日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2017年04月05日

977.♪火星の生活!



ホロリとさせる、王道バラッド!


♪火星の生活
Life On Mars?/David Bowie(1973年)


デヴィッド・ボウイ!さんご登場です。


先日、ボウイ展を見に行ってから、ボウイさんの曲にまた、惹きつけられてしまってます!やっぱり、私の中で彼の存在は大きかったんだなぁ?と強く感じるばかり。あらゆるスタイルの音楽を、彼色に染め上げて・・・本当に凄い方だったことを痛感しています。

「レッツ・ダンス(1983年)」から入って、その後を堪能して、遡ってまた堪能して行ったんですが、初期のグラム時代の曲を聴くと、やはり彼が自身の魅力を存分に発揮していたのは、この時だったのかなぁ?と今感じています。今夜は、彼の通算4作目のアルバム「ハンキー・ドリー(1971年)」収録のシングルナンバーです!

次作の「ジギー・スターダスト(1972年)」も良いですし、その次の「アラディン・セイン(1973年)」は、大好きな作品なんだけれど、このアルバム、そしてこのバラッドが、心にスーッと入って来て、耳にいつまでも残って離れません!ギターのミック・ロンソンさん(彼ももう居ないんだよね)、ベースのトレヴァー・ボルダーさん、

ドラムスの、ミック・ウッドマンジーさん、そして本日のナンバーではピアノ、キーボードに、リック・ウェイクマンさんが参加しています!彼の、流れるような豪華絢爛なピアノの調べ、これがまた、良いんですよねぇ〜!

ゴージャスでホロリとさせる
王道の英国産バラッド!
でも
シンプルでとても聴き易くて。

ウェイクマンさんのゴージャスなピアノの調べに乗って、ボウイさんのキーが高めの歌声がささやき出す!難解な詩は、どうやらマスメディアへの皮肉を歌った詩のようですが、旋律とサウンド、そしてその歌声は、豪華絢爛で、ホロリとさせる王道の英国産バラッド!

ロックに関心のない方々にも、スーッと入って行く、とても聴き易い曲だと感じます!展開もシンプルだし・・・。シンプルだからこそ、耳に、心に、ずっと残って行くのかもしれませんね?生のオーケストラが、ダイナミックさを演出していて、'70年代を凄く感じますが、

ボウイさんのヴォーカルが、とても優しく聴こえて来るんだよなぁ!厚化粧して、キラキラギラギラしたそのルックスとは対照的な優しい歌声に、癒されるんだよなぁ。ダンディで渋いボウイさんが私は好きなんですが、この頃の彼が。実は一番素の感じがして、いや違うかなぁ?

この頃が一番、魅力的なボウイさんなのかもしれません!そして、今の若い方々にも、この頃の彼が一番グッと来るのかなぁ?どこか寂しくて、でも、決して逃げずに、必死に生きようとする強く凛とした態度?そんなことを感じるナンバーですね。

今宵はボウイさんに酔いしれます!

あなたもぜひ・・・。

※本日の1曲「♪火星の生活(1973年)」は、英国のシングルチャートで最高位3位、アイルランドで最高位4位・・・を記録しているようです。アルバム「ハンキー・ドリー(1971年)」は、英国のアルバムチャートで最高位3位、スウェーデンでは最高位16位、米ビルボード200では最高位57位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック