海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

2016年02月28日

748.♪ギフト・ウィズ・ア・ゴールデン・ガン!




今宵注目のギタリストさんは?


♪Gift With A Golden Gun/TOTO(1981年)


TOTO!の皆様方

そして、

スティーヴ・ルカサー!さんですね!

この人を忘れちゃいけません!思い返してたら、中学一年生の頃の年末にFMラジオの番組で、その年の洋楽のヒットソングを、だだぁ〜〜っといっぺんに流していたものを、カセットテープに録音しました!このテープに、後に好きになるアーティストの曲がかなり入っていたんですよね。

実はデュラン・デュランさんも、♪プラネット・アースがここに入ってて彼らを知ったんだったなぁ。今は無きそのカセットテープですが、TOTOさんのこの曲もここに入っていて、おっ!っと感じて好きになって行きましたぁ。ギターって言うよりは、全体的な音楽が!都会的で大人のロック?なんてことを感じたのを思い出します。

・・・と言うことで今夜のナンバーは、彼らTOTOさんの通算3作目のアルバム「ターン・バック(1981年)」収録で、アルバムのトップを飾るナンバーです!

ルカサーさんのアルバム?今聴いても、ギターが前へ前へと出ていて、ロックな作品ですよね、ターン・バックは?これを最初に聴いたので、TOTOさんたちってハードロックブループだよね!そんな認識で聴いてました!実は、ボズ・スキャッグスさんのバックを務めたり、数々のアルバムのバックで活躍していらした

スタジオミュージシャンの方々の集りが、TOTOさんだったんだよね!次のアルバム「TOTO IV聖なる剣(1982年)」を聴いて、ポップも何でも出来ちゃう人たちってことが、やっと分かったんですが・・・。

メンバー

デイヴィッド・ペイチさん(キーボード&ヴォーカル)
スティーヴ・ルカサーさん(ギター&ヴォーカル)
スティーヴ・ポーカロさん(キーボード&ヴォーカル)
故ジェフ・ポーカロさん(ドラムス&パーカッション)
デイヴィッド・ハンゲイトさん(ベース)
ボビー・キンボールさん(ヴォーカル)

ギター職人ここにあり!

ですね!

気が付くと、今も良く聴くアルバムなんですが、この曲!一発目のオープニングナンバーですが、ギターのイントロが流れると今も、鳥肌が立ちます!エフェクトをかけていて、クリアーに歪んだルカサーさんのギターが、当時リアルタイムで聴いた時とはちょっと違って、耳に優しいほどに聴こえて来るから不思議です。

ギンギンに歪んだロックギターって感じていたのに・・・。彼らは、ほぼ全員が歌える人たちでもあるので、ハーモニーも綺麗だし、もちろんテクニックも最高峰!キーボードやピアノもお洒落に響き渡って・・・やっぱりアダルト・コンテンポラリーなんだよね?AORってやつです!

ギターソロも他の曲では、♪キュイ〜〜ン・・・と気持ち良いソロをルカサーさんは惜しげもなく披露していらっしゃいますが、この曲では何と!カッティングなんですよね。生音に近い音色での。ここは、♪キュイ〜〜ン・・・と演って欲しいよなぁ!でも、これこそがルカサーさんで、あらゆることが出来ちゃうんで、

こんなのどう?

ってことなのかなぁ?いや、楽曲を考えて自然と飛び出して来たフレーズなんじゃないかなぁ?これがまた、とても洒落た雰囲気を演出してますもんね?この頃の彼は、フェンダーのストラトキャスターと、ギブソンのレスポールを併用していて、日本公演のライヴを後に友達の家でみましたが、ホント!職人でしたぁ!

ぽっちゃりしてて、笑顔の可愛い正にアメリカン野郎!英国人とは違って、はちきれんばかりのパワーを感じました!神経質そうで、繊細なのがギタリストだと勝手に思っていた私は、そうそう、前回のナイト・レンジャーのブラッド・ギルスさんもそうでしたが、ワイルドさを感じたなぁ!しかも、

ギターの音色は、繊細さも持ち合わせていて、とにかく曲をグングン引っ張っている!凄ぇ〜、俺もギター演りてぇ!ってなっちゃいますよね?煌びやかにライトを反射して輝くギターが、とても眩しかったなぁ。

マイク・ポーカロさん(2代目ベーシスト)、ジェフ・ポーカロさんが今はもうこの世にいらっしゃらないのが、とても残念ですが、ルークこと、スティーヴ・ルカサーさんには、彼らの分も長生きして頂き、長く活躍して欲しいところです!彼の過去のスタジオワークを集めたアルバムが、近く出るようですね?

ギター職人は、

いつまでも輝き続けて・・・。


posted by のぶそうる at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック