デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年03月07日

961.♪ヘッド・オーヴァー・ヒールズ!



WBCがいよいよ始まりましたねぇ!今観ながら書いているんですが、まずはキューバを倒さないとですね。山田選手が逆転のホームラン?いや、ツーベースですかぁ?でも逆転です!サムライ・ニッポン、頑張って行こう!


キャピキャピしてて
可愛らしいんだよなぁ〜〜!


♪Head Over Heels/The Go-Go's(1984年)


ゴーゴーズ!の皆様方。


いやいやぁ〜、可愛らしいなぁ!ソロになって痩せて綺麗になった、ヴォーカルのベリンダさんですが、ぽっちゃりしていたこの時の方が、可愛らしくて良いなぁ!今夜もまた、'80'sロックンロールを。ゴーゴーズさんの通算3作目のアルバム「トーク・ショー(1984年)」収録で、最初のシングルカットナンバーです!

メンバー

ベリンダ・カーライルさん(ヴォーカル)
ジェーン・ウィードリンさん(ギター)
シャーロット・キャフィーさん(ギター&キーボード)
キャシー・ヴァレンタインさん(ベース)
ジーナ・ショックさん(ドラムス)

ウキウキワクワク
ゴージャスなポップンロックロール!
上がって行きましょう!

キャフィーさんのピアノが利いてます!

何か、往年の'50'sロックンロールっぽくないですかぁ?後のベリンダさんのソロのナンバーっぽさもあるよね?♪まっさかさまに落っこちて、コントロールが効かないわ〜!なんて詩が、もしかすると、忙し過ぎてストレスが溜まって、

いかんともしがたい状況の自分たちを、吐露していたのかもしれませんね?しかぁ〜し、これぞゴーゴーズ節!ゴージャスでたまらなくカッコイイです!気が付けば、彼女たちも、ショートカットの髪型をしていらっしゃったんだよなぁ。この時期って、流行っていたんですかね?

だぼったとしたシャツを着て、ちょっとセクシーな、いや、健康的な色気を魅せまくっているベリンダさんですが、こういうスタイルって、今の若い娘のスタイルと似てません?やはり、一周回って来てるんでしょうか?少し野暮ったい感じもするけれど、一人一人に個性があって、ポップにはじける感じは、やっぱり'80年代だよねぇ?

ラフ&ルーズに見せかけて、実は、カチッとしっかりした音作りも、こないだのベネターさんとおんなじで、'80年代を強く感じます!でも、今の雰囲気ともマッチしますよね?今は時代もあってか、苦しみの中から希望を見出すって言うような、真摯なところがあるけれども。

2001年に、超久々の新作「ゴッド・ブレス・ザ・ゴーゴーズ」を出された彼女たち!しかし、その後は続かなかったのが悔やまれますが、それぞれでの活動は今も続いていらっしゃるようです。ウィードリンさんもベンリンダさん同様、ソロで活動されてますよね?とは言え、またゴーゴーズの新作が聴きたいところだよねぇ?

はじけるポップンロックに、
魅せられて・・・。

※本日の1曲「♪ヘッド・オーヴァー・ヒールズ(1984年)」は、米ビルボード100で最高位11位、ビルボード・ロック・シングルチャートで最高位33位、カナダでは最高位35位・・・を記録しているようです。アルバム「トーク・ショー(1984年)」は、米ビルボード200で最高位18位、カナダでは最高位64位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447681786

この記事へのトラックバック