日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2017年03月28日

973.♪ラヴ・サムバディ!



男前は、なにやっても男前なんだよなぁ!


♪Love Somebody/Rick Springfield(1984年)


リック・スプリングフィールド!さん。


彼も、オーストラリア出身でしたよねぇ!私は彼は、2つ前の「アメリカン・ガール(1982年)」が最初で、「♪ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー(1982年)」が今もイチオシなんですが、時を経て、この曲を聴いた時、いよいよ彼も、世界的スターになったんだなぁ!と思ったものです。

と言うことで今宵は、スプリングフィールドさんの通算8作目で、自身が主演した映画のサントラでもあるアルバム「ハード・トゥ・ホールド(1984年)」収録の代表曲です!

王道のポップンロックンロールが
今も情熱的に響いて来ます!

襟足がちょっと長めの、ウルフカット!透き通るような大きな瞳が爽やかで、男から見てもホント、男前だよなぁ!あの頃、女の子たちがキャーキャー言ってたのが、そうだよなぁ!と、今頃になって分かる気がします。羨ましいほどのイケメンさんだもんねぇ?

当時私は、高校一年生でコピー・バンドを演っていたんですが、この曲をカヴァーしてるバンドを良く見ました!ストレートでシンプルで、簡単にコピー出来る曲でしたが、ニュアンス?あの声かなぁ?どうしても完璧にコピー出来るバンドがなかったように思います!

スプリングフィールドさんの甘い歌声!

男前で、しかも甘い歌声ですから、もう完璧だよなぁ!艶があって甘くて、でも力強くて・・・ゴリゴリの男らしさじゃない、甘い美男子。でも、パワフル!これが今も続く、ニッポンの女の子たちに受けるタイプなんでしょうか?しかし良い声してますなぁ〜、キラキラしてて。

間奏のギターソロなんかは、正に'80年代を感じさせる?爽やかぁ〜なフレーズが響き渡って、贔屓しちゃうんだけれど、やっぱり素直にカッコイイよ〜!って思います。今だと、やっぱり違うんだろうか?屈託のない、明るい雰囲気と、メロディアスなフレーズに、ワクワクしちゃいます!

自由奔放?いや、映画のストーリーに合わせると、ちょっと違ってくるんでしょうか?♪ちゃんとした男を愛することだぜぇ!もう遅いかもしれないけれど・・・って言うフレーズが、ちょっとせつなさを感じさせますが、キラキラした旋律が、やぁ〜っぱり気持ち良いよね?

英国系と言っても、彼の場合はアメリカンに近いですかね?一時期は俳優業に専念されていたようですが、'90年代後半からまた、アーティスト活動を復活させて、コンスタントにアルバムをリリースしているようで、あの頃の女の子たちは、嬉しいですよねぇ?最近の彼も、渋い男になって、カッコイイですからぁ。

男前はなにやっても、男前なんだなぁ!

羨ましい限りです・・・。

※本日の1曲「♪ラヴ・サムバディ(1984年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位83位、米ビルボード100で最高位5位、ビルボード・ロック・シングルチャートと、カナダのシングルチャートでは最高位13位・・・を記録しているようです。アルバム「ハード・トゥ・ホールド(1984年)」は、オーストラリアのアルバムチャートで最高位87位、米ビルボード200で最高位16位、カナダでは最高位29位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック