でなくて、シーンを引っ張って行ったんじゃないでしょうか?いや、'90年代初頭に現れた!って言うのが最高の時期でしたかね?

解散して20年の年月を経て、新作をリリースしてシーンに戻って来てくれた彼らですが、今風のヘヴィな音を出して、進化した御姿を見せてくれたようですね?私は聴いてないので分からないのですが、機会作って聴かなきゃぁ〜です!

ニッポン最強のロックグループ?
今も色褪せず・・・。

YOUさんのご冥福を重ねてお祈りいたします・・・。


本日の1曲「♪I WANT YOUR LOVE(1989年)」収録のアルバム「ZERO(1989年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位21位を獲得しているようです。未体験の方々には、ぜひ体験して欲しいアルバムです。







posted by のぶそうる at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする