ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう

2017年04月26日

987.♪ストップ!ドント・ティーズ・ミー!




からかうのはやめてくれぇ!


♪Stop! Don't Tease Me/DeBarge(1982年)


デバージ!さん、来ましたぁ。


やっぱり、グループの方のデバージさんのナンバーが聴きたくて。やっぱり良いんだよなぁ〜!ブラコンと呼ばれた、当時のR&B系で、何とも優しく感じちゃうのはなぜだろうか?今夜は、彼らデバージさんたちの2ndアルバム「オール・ジス・ラヴ(1982年)」収録のシングルナンバーです!

メンバー

バニー・デバージさん(ヴォーカル)、エル・デバージさん(ヴォーカル&キーボード)、ジェイムズ・デバージさん(ヴォーカル&キーボード)、マーク・デバージさん(ヴォーカル、トランペット&サックス)、ランディ・デバージさん(ヴォーカル&ベース)の五人のデバージ兄弟さんたち。後このアルバムには、

オリー・E・ブラウンさん(ドラムス)、フレディ・ワシントンさん(ベース)、イエロージャケッツの、ラッセル・フェランテさん(キーボード&シンセサイザー)他が、サポートメンバーとして参加しています。

フュージョンっぽい洒落た雰囲気と
'80'sファンキーなブラコンが融合?
カッコイイんですよ〜!
そして、
兄弟のハーモニーが、イイです!

シンセベースの、♪ウニョ〜〜〜って言うサウンドが、縦横無尽に駆け巡り、洒落たキーボードの音と、ホーンセクションが加わって、独特の世界を作ってますよね?こういうの、イエロージャケッツさんや、ザップさんとかも演ってたっけ?隙間を空けながらも、豪華絢爛な音楽に・・・うぉ〜〜〜!って、上がっちゃいます。

シンセベースを鳴らしているのに、生楽器のエレクトリックベースが、叩いたり引っ張ったりの音も混じって来ます!ファンクグループが、'80年代に入って良く使う技だよね?ここらへんも今ないことなんで、凄く新鮮に響いて来ます。

落ち着いた感じながらも、跳ね上がるファンキーなリズム!エレクトリックギターも、秀逸で、これまたカッコイイ、リズムを刻んでるぞ〜!何か、細かいことばっかり述べてますが、'80年代って、シンセサイザーを使った単純過ぎる音楽ばかりではなかったんだなぁ!

・・・って、このところ'80'sを振り返って改めてそう感じているものですから、細かいところを聴いてしまっているのかなぁ?でも、'60年代、'70年代に負けない、独自のかっこよさを確立した時代だったと強く感じるばかり。テクノロジーと人間が、手を取り合って、汗をかいて演っているってのも、良い加減で、良いんです!

兄弟!バニーさんは紅一点の女性シンガーさんですが、血を分けた人たちのハーモニーって、何にも代えられないもので、意識せずともカチッと合ってしまうんでしょうねぇ?特にアフリカン・アメリカンの兄弟グループって、たくさんいらっしゃいますが、熱い絆で結ばれているようで・・・良いです!

ハイトーンの高いヴォーカルに、ちょっとハスキーがかった独特の歌声を、エルさんはこの曲でも存分に披露しています!こう言う、ブラック色の強い曲になると、きっちりとソウルフルなヴォーカルになる彼。器用に歌い回しているんじゃなくて、曲によって、いや曲に合わせて、ピッタリのヴォーカルに自然となれるって人なんでしょうね?

この方も、

選ばれたる歌い手さんだぁ!

いやぁ〜、

ちょっとフュージョンっぽい雰囲気に

心躍り、うっとりさせてくれる!

今夜は、

デバージ一家の音楽に浸りたいと思います。

※本日の1曲「♪ストップ!ドント・ティーズ・ミー(1982年)」は、米ビルボードR&Bシングルチャートで最高位46位を記録しているようです。アルバム「オール・ジス・ラヴ(1982年)」は、米ビルボードR&Bアルバムチャートで最高位3位、ビルボード200で最高位24位を獲得しているようです。





posted by のぶそうる at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック