ベルメゾンネット デル株式会社

2017年03月19日

968.♪春咲小紅!




春だよねぇ〜!


♪春咲小紅/矢野顕子(1981年)


矢野顕子!さんご登場だぁ。


春が近くなって来ると、どこからともなく流れて来るのがこの曲!癒されますよねぇ?ホント、顕子さんの歌声は、今もみんなを、穏やかぁ〜な気持にさせて下さるよね?今夜は、彼女の通算5作目のアルバム「ただいま。(1981年)」収録で、オリコンで5位に輝いたヒットシングルナンバーです。

作詞:糸井重里さん
作曲:矢野顕子さん
編曲:ymoymo

ウキウキワクワク!
ニッポンの春にピッタリの
最強ポップソングだよねぇ?

アルバム「ただいま。(1981年)」は、元旦那様の、教授こと坂本龍一氏が全面プロデュースしていて、高橋幸宏さんも、細野晴臣さん(彼はこの「♪春先小紅」のみのようですが)も参加しています!シンセポップが満載の、正にあの頃を思い出させてくれるアルバムなんだよなぁ。

しかしこの曲って、いつ聴いてもウキウキしちゃって、癒されちゃって・・・ニッポンが誇るポップソングだよねぇ!♪ピコピコ・・・鳴っているんだけど、バックではオーケストレーションが、ぶ厚い壁を築いてて、往年の昭和の歌謡曲っぽくある。

ところが顕子さん節が炸裂すると、異国情緒溢れる感じにもなる!でもやっぱり、東洋的で、ニッポン的な旋律ですよね?洋楽っぽいかっこよさの陰に、しっかりとニッポンのDNAが流れているもんなぁ。そして、教授と顕子さんのその醸し出す雰囲気が、

何ともミステリアスで、それでいてあったかい感じもあって、当時の外国人に凄い受けたと聞きます。私たちニッポン人としては、その後お二人共に、ワールドワイドに活躍していらっしゃるんですから、誇りに思いますよね?今聴くと、ちょっと軽く聴こえるところも含めて、

ジャパニーズポップソングだぁ!

ですよね?

顕子さんの元気な、
そして、癒しのヴォーカル!

もう言うことなしの、唯一無二の顕子さん節!優しい、そして女性の、深〜い母性を感じさせるその歌声は、たまらなく愛おしくて、心に入って来るんだよなぁ!そして、柔らかぁ〜くて、とても癒されるのは、なぜだろうか?これもまた、ニッポン人のDNAなんですかね?

当時、化粧品の春のキャンペーソングとして、テレビCMに使われていましたが、なんて爽やかな歌なんだぁ〜!って、思春期真っ只中の私は感じました。YMOさんたちを聴いていたので顕子さんの存在は知っていたんだけれど、その歌声に、衝撃?いや、何か、うっとりしてしまいましたね。

春に向かって

癒しのジャパニーズ!





posted by のぶそうる at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448131189

この記事へのトラックバック