BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

2020年10月20日

1319.♪地下室のドブねずみ!




疾走してるのに揺れるグルーヴが
やっぱりエアロスミスだぁ!


♪地下室のドブねずみ
Rats In The Cellar(1976年)


エアロスミス!さんたち続くぞ〜!

やっぱり彼らはカッコイイなぁ!

今回また聴いていて強く感じます!理屈抜きなんだよねぇ〜、ロックンロールって?やっぱりこのグルーヴと、リズミカルに歌メロ、そしてドライヴするギター!これなんだよなぁ?しばらく'70'sロックはご無沙汰していたんですが、ノリノリになっちゃってます!(笑)そしてベースのトム・ハミルトンさんは、このナンバーでは地味なんだけど、意外に動きのあるラインを弾いてブイブイ鳴らしていますね!でも彼らはやはり、

スティーヴン&ジョー!

・・・さんのお二人なのかなぁ?

ライヴでスティーヴンさんに寄り添って、一つのマイクで一緒に歌うお二人を見て入ると、ホント絵になるよなぁ!ミック・ジャガー&キース・リチャードを継ぐお二人?ただこれも、トム&ジョーイさんたちのリズムセクションが、土台をきっちりと支えているからこそ、そして、ブラッドさんのギターもあるからなんでしょうねぇ?正に、素晴らしい5人のアンサンブルですね!

今宵も彼らの通算4作目のアルバム「ロックス(Rocks)(1976年)」収録のナンバーを!このアルバムだと、「♪バック・イン・ザ・サドル(1976年)」や、「♪ホーム・トゥナイト(1976年)がシングルカットされているし、有名どころだと思うんだけれど、私は今夜のこの曲が今回聴いてて、おお〜!って一番ノッてしまった曲です。

疾走する速いロックンロール!
でも、
横揺れするグルーヴが彼ららしくて
ホントカッコイイです!

一気に突っ走る、あの頃の正にアメリカン・ロックンロールなのに、どこか揺れるグルーヴを感じるのはなぜなんだろう?やっぱりトムさんとジョーイさんのリズム隊が、うねっているからだろうなぁ?'80年代のように、真っ直ぐにリズムを刻んでないんだよね?いわゆる、ルートでベースが刻まれてないから、揺れるんでしょうね?後、ジョーさんとブラッドさんのギターも、

この曲は直線的なプレイなはずなのに、やはり揺れてるんだよなぁ!ヘッドバンキングじゃ合わなくて、やっぱり、踊っちゃう方が合うよねぇ?ここらへんは前回も書きましたが、あの時代、'70年代のロックンロールなんだよなぁ。そしてこれこそが、正統派のハード・ロックンロ−ルってことだよね?ギターも結構歪ませているのに、ソロなんかでは音の粒がちゃんと聴こえて来て、

意外に歪んでないんだよなぁ?って思うし、でもがっつりとしたギターサウンド!やっぱりギターのお二人もこれぞロック!と言うしかないですね。結構速いテンポのナンバーなのに、どう聴いたって、エアロスミスさんって分かるもんなぁ。曲の構成もいたってシンプルで、♪出来るなら捕まえてみろよ〜!なんていう歌詞も、ロックンロールここにありだよね?

スティーヴンさんのハーモニカの調べも聴こえて来て、ブルージーな雰囲気もあるし、もうこれは理屈じゃないんだよねぇ!聴くんじゃなくて感じるんだぁ!これこそがロックンロールじゃぁ!って、今回彼らの曲を堪能していて強く感じるばかりです。2000年代に入ってからのライヴでは、経験を積んでいる分、いぶし銀?の、正にベテランのパフォーマンスを見せてくれていて、

練りに練り込まれたヴァージョンが聴けます!これ聴いちゃうと、また彼らのカッコイイところを感じちゃいますね!'80年代には彼らはグループ存続の危機を迎えたことがありましたが、結局はギターのお二人がまた帰って来て、'90年代にはまた彼らの新しい魅力を披露して、次の時代へ、そして今も第一線で活躍する5人!ホント凄ぇ〜〜なぁ!のひと言だよね?今後の彼らにも、まだまだ演って欲しいところです!

'70's
アメリカン・ハード・ロックンロール!
やっぱり今聴いても、
理屈抜きでカッコイイですねぇ?


※本日の1曲「♪地下室のドブねずみ(Rats In The Cellar)(1976年)」収録のアルバム「ロックス(Rocks)(1976年)」は、米ビルボード 200で最高位3位、カナダでは最高位14位、オーストラリアのアルバムチャートで最高位45位、スウェーデンで最高位46位・・・を獲得しているようです。紛れもなく、'70年代を代表するロックアルバムですね?










posted by のぶそうる at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする