日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2015年12月26日

718.♪どんなときも。



心がこもってますよね?


♪どんなときも。/槇原敬之(1991年)


槇原敬之!さん。

'90年代を代表するポップソング!

言わずとしれた有名なナンバーだと思いますが、当時のリアルタイム時には私は、全く興味がなかったんですよ!もう絶対的に洋楽で、バンドなんか演っていたし・・・この曲も、ニッポンの軟弱なニューミュージックだろ?そんな、とんでもないことを感じていました。

しかし、時は流れて中年と呼ばれる年齢になって、改めて聴いてみると、何て素晴らしい曲なんだぁ!歌詞もイイし、メロディもきれいだし、最高のナンバーだよ〜!何なんでしょうね?気が付けば、槇原さんのファンになってましたから不思議なもんです!

この槇原さんは、中学生の頃から作曲をしていて、坂本教授の某ラジオ番組にて、自身の曲を送って・・・評価を受けていたってんだから、やっぱり違ったんですね?天才ってことだぁ!親しげで優しいその笑顔に騙されてはいけない!凄いミュージシャンだぞ〜www

ということで今夜は、オリコンでNo.1!を獲得した、彼の通算3枚目のシングル!映画「就職戦線異状なし(1991年)」のテーマソングになった曲でしたぁ。織田裕二氏らと共に、今現在テレビに出ずっぱりの、坂上忍さんもこの映画に出演されていたんですよね?時代を感じるなぁ。

作詞、作曲&編曲:槇原敬之氏

練り込まれ、
洗練されたサウンドにメロディ!
でも
とても人間味があって
・・・あったかくないですかぁ?

イントロから、オシャレ〜なキーボードの音色が響き渡って、カッコイイぞ〜!スタイル・カウンシルさんなんかに通ずる、品のある雰囲気がまたイイですね?来たる'90年代!ってことで、シンセサイザーも使っての、巧みで硬質な、シャキッと際立った音が、爽やかだぁ!

ところが、オシャレでカッコイイなぁ!と聴いている内に、凄い人間臭い感じがしてくるんですよね?歌われるその、熱い?実直な歌詞もあるんだろうけれど、これこそが槇原節なのかなぁ?ハイトーンでストレートで、伸びやかなイイ歌声なのになぜなんだろう?

心が入っているからだよ〜!

そうかぁ〜

伝えたい気持ちが強いし大きいから、自然と曲に魂が入るってことでしょう!あったかいもん!天才も、実は努力していらっしゃるんでしょうね?もう24年も前の曲ですが、一周回って今に通じていません?ミュージックビデオを見ていて、あれ?と思ったんですが。ツーブロックとか、スリムジーンズとか・・・。

王道のポップソング!

いや、

心のこもった手作りの歌!

堪能しましょう!








posted by のぶそうる at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック