TV通販公式サイト ビートップス(B-tops) DHCオンラインショップ

2017年05月12日

992.♪ミラクル!



爽やかで心地良いなぁ〜!


♪Miracle/Jon Bon Jovi(1990年)


ジョン・ボン・ジョヴィ!さんご登場。


土着で、カントリーっぽい音楽にまた今、ハマッているところなんですが、やはりこの方が浮かんでしまうなぁ!さすがに最近の彼は、枯れたかなぁ。と感じてしまったけれど、それはそれで味わい深くて、若い頃とは違ったかっこよさを感じて、やっぱり良いよなぁ!って。私にとって絶対外せないアーティストさんです。

今夜は、彼ジョン・ボン・ジョヴィさんのソロアルバム「ブレイズ・オブ・グローリー(1990年)」収録のシングルナンバーです!このアルバムは、映画「ヤング・ガン2(1990年)」のサントラではなくて、映画にインスパイアされてジョンさんが作ったアルバムなんだよね。

そして驚くのは、バックの豪華なアーティスト陣!本日の1曲でも、渋いギターソロを披露されていらっしゃる、ジェフ・ベックさん(ギター)を始め、エルトン・ジョンさん(ピアノ&バッキングヴォーカル)、ランディ・ジャクソンさん(ベース)、ケニー・アロノフさん(ドラムス&パーカッション)、

ジョンさんと共に、このアルバムのプロデュースも担っていらしゃる、ダニー・コーチマーさん(ギター)、故ロビン・クロスビーさん(ギター)、アルド・ノヴァさん(ギター、キーボード他)、リトル・リチャードさん(ピアノ&ヴォーカル)・・・と、凄いメンツですよね?

西部劇にピッタリの
でっかぁ〜〜〜〜くて
人間味溢れまくる
土着ポップンロックが心地良いです!

見たことなかったんですが、ミュージックビデオがまた、ひと昔前っぽいんだけれども、何とも言えない、でっかぁ〜い気持ちにさせてくれるビデオじゃないですかぁ?ロングヘアーで日焼けしたワイルドな風貌。でも白い歯をみせて笑う笑顔のジョンさん、カッコイイなぁ!この笑顔に、日本の女性の方々も、やられてしまったんだろうなぁ?

ソロと言っても、グループ、ボン・ジョヴィの音楽とほとんど変わらないのは、グループがジョンさんを中心に動いているからなんでしょうね?爽やかで明るいのに、どこかせつないって言う、ボン・ジョヴィ節ってやつがあって、この曲もそうだよねぇ?

間奏では、前述したように、ジェフ・ベック様(彼もこの時お若いなぁ!)が、渋いギターソロを披露してます!シンプルなのに、サウンドや手癖なんかが、正にベックさん!これがまたカッコイイです!

アメリカの西部の田舎町でも、全く違和感がないのも、

やはりベックさんですよね?

そんでもって、

やはりジョンさんの歌!

最近は抑え気味で、もちろん年相応に渋く対応していらしゃるけれども、この頃は若さ溢れていて、伸びやかで、独特のハスキーで甘い歌声を、存分に聴かせてくれる!ホント、良い声ですよねぇ?ブルース・スプリングスティーンさんや、ジョン・メレンキャンプさんの真似してるなんてことを言われていた時ですが、

ジョンさんは、もっと軽やかでポップで、そして女性が喜びそうな、もっと甘い歌声で、ルックスも甘くて、やっぱりちゃんと、ジョン・ボン・ジョヴィって言う個性がありますよ!今また見て聴いていて、そう感じます!男から見ても聴いても、カッコイイ!素直に言えますもんね?

あたたかくなって来た季節に、

車に乗って

ぴったり合うと思います!

もしかしたら奇跡が起こるかも?

なんて、

堪能したいと思います!

本日の1曲「♪ミラクル(1990年)」は、米ビルボード100で最高位12位、オーストラリアで最高位8位、英国のシングルチャートでは最高位29位・・・を記録しているようです。アルバム「ブレイズ・オブ・グローリー(1990年)」は、米ビルボード200で最高位3位、英国のアルバムチャートで最高位2位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449799354

この記事へのトラックバック