ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ Microsoft Public Affiliate Program (JP)

2017年03月10日

963.卒業-GRADUATION-




これぞ、ニッポンの春のメロディ?


♪卒業-GRADUATION-/菊池桃子(1985年)


菊池桃子!さんご登場です。


アメリカンの、ポップなロックンロールに魅せられていたんですが、季節は今、春を目前にした季節。卒業の季節なんですよね?卒業される皆様方、おめでとうございます!もう私なんかの世代になると、ほぼ忘れてしまっていると思っていたら、

意外に思い出すことが出来るのには、ちょっと驚いています!やっぱり人間にとって、学生時代の卒業っていうイベントは、大きいものなんですね?・・・と言うことで、思い出したのが、菊池桃子さんの、No.1!を獲得したこの曲!

私はどちらかって言うと、斉藤由貴さんの、同じ時期にリリースされた同名曲、「♪卒業(1985年)」の方が好きでしたが、桃子さんの方も今回聴き直してみたら、とても良くて、何かホッとする瞬間でございます。

作詞:秋元康氏
作曲&編曲:林哲司氏

王道のジャパニーズポップ!
せつないメロディがまた、良いですね?

歌詞を読んでいると、改めて秋元さんの紡ぐ詩がシンプルなのに、心に入って来ることに気が付き、それが、平成29年の今に繋がっているんだなぁ?と、感動しております!特別、カッコイイことを歌おうとかじゃなくて、素直な気持ちみたいなものが、

静かに流れて行く感じが、この曲にピッタリ合ってて、さすが秋元さんだと感じるばかりです!サン・デグジュペリの本とか出て来て、何かあの時代を思い出します。今は今で、今の詩を作っているところも、しっかりと時代に乗っている証拠ですよね?センスあるんだよなぁ〜、やっぱり!

そして、都会に旅立つっていうワードは、いつの時代も変わらないもの。都会で生まれ育った私は、全く分からないものなので、いつも羨ましく思うことなんですが、人生最大のイベントですからねぇ?ドラマになる事柄です!
曲の方も、シンプルなポップソングで、サビで泣かせる、せつないマイナー調になるところなんかは、

これぞ日本のポップソング!で、やっぱり私たち日本人のDNAに訴えて来ますよね?作詞&編曲を担当されている林さんは、これまたセンス抜群の肩で、この曲も好きな曲ですが、杏里さんの「♪悲しみがとまらない(1983年)」を作っている方。当時は、最先端の洋楽っぽい音楽だよなぁ!と思っていたんだけれど、

今聴くと、

ジャパニーズなんだよねぇ?

どうしても、ニッポンのDNAってのが、そうさせるんでしょうね?もちろん良い意味でそう感じています!情緒があって、深いってのかなぁ?絶対にアメリカの音楽は我々には真似出来ないけれど、ニッポンの歌は、これまた絶対に、アメリカの人たちには作れないものですよね?

桃子さんは、今現在、大学の客員教授になっておられるます!テレビでも良く見かけるんですが、今も可愛らしくて・・・私、同年代なんですが、いつまでも変わらないお姿を拝見していると、とても嬉しいです!ヴォーカルの方は、ちょっとこもった感じの歌声でしたが、

ここで、熱唱型の上手過ぎるシンガーさんが歌っちゃうと、違っちゃうんだよなぁ?初心で清純な女の子が、一生懸命歌うからこそ成り立つ、って、年甲斐もなく語っちゃってますが、ナンバーだと思います!可愛らしいよねぇ〜って。桃子さんは、見事にそれをこなしているもんなぁ。やはり、アイドルだよね?

日本語の響きとせつない旋律!
やっぱり、良いですよね?

↑♪卒業-GRADUATION-(リンク貼らせて頂きましたm(__)m)




posted by のぶそうる at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック