ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ Microsoft Public Affiliate Program (JP)

2017年07月10日

1008.♪悪意という名の街!



モータウンポップンロック?


♪悪意という名の街
Town Called Malice/The Jam(1982年)


ザ・ジャム!のご三方。


突然思い出しちゃったのが、この曲収録のアルバム!もちろん彼らジャムさんたちは、英国を代表するロックンロールグループ!パンクやモッズなんて呼ばれ方もしていました。しかしこの最後のアルバムでは、モータウンやファンク、ソウルと言った、彼らの趣味が反映されて、

解散後、ウェラーさんが組んだポップグループ、スタイル・カウンシルの準備だった・・・?なんてことも言われてましたよね?ただ、今聴き直してみると、やっぱりロックンロールが核にあって、ポップやソウルフルがブレンドされた音楽だなんだよなぁ?って、強く感じております。

しかし、これだけのクオリティの高い音楽を作れるんですから、凄い人たちだったんだなぁ〜!まず何よりも、カッコイイよね?・・・と言うことで今夜は、彼らジャムさんたちのラストアルバム「ギフト(1982年)」収録のシングルナンバーでございます!

言わずと知れたメンバー

ポール・ウェラーさん(ヴォーカル、ギター&キーボード)、ブルース・フォクストンさん(ベース)、リック・バックラーさん(ドラムス&パーカッション)

モータウンビートの黒いポップンロック!
いやぁ〜、
やっぱりカッコイイです〜!

歌詞が、かなり辛辣で労働者階級の怒りが乗っていて、やっぱりウェらーさんだよ〜って、ちょっと嬉しくなっちゃいました!悲しいんだけれど、俺たちは頑張るよ!って言う、前向きなところがまた良いですねぇ!音楽の方は反対に、ウキウキワクワクしちゃう、モータウン風ビートに、跳ね上がるフォクストンさんバックラーさんのリズム!

ちょっとレトロなオルガンが流れて来て・・・たまらなく心地良いです!匠の技を見ているような演奏は、やっぱり上手かったんだよなぁ?抜群のセンスがあって。そして、真っすぐだったのかなぁ?なんてことを感じます!ミュージックビデオでベースのフォクストンさんは、

セミアコのベースを弾いていらっしゃいますが、リッケンバッカーでしたよね?ウェラーさんのギターと共に?このリッケンバッカーのベースの、自然にドライヴする?厚みと、何とも言えないブイブイ前へ出る音が、思いっきり出ていて、はずんでいて、ヒューカッコイイ〜!

そんでもってウェラーさんの、

野太い、ソウルフルな歌声!

こういう揺れる音楽に、ピッタリ合っていて、アフリカンの方じゃないの?なんて思わせるほどの、深みのある声音で、これまたグイグイ引っ張って行ってるよねぇ!シンセサイザーを使った音楽とは対照的な、剥き出しの生楽器演奏の、自然な音とグルーヴ!これがまた彼の声と合うなぁ?

しかも、三分以内に収めてしまうのも、ポップミュージックを知っている彼らならでは!ですよね?この曲だけじゃなくて、アルバムを通して、順繰りに聴きたい作品だです!最近の若いロックンロールな方々に、絶対アピールすると思うんだよね!もうご存知かなぁ?

未体験の方々には、
ぜひ堪能して欲しいです・・・。


※本日の1曲「♪悪意という名の街(1982年)」は、「♪プレシャス(1982年)」と両A面シングルとして、英国シングルチャートで最高位No.1!、ニュージーランドで最高位14位、オーストラリアのシングルチャートでは最高位15位、カナダで最高位19位・・・を記録しているようです。アルバム「ギフト(1982年)」は、英国のアルバムチャートで最高位No.1!、スウェーデンで最高位7位、ニュージーランドでは最高位10位、オランダで最高位14位、カナダのアルバムチャートでは最高位22位、米国で最高位82位・・・を獲得しているようです。









posted by のぶそうる at 22:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は初めて聴いたジャムの曲が「悪意という名の街」でした。ご指摘の通り、スタイル・カウンシル結成への伏線となった作品で、ポール・ウェラーは本当はこういう音楽をやりたかったんだろうなあと感じますね。ただ、歌詞は相変わらずメッセージ色が強く、そこにジャムらしさを残しているといったところでしょうか。
当時はピンとこなかったけど、今となっては大好きな曲です。
Posted by 実験鼠 at 2017年07月11日 01:33
実験鼠さん、お久しぶりです!
そして、
コメントありがとうございますm(__)m

お〜っと、ジャムで初めてお聴きになった曲でしたか?ウェラーさんは、ソウルフル路線を当時、演りたくってたまらなかったんでしょうね?結局、スタイル・カウンシルで具現化出来たわけですが・・・。おっしゃる通りで、でもこの曲の歌詞は、やはりとんがったジャムそのものですよね?私も若い時は、良く分からなかったことですが。

ウェラーさん!
最終的にはストレートなロックに戻ってますよね?いろいろと新しいものも取り入れているようだけれど、基本的には生感溢れるロックの人。スティングさんではないですが、いきなりまた黒い音楽を演ってくれないかなぁ?なんて、密かに期待しているとろこです。



Posted by のぶそうる at 2017年07月11日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック