デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年04月01日

976.♪ニュー・センセーション!




新しい感覚なんだぜぇ!


♪New Sensation/INXS(1988年)


INXSの皆様方です。


ウェイブのかかった長髪をポニーテールにして、スーツでビシッと決めたセクシーな男が、エネルギッシュに歌い出す!ちょっとミック・ジャガーさんっぽくて・・・今改めてミュージック・ビデオを見てみると、あの時とおんなじで、いやぁ〜、カッコイイなぁ!です。

彼らもオーストラリア出身のグループで、'80'sを席巻したスーパーグループ!今夜は彼らの通算6作目のアルバム「キック(1987年)」収録で、3rdシングルナンバーです!

メンバー

マイケル・ハッチェンッスさん(ヴォーカル)
アンドリュー・ファリスさん(キーボード&ギター)
ティム・ファリスさん(ギター)
ジョン・ファリスさん(ドラムス&パーカッション)
ギャリー・ゲイリー・ビアーズさん(ベース)
カーク・ペンギリーさん
(サックス、ギター、ヴォーカル)

ファンキーとロックンロールの融合?
跳ね上がるサウンドと、
ソウルフルなヴォーカルが
・・・もう踊るしかありませんぞ〜!

クリス・トーマスさんをプロデューサーに迎えてからの彼らは、正に時代の寵児になったんですよねぇ?シンセサイザーを取り入れて、先端なサウンドになって、いわゆるファンクとソウルとロックの融合って言うものが、この頃のブームだったんですかね?この音楽が、正に私の青春でもあり、こういう音楽が演りたいよ〜でした。

エレクトリックギターのシャリシャリのカッティングがアクセントになった、ファンキーで揺れるリズムに、
ハッチェンスさんの、ワイルドでソウルフルな歌声が乗っかる!ロックな雰囲気ももちろんあるし、サックスが、これまたセクシーに響いて来る!体が勝手に反応して、気が付いたらもう・・・?

ハッチェンスさんの存在感!

最近も、ファンキーなリズムを持ったグループを耳にして、嬉しい限りでなんだけれども、いかんせんヴォーカルが、真面目過ぎちゃう?と言うか、アクやクセがあまり感じられないのが、私は物足りないんですよね!もちろんそういうとろが今のヴォーカルなんですから、良いんですよ!

しかしおじさんは、もう見た瞬間から釘付けになっちゃうような、女性の方々ならば、心を持ってかれちゃうような、セクシーでワイルドで、危険な男に、とても魅力を感じちゃうわけでございます!ハッチェンスさんは、もう水も滴る良い男(ヤバい死後?)ブラッド・ピットさんと互角に張り合えるほどのイケメンぶりで、

歌声は、ミック・ジャガーさんを彷彿とさせる?黒くソウルフルな歌声で、一気に持って行かれっちゃうことでしょう!カリスマってやつかなぁ?男から見てもカッコイイって言う男だよね?思えば、ちょうど今から、20年前に亡くなられてしまったんですね。そう言えば、その若過ぎる死からも、雰囲気からも、

ドアーズの、ジム・モリソンさんとも比較されていらっしゃいました。今思うと、もっともっと歌って欲しかった人です!今生きていたら、56歳になられていたのかぁ?きっと渋さを増して、さらにかっこよくなっていたことでしょう。そして歌も、ちょっと枯れた、渋い歌を歌ってくれてたんじゃないでしょうか?

それを考えると悲しくなってしまうなぁ!

でも、

ハッチェンスさんの歌声は永遠に聴けます!

今宵はもう4月の夜。

上がって行きたましょ〜〜う!

※本日の1曲「♪ニュー・センセーション(1988年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位9位、カナダで最高位No.1!、米ビルボード100で最高位3位、ビルボード・ロックシングルチャートでは最高位8位、オランダで最高位14位・・・を記録しているようです。アルバム「キック(1987年)」は、オーストラリアのアルバムチャートで細最高位2位、カナダとニュージーランドで最高位No.1!、フランスと米ビルボード200で最高位3位・・・を獲得しているようです。










posted by のぶそうる at 22:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のぶそうるさん、ご無沙汰です。
オージー・シリーズですか? いい企画ですねえ。
インエクセスはリアルタイムではあまり聴かなかったけど、最近聴き直したら、結構好きでしたw 多分、ファンク系に免疫が出来たのが要因かと思います。
Posted by 実験鼠 at 2017年04月02日 22:46
実験鼠さん、
コメントありがとうございますm(__)m

オージーシリーズやってます〜www
私も久しぶりに彼らを聴いたんですが
めちゃくちゃカッコよくて!
驚いています。
そう、ファンク調ですよね?

また実験鼠さんのブログにも
お邪魔させて頂きます。
Posted by のぶそうる at 2017年04月02日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448618759

この記事へのトラックバック