ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう

2017年04月17日

983.♪ゲット・イット!




もう・・・最強のタッグだよねぇ?


♪Get It/Stevie Wonder
with Michael Jackson(1988年)


スティーヴィー・ワンダー!さんと
マイケル・ジャクソン!さんの

共演ソングです。


オーストラリアの'80'sポップを堪能させて貰っていましたが、そろそろ、もっと黒いサウンドが聴きたくなって来ちゃいましたぁ。思い出したのが、スティーヴィーさんとマイケルさんのデュット!もう二度と聴くことが出来ない、お二人の熱い歌声が重なる1曲です。

そして、スティーヴィーさんの

'80年代最後のアルバム「キャラクターズ(1987年)」収録のナンバーでもあります!

デジタルファンクポップ?
お二人の熱い叫びが
クールな音楽に乗って、
今もキラキラ輝いています!

♪女性は、高価な物ではなくて、あなただけの気持ちを待っているのに、誰もそれをくれないと嘆いている。だったら俺が指し上げるさぁ・・・そんな詩なのかなぁ?女性の気持ちってやつは、男には永遠に分からないものだと思いますが、スティーヴィーさんとマイケルさんが、

熱い叫びで歌い上げると、女性の方々は、そうなのよ〜!そうそう!って思っちゃうのかなぁ?しかし今もマイケルさんの、独特の歌い回し、その優し気で透き通るような歌声は、色褪せず、グングン迫って来ますよね?スティーヴィーさんの、ソウルフルな歌声も最高で、

このお二人ならではの存在感!

もうこれ以上望めないほどの。

ひしひしと感じるばかりです。

デジタルで作り上げられた、機械的なサウンドなんだけれど、生感を、生身の人間を強く感じるのは、やはりこのお二人だかからこそだよなぁ!それから、R&Bやソウルと言ったところに留まらず、ポピュラー音楽シーン全体に影響を与えたお二人だからこその、このタッグであり、ナンバーなんですよねぇ?

遡ると、スティーヴィーさんの「ファースト・フィナーレ(1974年)」収録の「♪悪夢(You Haven't Done Nothin')」で、ジャクソン5時代のマイケルさんが、バックキングヴォーカルで参加しているんですが、どうやらそれ以来の共演になるんだとか?

マイケルさんも若くしてデビューされている方ですが、スティーヴィーさんもそうなんですよね?アフリカン・アメリカンで、音楽家で、歌い手さん、そう、才能あるアーティストさんってこともそうですね?共通するものがとても多いこのお二人。そう言えば、この3年程前に「♪ウィ・アー・ザ・ワールド(1985年)」で、一緒に歌われてましたねぇ。

最強の歌い手さんたちの
最高の共演!

皆様もぜひ、堪能して欲しいなぁ。

※本日の1曲「♪ゲット・イット(1988年)」は、ビルボード100で最高位80位、R&Bで最高位4位、英国のシングルチャートでは最高位37位・・・を記録しているようです。アルバム「キャラクターズ(1987年)」は、米ビルボード200で最高位17位、R&Bで最高位No.1!、英国のアルバムチャートでは最高位33位・・・を獲得しているようです。





posted by のぶそうる at 23:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック