2017年01月30日

940.♪アクシデント!




日本語の響きがイイよねぇ?


♪アクシデント(ACCIDENT)
/TM NETWORK(1985年)


TM NETWORK!さんも聴かなきゃだぁ!


我らがニッポンにも、カッコイイ〜シンセポップグループがいるじゃないですかぁ!小室哲哉さん率いる、TM NETWORKさんたちです。彼らは私は、リアルタイムではなくて、後追いでファンになった人なんですが、ロックであり、ポップでもあって、ダンスミュージックでもあるっていうその音楽に、

改めて凄いよなぁ!って感じています。今や小室さんは、プロデューサーとしての存在の方がメジャーになってしまっている?ようですが(それもまた私は好きなんですが)、やはりこのグループが彼の本質だったんだよなぁ〜って、今聴いていて感じるばかりです。

メンバー

小室哲哉さん(キーボード、シンセサイザー、ピアノ、バッキングヴォーカル他)、宇都宮隆さん(ヴォーカル)、木根尚登さん(ギター&バッキングヴォーカル)


今夜は、彼らの2ndアルバム「CHILDHOOD'S END(1985年)」収録で、

彼らの通算3作目のシングルです!

作詞:松井五郎氏
作曲、編曲:小室哲哉氏

ダイナミックなロックと
はじける、
ポップなダンスミュージックと
日本語の柔らかい響きが混ざり合って
やっぱりカッコイイですねぇ!

'80'sシンセサウンドの、今となっては味わい深く響くサウンド!ダイナミックな雰囲気を出す、小室さんのキーボードの音色、紛れもなくロックなんだけど、ポップな要素とダンスミュージックな要素が混ざり合う!今となれば普通かもしれないですが、この時代としては、独特な音楽を演られていたんだなぁ?って感じるよね?

そこに、ウツさんの日本語のヴォーカルが入って来て・・・ホント心地良いんだよなぁ!これを英語で演ると、クールでカッコイイで終わってしまような気がします。日本語の持つ、七五調とか母音が抜けるところとか、瞬時に何を歌っているかを把握出来るところとか、ピッタリ合ってますよね?

そして、ちょっとせつないメロディが、我々ニッポン人にはしみるんでしょうか?楽し気でワクワクするようなメジャーコードの曲が基本的に私は好きなんですけれども、最近、マイナー系や、ちょっとせつなくなってしまう旋律に、魅せられてしまうんですね。

2014年に新たなヴァージョンがリリースされましたが、私はこのヴァージョンが好きですねぇ!最近、テレビのバラエティ番組で木根さんは、エアーギターでしたよ!元々僕は鍵盤奏者なんで・・・。なんておっしゃっていましたが、イケメンのお二人に挟まれた、何とも優し気な木根さんの存在は、必要不可欠だったと思います!

ニッポンの
ニッポンにしか出来ない音楽

誇りに思いつつ、
ゆっくり楽しみたいと思います!

未体験の方々には、
ぜひ、アルバムも堪能して欲しいなぁ!

※本日のナンバー「♪アクシデント(ACCIDENT)(1985年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位35位、アルバム「CHILDHOOD'S END(1985年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位40位を獲得しているようです。




posted by のぶそうる at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック