デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年04月22日

985.♪今夜はブギー・ナイト!



エネルギッシュで
楽し気なマイケルさんが居る・・・。


♪今夜はブギー・ナイト
Blame It On The Boogie
/The Jacksons(1978年)


ジャクソンズ!さんたち続くぞ〜。


遡ってしまいます!

今夜は、ジャクソンズさんたちの、ジャクソン5からジャクソンズに改名してから、三作目にあたるアルバム「デスティニー〜今夜はブギー・ナイト(1978年)」収録で、ヒットシングルナンバーでございます!この作品から、グレッグ・フィリンゲインズさんが鍵盤楽器とリズムアレンジを担当することになり、

垢抜けた、アーバンサウンンドになったんじゃないかなぁ?と、私は思うんですがいかがでしょうか?翌年の1979年にはマイケルさんのソロ「オフ・ザ・ウォール(1979年)」がリリースされることになりますが、アーバン風味とファンキーなところが、凄く似通っているように思います!でも、ジャクソンズさんたちの方が、

良い意味で、泥臭いって言うか、スモーキーでくぐもっていて、やっぱり'70年代風味がまだまだあって、人間的なあったかさが存分に感じられるよね?そんでもって、血のつながりのある、これまたあったかぁ〜いハーモニーが、今聴いてもホント心地良いです!

メンバー

ジャッキー、ティト、マーロン、マイケル、ランディさん・・・五人のジャクソン兄弟。バックには、上記、グレッグ・フィリンゲインズさん(キーボード&リズムアレンジ)、マイケル・センベロさん(ギター&ベース)、ポール・ジャクソン・ジュニアさん(ギター)、ネイサン・ワッツさん(ベース)、エド・グリーンさん(ドラムス)、パウリーニョ・ダ・コスタさん(パーカッション)他・・・。

都会的だけれど、
ファンキーでエネルギッシュで
メロディアスで
・・・文句なしの1曲です〜〜!

ミュージック・ビデオを始めて見たんだけれど、楽し気で最高ですなぁ〜!都会的な雰囲気もあり、でもスモーキーでくぐもった、ちょっと泥臭いソウルフルも感じるし、ファンキーでエネルギッシュで、兄弟のハーモニーもメロディも・・・もう、最高です!

後のソロでのマイケルさんも、それはそれは良い曲がたくさんありますが、何だろう?素のマイケルさんが居るようで、肩肘張らない、そのまんまのマイケルさんを感じて、こっちも楽しくなって来ます!兄弟間、そしてお父様との確執も、もちろんあったことでしょう。しかし、

二十歳のマイケルさんの、
等身大のお姿が、眩しいなぁ〜!

♪太陽のせいに、月明かりのせいにしないで。君が振り向いてくれないのは、ブギーのせいだよね・・・なんて言う、若さゆえの恋愛を歌う歌詞もグッドです!ワクワクして来ますよね?いつの時代にも、悩める若者が居て、彼らが時代を作って行くんですよ〜!

今夜もマイケルさんの、

ジャクソン兄弟さんたちの歌で

ウキウキワクワクしたいと思います!

※本日の1曲「♪今夜はブギー・ナイト(1978年)」は、米ビルボードR&Bシングルチャートで最高位3位、ビルボード100で最高位54位、英国では最高位8位、オーストラリアのシングルチャートで最高位4位・・・を記録しています。アルバム「デスティニー〜今夜はブギー・ナイト〜(1978年)」は、米ビルボードR&Bアルバムチャートで最高位3位、ビルボード200で最高位11位、カナダで最高位3位、英国のアルバムチャートでは最高位33位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449218551

この記事へのトラックバック