2016年08月30日

844.♪Private Heaven!




もう・・・最高に心地イイです!


♪Private Heaven/浜田麻里(1993年)


浜田麻里!さんご登場だぁ。


我らがニッポンにも居らっしゃるじゃないですかぁ!

ポップなロックで、爽やかぁ〜な歌を歌う歌姫がぁ!そう、浜田麻里さんでございます!最近聴いてなかったんですが、聴き直してみると、やっぱり最高ですねぇ?今宵のナンバーは、マーク・ターナーさんがプロデュースに迎えられて、

バックミュージシャンも皆さん外国人ってこともあってか、音がもうアメリカンですよね?音が乾いていて、ダイナミックで!凄ぇ〜〜って、改めて感じています!当時、「introduching...Mari Hamada(1994年)」って言う、欧州向けのアルバムが作られて、いよいよ彼女も海外進出?なんて言われていたことを思い出します。

そのアルバムのいわゆるニッポン盤が、通算14作目の作品「Anti-Heroine(1993年)」(オリコンでNo.1を達成しています)ってことになるんですよね!introducing〜の方は、全曲英語で歌っています。Anti〜の方は英語で歌っている曲もありますが、今宵のナンバーは、ちょっとメロディも違っていて、基本的に日本語の歌詞になっています!

しかし日本語になったからと言っても、いや、日本語だからこその響きが付美しいし、結果こっちの方が良いじゃぁ〜ん!なんて私は思っています。今聴いていて、麻里さんの歌声と日本語が、やっぱりしっくりくるんだよねぇ!

作詞:浜田麻里さん
作曲:大槻啓之さん、浜田麻里さん
   マーク・ターナーさん

大陸的で
乾いたダイナミックなポップロック!
そこにパワフルなんだけれど、
とても優しい歌声が!
・・・も〜〜う最高です。

シタールですよね?電子音で作られているのかなぁ?が入っていて、ちょっとアジアンな雰囲気も感じられるんだけど、やっぱりダイナミックで大陸的な、乾いたパワーロックが心地イイなぁ〜!空気が澄み切っていて、デッカイ太陽が燦燦と輝いていて、まるでL.A.に居るような感じがして、もう上がるしかないですよね?

ギターには、マイケル・ランドウさん!ソロで聴かされるその、清々しい♪キュイ〜〜ンなフレーズと音に、惚れ惚れしてしまいます!レビューしている方がいらっしゃるけれど、ホント、J-Popを超越してますね!細かいことなんか気にしないで、ドカ〜〜ン!と、メロディアスにポップに。

そんでもって、

麻里さんのヴォーカルが最高だぁ!

皆さん、改めてその歌声に魅せられてしまいますぞ〜!その力強いハイトーンがトレードマークで、ハードロックシンガーの代表のように言われていらっしゃいますが、実は透明感があって、とても優しいんだよなぁ!そして女性的で、可憐なところは、やっぱり彼女はニッポン人なんだぁ〜って痛感いたします。

この優しくて、透明感のある歌声は、

欧米人には出せない歌声ですよね?

とは言いつつ、スコ〜〜ンって上がるところなんかは、「おお〜〜!」って、パワーを感じるんですが・・・。嬉しいですよね?我が国ニッポンにも、こんなに存在感のあるシンガーさんがいてくれるってことは?2ndアルバムの「ROMANTIC Night(1983年)」を初めて聴いた時の彼女とは(この頃も衝撃的でしたが)、

ひと味もふた味も違う、経験に裏打ちされた堂々たるヴォーカルが高らかに歌われて、心にググ〜〜ッと入って来ます!この曲は、何を歌っているかよりも、そのサウンドと旋律とグルーヴにやられてしまう曲ですね!

パワフルなのに繊細な歌!

そして、

爽やかで清々しい瑞々しい歌

朝一番から行きたい珠玉の1曲です!




posted by のぶそうる at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック