セシール

2017年06月25日

1002.♪キャント・レット・ハー・ゲット・アウェイ!



MJよ永遠に・・・。


♪Can't Let Her Get Away
/Michael Jackson(1991年)


マイケル・ジャクソン!さん。


本日はマイケルさんの8回目の命日になります。もうそんなにも長い年月が経ったんですねぇ?還暦を目前にした、ちょっと枯れたマイケルさんの渋い笑顔も、やっぱり見たかったなぁ!なんて思うのですが、ファンの心の中では、いつまでも、かっこよく、そして優しく・・・生き続けていらっしゃるんだよね。

今夜は彼が、クインシー・ジョーンズ様から離れて、テディ・ライリーさんらと組んだ作品「デンジャラス(1991年)」最近また、ニュージャックスウィングが熱い私は、このアルバムからのナンバーを堪能しております!

跳ね上がる
ニュージャックグルーヴ!
あげあげのマイケルさんの歌声!
結果、
素晴らしい音楽が
・・・産まれたんですね?

今も私は、「オフ・ザ・ウォール(1979年)」がイチオシです!グルーヴィーで、ソウルフルで、ポップで・・・心地良いものすべてを詰め込んだ、それでいて、クールで、でも親しみやすくて。この魅惑の世界が大好きです。しかしマイケルさんは、進化を遂げることをやめなかったんだよね?

結果、いろいいろな楽曲を作り歌い、踊って。今夜のナンバーは、クインシー様の都会的で洒落たAOR風味のあるR&Bから、ヒップホップと共に、当時の先端であったニュージャックスウィングへ!跳ね上がるグルーヴ!このリズムが常にビートを刻んでいて、輪郭がはっきりしているのが特徴。

そしてそんなリズムと共に、跳ねるようにあげあげのマイケルさんが、はじけるように歌っています!テディさんと演って結果良かったんだよなぁ!強く感じます。ほぼ全編テクノロジーで作られたサウンドなのに、妙に生感があるのはなぜなんだろう?

今の音楽やサウンドとは比べちゃいけないのは分かっていますが、この時代の音って、熱がこもっていたなぁ?って今聴くと感じます!クールなのに、熱いって言うんでしょうか?汗かいて人間が演ってる姿が浮かんで来るんですよね?でもクールにも聴こえて・・カッコイイんだよなぁ!

完璧ですねぇ!

恋愛のもつれみたいなものを歌うマイケルさん!ここではスターではなくて、どこにでもいる一人の男が、もがいている?そう感じられるのが、良いなぁ!社会的な、スケールの大きいことを歌う彼も好きですが、身近なことを歌う!そんな彼も、やっぱり良いですねぇ!

マイケルよ永遠に。

今夜は、

彼に浸りたいと思っています!

あなたもぜひ・・・。

※本日の1曲「キャント・レット・ハー・ゲット・アウェイ(1991年)」収録のアルバム「デンジャラス(1991年)」は、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、スペイン、スイス、フランス他世界中で最高位No.1、カナダでは最高位3位・・・を獲得しているようです。

前半は、ニュージャック系ダンスチューンが並び、その後はバラードありロックあり・・・と、やはりマイケル・ジャクソンの溢れる才能をひしひしと感じるアルバムだなぁ〜と、改めて感動しております。このアルバムも一家に一枚の必聴盤ですね?








posted by のぶそうる at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック