ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう

2017年04月24日

986.♪ドント・セイ・イッツ・オーヴァー!





優しいんだよなぁ〜、彼の歌声も・・・。


♪Don't Say It's Over/El Debarge(1986年)


エル・エバージ!さんご登場。


兄弟グループご出身で、ソロとしてスポットを浴びたって言うことでは、この方もマイケル・ジャクソンさんと同じだったんだよね?グループ、デバージさんたちの曲の方が、意外に生楽器演奏主体って言う、サウンドと音楽が良くて、今も振り返って楽しませて貰っているのですが、

エルさんのソロも、テクノロジー重視だけど、ヒットシングルで、以前書かせて頂いた、映画「ショート・サーキット(1986年)」のテーマソングでもある、「♪フーズ・ジョニー(1986年)」の何ともワクワクするそのビートと、エルさんの、独特のしゃがれたハイトーンヴォーカルが混ざり合って、良いなぁ〜って感じますね!

今夜は、エルさんの1stソロアルバム「エル(El DeBarge)(1986年)」収録で、アルバムのラストを飾るナンバーです!プロデュースは、エルさんを始め、サヴァイヴァーさん、コモドアーズさん、スターシップさん等、数々のアレンジメント・ワークを担って来た、ピーター・ウルフさんと、

これまたエルさん、グループのデバージさん、ジョージ・ベンソンさん、アル・ジャロウさん、シーナ・イーストンさん等のプロデュースで知られる、ジェイ・グレイドンさんとのタッグで、正にあの時代の先端の音楽を、きっちりと作りあげていらっしゃる、ナンバーを!

ロック風味のあるポップな
王道アメリカンバラード?
聴いてると、
癒されちゃうんだよね・・・。

ソウルフルとかダンスミュージックとかじゃない、例えばブライアン・アダムスさんのナンバーのように聴こえる?王道のロッカポップンバラードで、同時期にリリースされた映画「トップ・ガン(1986年)」のサントラに収録されていても、違和感ないような、アルバムのラストを飾るに相応しい曲じゃなんですよ〜!

そうそう、エルさんの声がこういう音楽だと、リチャード・マークスさんの歌声にも似ていて、そうなのかぁ!なんて、また独りニヤケておりますwww高いキーのハイトーンヴォーカルなんだけれど、のど越ししゃがれたアフリカンで、独特な歌声ですよねぇ〜、エルさんは?

しっとりソウルフルも、ダンサブルR&Bでも、もちろん熱いし、真剣ですが、どこか、優し気な、いや優し過ぎる雰囲気を纏っているのは、マイケル・ジャクソンさんとダブります!マイケルさんより三歳年下のエルさん。でも同時期に若い魂を焦がしたお二人ですから、

被って映るのかもしれませんね?

ちょっと前の、機械的なデジタルサウンドに、生楽器のエレクトリックギターが絡んで来る!しかし全体的には、正に、打ち込みデジタルポップです。けれども、この時代って、どこか人間味臭さを感じて、いや私たち世代の青春だからですねぇ。耳に心に、スーッと入って来ちゃうんですよ〜。

リズミカルに流れる英語の詩の響きは、意味が分からなくてもカッコイイ!それよりも、そのハスキーなハイトーンの歌声に魅了されて、バックの人間味のあるサウンドと旋律に酔いしれる!そんな聴き方をしていた高校生のあの頃を思い出してしまって、ホロッとしちゃうなぁ。

やばい!年取ったのかなぁ?

若いR&Bファンにも楽しんで欲しい方です!

※本日の1曲「♪ドント・セイ・イッツ・オーヴァー(1986年)」収録のアルバム「エル(1986年)」は、米ビルボードR&Bアルバムチャートで最高位8位、ビルボード200で最高位24位・・・を獲得しているようです。





posted by のぶそうる at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック