ベルメゾンネット デル株式会社

2015年12月14日

713.♪横須賀ストーリー!




こちらは・・・ロカビリー?


♪横須賀ストーリー/山口百恵(1976年)


山口百恵!さん再び・・・。

この曲も、カッコイイんだよなぁ!

・・・と言うわけで今宵も、

山口百恵さんのナンバーです!

作詞:阿木燿子さん
作曲:宇崎竜童さん
編曲:萩田光雄さん

オリコンのシングルチャートで最高位No.1を獲得した、

彼女の通算13作目のシングルです!そしてこの曲収録のアルバム「横須賀ストーリー(1976年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位3位を獲得しているようですね。調べて改めて知ったのですが、百恵さん自ら、阿木・宇崎ご夫妻にお声をかけて、ぜひ曲を作って下さいということで出来上がったのが、

本日の1曲だったんだってねぇ?宇崎さんが歌われていた、「♪港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(1975年)」から、

♪これっきり これっきり もう 
 これっきりですかぁ!

・・・が新たに生まれたんですねぇ?

'50'sロカビリー風+
'70'sスモーキーポップス?
百恵さんに正にピッタリで
これぞ、
百恵ワールドですよねぇ!

自分っていうものをしっかりと持っている、潔く今を生き抜く女性!この曲から、そんな百恵さん像が出来がったようです!私は、もう最初っからそんな、凛とした女性のイメージを感じていたんですが、そうだったんですね?まず今回聴き直してみて感じたのは、

やはり宇崎さん!ロカビリー風なロックンロールがベースにあるカッコイイ曲だなぁ!と感じます。サックスも入って来るし・・・。そしてこの時代独特の、豪華な生楽器演奏のスモーキーポップスがブレンドされる。芯のある凛とした女性の雰囲気と、ピッタリハマりますよね?と言いつつも、前述した、

♪これっきり・・・の歌詞や歌い回しなんかは、とても柔らかい女性を感じます!

ここらへんが何とも表現出来ない、魅力なんだよ〜!百恵ワールドってやつですよね?この日本語の響き!母音の抜けるところと、すべてがそうではないけれども、七五調に区切られるところが、心に入って来るんですよ〜!やっぱりDNAで、ニッポン人に脈々と受け継がれるものがあるんでしょうか?

もちろん主役は百恵さんの歌なんですが、

キリリと引き締まった凛とした歌声!でも、優しくて、柔らかぁ〜い女性らしい歌声!この相反する二つが、絶妙に同居しているように感じます。まだまだお若いのに、これだけ説得力のある存在感!素晴らしいですよね?この時代の若者は、今と違って大人びてる!なんて言われていたそうですが、

それこそが百恵さんの武器だったのかも?

でも、

どこかいつも優し〜いんだよなぁ?

今宵はまた、
百恵ワールドに、
浸りたいと思います〜!


posted by のぶそうる at 22:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431174552

この記事へのトラックバック