デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2010年11月30日

175.♪サイレント・ナイト!

本日は、

♪Bon Jovi.です!


♪Silent Night./Bon Jovi.(1985年)


♪試聴へ!

Bon Jovi/7800 Fahrenheit (Ltd)



イイ〜曲です!

今宵と明日、東京ドームで来日公演なんだよねぇ〜!

今回は行く予定だったんだけど、

都合悪くなっちまって・・・行きたかったなぁ〜!

思い返してみるとBon Jovi.は、

一度もコンサートに行ってなかったって、最近気が付いたんですよぉ〜。どんなサウンドが好きだった時代でも、スティングと共に彼らはいつも聴いてましたぁ!最近は、「Lost Highway.」が好みで・・・今年はこのアルバム、良く聴いたなぁ〜。

そんなBon Jovi.の、

初期のアルバムを、久々に引っ張り出しましたぁ!

ジョンは、

思い出したくない過去!・・・と、1st.、2nd.の、初期2作品を毛嫌いしているようですね。

青かったからなぁ〜!ってことなのかなぁ?

私も彼らのベストは?と問われれば、

3rd.アルバムの、

「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ Slippery When Wet.」

を真っ先に上げる!

セールス的にも、楽曲のクオリティも、そして、彼ら自身が、十分納得出来た作品は、このアルバムからだろう!

ずっとそう思ってましたぁ。

でも、

改めて初期に触れてみると、どっこい!全然聴けるじゃぁ〜ん!って言うか、こっちの方がイイんじゃない?なんて感じたなぁ〜。実は最近、Bon Jovi.ファンの友人や知人に直接聞いてみたり、ネット経由でみてみたりしたんだけど、おんなじ意見が多いんだよねぇ〜!

ウェットで、
せつなさがある、哀愁系で
ジョンのあま〜い歌声があって
でも、
分かりやすくて、
メロディアスで
もちろん、暗くなくて、
軽快なロックンロールもあって

・・・・・長ぇ〜っ!失敬m(__)m

こういうとこが、

実はBon Jovi.らしいとこなんじゃない?

今だってそうじゃん?って突っ込まれそうだけど、

無理に、ワイルド&タフに、
無理に、しゃがれた声で歌う
土着系じゃなきゃならないって感じてる

・・・・・このへんが実は、らしくないなぁ〜って。

そんな風に感じてしまったんだけど、どうでしょうか?

そんなこと言ったって、好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いだよぉ〜!結局音楽って、好みの問題になっちゃうんだよねぇ?趣味思考ってのは、千差万別なのが当り前だし・・・。

でも、

クィーンもそうでしたが、ニッポンから人気が出たグループの、Japan.!彼らも似てて、シンガーの★デヴィッド・シルヴィアン曰く、初期2作品は、屑だなぁ!って一蹴してるんだよね。彼らの初期2枚も、おんなじように意外と支持されてるんだよねぇ〜。

ちょっと話が逸れてしまった!

さてさて、聴きどころは?

ジョンの気張ってない、自然なヴォーカル!
王道の、しっとりあま〜いバラードですねぇ〜!

メンバー

Jon Bon Jovi.(リードヴォーカル&ギター)
Richie Sambora.(ギター&バックヴォーカル)
Alec John Such.(ベース&バックヴォーカル)
Tico Torres.(ドラムス&パーカッション)
David Rashbaum.(キーボード&バックヴォーカル)

調べてみると、

1st.デビュー・アルバム、「夜明けのランナェイ Bon Jovi.」の成功で生活が変わってしまい、メンバー全員が別れを経験!って訳で、別れの歌が多いんだとか。そう考えてみると、そうだなぁ?このアルバムには、これぞウェット系珠玉のバラード、♪Only Lonely.や、タイトなリズムの軽快ロックンロール、♪In And Out Of Love.そして、これも美メロ炸裂の、♪The Hardest Part Is The Night.それから本日のナンバーの、♪Silent Night.を入れて、4曲がシングルになってます。

そして、

ニッポンのファンのみんなへの、感謝のしるし!である、♪Tokyo Road.が収録されてますぞ〜!チャート・アクションはまだまだ芳しくなったようですが、いずれも今の季節には特に、心に染み入る名曲揃いではないかなぁ〜?って思います。
さて、♪サイレント・ナイト!

