2016年10月05日

869.♪あの鐘を鳴らすのはあなた!

 


カッコイイぞ〜〜〜!


♪あの鐘を鳴らすのはあなた
/和田アキ子(1972年)


和田アキ子!さんの名バラッドです。


1972年の第14回日本レコード大賞、最優秀歌唱賞を獲得した、今もジャパニーズ音楽界に燦然と輝く珠玉のナンバーです〜!これぞアッコさんっていう、しっとりと優しく始まって、サビで熱唱するっていう・・・もう言葉も出ないほど最高のバラードだよね?

作詞:阿久悠さん
作曲・編曲:森田公一さん

豪華絢爛な生楽器サウンドをバックに
アッコさんの日本語が
今も心にしみて来ます!

オーケストラ、ブラスセクションももちろんある、豪華絢爛な生楽器演奏の圧が凄いです!こんなにも音が鳴っている音楽を久しぶりに体感していると、やっぱり生楽器だよなぁ!って思います。シンセサイザーでも今は、しっかりと代わりになれる時代ですが、や〜〜っぱり、この生感にはとうてい及ばないなぁ?ひしひしと感じてしまいました。

阿久さんの歌詞も、哲学的?いやシンプルですよね?でも、悲しみの中にも希望を失わない?力強いメッセージが、今の時代にも通じていてイイです!また言ってしまいますが、アッコさんには、やはり日本語の歌が合います!母音が抜ける時の、柔らかいぁ〜くて優しいところ!絶対西洋人には出せないものがありますよね?

しみて来るんだよなぁ!

♪爽やかな希望の匂いがする・・・。

今若い方々の中で、昭和歌謡が人気だと知ったんですが、この、素直で純粋でシンプルな歌詞と、今は言わなくなってしまった言い回しなどが、新鮮に響くのかなぁ?今もシンプルで良い歌詞を書かれている方々も、たくさんいらっしゃると思うんですが、生楽器演奏のダイナミックな音共に、何だろう?

ガツ〜〜ンと来るんじゃないかなぁ?

私もこの曲がリリースされた頃は4歳ですので、偉そうなことは言えないんだけれど・・・。リズムがこの頃はしかし、忙しいですよね?ドラムが♪ドカドカ・・・ですが、ベースも、縦横無尽に流れるランニングベース!ここらへんも今の若い方々には、おお?ってことなのかもしれませんね?

アッコさんのソウルフルだけど

和を強く感じる歌声が、豪華な音共に

平成の夜にも、しっかりと響いています・・・。




posted by のぶそうる at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ら行・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック