ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ アウトドア&フィッシング ナチュラム

2017年08月08日

1021.♪WALTZ!



日本語の響きが良いんだぁ〜!


♪WALTZ/氷室京介(1997年)


氷室京介!さんご登場です。


吉川さん聴いてたら、この人出て来ちゃいますよねぇ?雰囲気や、歌い方がやぱり似ているなぁ〜っって感じています!ただ氷室さんの方が、ロックンロールしてるかなぁ?吉川さんはもっとポップな感じがします!さて、言わずと知れた、BOOWYの歌い手さんであり、日本のロックンロールのカリスマシンガーさんのご登場です。

今夜は彼の、通算14作目のシングルで、

ちょっとラテンを感じさせるバラッドです!

作詞・作曲・編曲:氷室京介さん

アコースティックで、
ラテン風味の旋律が
いや、
やはりジャパニーズソウルが
染み入るナンバーですぞ!

ミュージックビデオを見ているんですが、カッコイイですよね?氷室さんってやはり欧州、英国が似合う人だよなぁ?って思っていたんですが、この頃はもう、アメリカは西海岸に移住されてましたよね?このビデオの舞台はイタリアなのかなぁ?何かこの頃の氷室さんは、ラテン系の国やアメリカが似合うに変わって、

これがまた、かっこ良かったのを思い出します!細マッチョになって、タンクトップとか着てましたよねぇ?アコ−スティックギターのシンプルだけれども、乾いた音ではなくて、ウェットな響きが、ラテン風味のメロディと相まって、染み入るんだよなぁ!

派手さだったら、「魂を抱いてくれ(1995年)」の方があるし、より氷室さんらしさを感じます。しかし今夜の曲のは、夏の夜に似合う?良いですねぇ!洋楽っぽさを持つアーティストさんであるのだけれど、彼もやはり日本語の響きがよく似合う、ニッポンのシンガーさんだなぁ!ってことを、吉川さんと同じようにまた、強く感じるなぁ!

もちろん良い意味でです!彫りが深く、西洋人っぽいルックスでもある氷室さんですが、DNAなんでしょうか?物凄くニッポンを感じて、それが物凄くかっこよく聴こえて来るんだよなぁ!当時リアルタイムで聴いていた時と、全く違って聴こえて来るのが、ホント不思議です!

それから、

ちょっと鼻にかかった氷室さんの歌声!

この頃ぐらいからでしたか?ハスキーでパワフルなんだけど、鼻にかかった甘い雰囲気が入って来て、何か優しくなったよね?なんて思っていたことも思い出します!強さの中に、ほんのり漂う優しさって言うのかなぁ?この人もやはり、歌を歌うために選ばれた人だよねぇ?張りがあって、甘くせつなくて・・・。

好き嫌いはあるけど、男受けするヴォーカリストだよね!カラオケで今も彼の曲は歌わせて頂いているのですが、あの声は絶対真似出来ない!天性の歌声だよと・・・痛感させられます。一つの時代を作った歌声です!そんな氷室さんですが、引退されてしまったんだよなぁ。

残念ですが、彼が残してくれた歌を
いつでも私たちは聴くことが出来る!

大切にしたいですね?


※本日の1曲「♪WALTZ(1997年)」収録で、通算6作目のアルバム「MISSING PIECE(1996年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位No.1!を獲得しているようです。









posted by のぶそうる at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。