クリスマス・ソングなんだよねぇ〜!

エコーをかけたようにこだまする、デヴィッドのキーボード・サウンドが、フワ〜〜ッと浮かんでいるように響き渡る!これが、クリスマスだぁ〜って雰囲気を存分に出してるなぁ〜!もわ〜っとしてるようで、シャキッとクリアな絶妙な音ですよねぇ〜。上手いっ!

ドライヴしたリッチーのギターが、パワー・ポップ・サウンドを、パワー・バラードを作り出してます!

しかしその陰で、乾〜いてて、シャリッとしたリズムを刻んでる、★アコギがイイ味出してるぅ!PV.観ると、ジョンがアコギを弾いてますが、どっちなんだろう?支えてますよぉ〜。

今聴くとこの時代の音って、

どうしてもクリアーで、高音重視の音!

低音がグングン迫ってくる現代のサウンドを聴いた後なんかには、ちょっと白けてしまうんだよねぇ〜。これは正直感じます!ただ、★ダウンチューニングして、おどろおどろしいほどの低音ばかりを強調するサウンドよりは、断然、こっちだなぁ〜って思う。私、ダウンチューニングのサウンドって、聴いてて恐くなっっちゃうんだよねぇ!(苦笑)(好きな皆さん、失礼致しますm(__)m)

しっとりとした、

特に女性の方には・・・あま〜く感じられるでしょう!

王道のバラードですね!

リッチーの間奏のギター・ソロ!

彼らしいトリッキーな速弾きも出しつつ、いたってシンプル!クリスマスを意識したフレーズだよねぇ?しつこくないし・・・イイ仕事してるなぁ〜しかし・・・!

そんでもって、ジョンのボーカル!

若干、しゃがれ声を意識してるようにも聴こえるんだけど、

気張ったり、過剰に意識したりしてない、素のジョンがここに居ます!あまい声だなぁ〜!しかもあのルックス!ホント、羨ましい限りですが、改めて聴いてみて、イイ歌声だし、上手いよなぁ〜って、素直に感じます!

あまいんだけど、ヤワじゃないんだよなぁ!

力強さも十二分にあるし・・・。

やっぱ、天性だなぁ〜って嫉妬しているシンガーが、たくさんいるんじゃないだろうか?

ひとまず、

「Lost Highway.」は引っ込めて、1st.と2nd.にどっぷり浸かってみよう!

本日のナンバーは、

2nd.アルバム、「7800° Fahrenheit.」(1985年)に収録で、4曲目のシングルカット・ナンバー。Billboard.Mainstream Rock Tracks.このチャートで、24位を記録しています。アルバムの方は、全米ポップ・アルバムチャートで37位、全英アルバムチャートで28位と、まだまだセールス的には及んでいませんが、我が国ニッポンでは、5位を記録してるんですよぉ!日本が最初に支持した国なんですねぇ〜。

今も、

日本のファンへの感謝を忘れていない!

・・・と、ジョン始め、メンバー全員が日本贔屓のようですねぇ。

アレックは脱退してしまいましたが・・・。


聖なる夜
居ないんだよね
もうここに
分かり合えると
信じてたのに
(のぶそうる作)

未体験の方々には、

ぜひ、聴いて欲しいなぁ〜!

アルバムまるごと。

今宵は、

ライヴに行けなかったんで、

Bon Jovi.のクリスマス・ソングを

堪能だぁ〜〜〜〜〜っ!







posted by のぶそうる at 23:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
news-umiさん、
TB.ありがとうございますm(__)m

Posted by のぶそうる at 2010年12月01日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171305538

この記事へのトラックバック

シルヴィア 高嶋
Excerpt: シルヴィア、肺ガンで死亡!まだ52歳・・・ | 2ちゃんねる芸能NEWS シルヴィアさんが肺ガンで亡くなったそうです。 シルヴィアさんと言えば、「ロス・インディオス&シルヴィア」で女性ボーカリストとし..
Weblog: 最新ニュースの海
Tracked: 2010-12-01 10:21