セシール

2019年01月27日

1160.♪フィール・フォー・ユー!




心躍るナンバーだよねぇ!


♪I Feel For You/Chaka Khan(1984年)


チャカ・カーン!様です。


新作の報を聞いて、やはり聴きたくなってしまう、熱唱のソウルフルヴォイス!チャカ・カーン様です!アレサ・フランクリン様、ホイットニー・ヒューストン様が居らっしゃらない今、最後のソウルの女王なのかもしれませんねぇ?ただこの方は私は、最初にソロから入って、遡って'70年代の、ルーファスのシンガーとしてのチャカ様を聴いた人なんですよぉ。

スモーキーで、生楽器演奏が冴えわたる、よりソウルフルでファンキーなルーファスの方が良いなぁ!って思っています。しかし今回、彼女の中で有名どころなソロ作品を聴いてみると、おお〜〜!ってやっぱり良いなぁ〜って。正に'80年代な音楽を堪能出来る、キラキラしたポップソングが散りばめられているんだよねぇ!'80年代のリアルタイムではなく、後追いで聴いた実は作品なんだけど・・・。

どうしても'80年代の甘酸っぱい青春の日々を思い出してしまって、ほろっと来ながらもまた、独り上がっております!(笑)今夜は彼女のソロ通算5作目のアルバム「フィール・フォー・ユー(I Feel For You)(1984年)」収録で、大ヒットを記録したタイトルナンバーでございます!そしてこのアルバムには、豪華なバックミュージシャンが参加しるんだよねぇ。

デヴィッド・フランクさん(キーボード&シンセサイザー)、スティーヴ・フェローンさん(ドラムス)、スティーヴ・ルカサーさん(ギター)、ネイザン・イーストさん(ベース)、J.R.ロビンソンさん(ドラムス)、ロビー・ブキャナンさん(キーボード&シンセサイザー)、マイケル・センベロさん(ギター)、スティーヴ・ポーカロさん(キーボード)、ジェイムズ・ニュートン・ハワードさん(キーボード)、マイケル・ランダウさん(ギター)・・・そんでもって、

本日の1曲では、

スティーヴィー・ワンダーさんがハーモニカで、グランドマスター・メリー・メルさんがラップで、そして作曲にはプリンス様が!アルバムのプロデュースを担うのは、アリフ・マーディンさんとデヴィッド・フォスターさん!良いサウンド、素晴らしい音楽が産まれるはずだよねぇ?

テクノロジーと生楽器が
良い具合にブレンドされた
キラキラ輝く音楽をバックに
チャカ様の
ソウルフルヴォイスが唸ってます!

シンセベースと生ベースを両立させたり、スティーヴィーさんの情感溢れるハーモニカが、何とも透き通るような美しい音とメロディを刻む!ヒップホップな雰囲気も混ぜながらも、デジタルとアナログが、ホント!良い具合に共に生き生きと佇んでいる?そして、心躍るようなキラキラした音楽が響き渡って・・・いやぁ〜、心躍ります〜!

なんて、'80年代が青春って世代はもうたまらないんだよなぁ!ただ今の時代、またこういうキラキラしたポップなメロディが巡り巡って来ているような感じがするんで、若い方々にもぜひ聴いて欲しいナンバーです!高音が強調されていて、ちょっとシャキシャキし過ぎちゃうところは違和感があるけれども、ジャズ/フュージョン系のバックミュージシャンさんたちとの相性も抜群で、

心地良いです!

チャカ様の歌声も、何も言うことないなぁ!熱唱系のソウルシンガーの第一人者であられるわけですが、'70年代の時のような激しい熱唱はないんだけど、実はこれこそが時代に合わせた、これからの私よ!なんて言われてしまっているようで、今も新しく感じてしまうのは私だけかなぁ?けれど、アフリカン・アメリカンの方々の持つ熱い情熱は、彼女にも、もちろん当てはまり、ルーファスの時と同じ熱いものを感じさせてくれます!

この方も紛うことなき
選ばれたる歌い手さんだよねぇ!

本名、イヴェット・マリー・スティーヴンスさん!アメリカはイリノイ州、ノース・シカゴに生を受け、1973年にルーファスのシンガーとしてデビュー!今も現役で活躍する、ソウルシンガー。新作も出るようですし、これからの活躍も楽しみですよね?アレサ様やホイットニー様の分まで、長く長く歌い続けて欲しい歌い手さんです・・・。


※本日の1曲「♪フィール・フォー・ユー(1984年)」は、米ビルボード・R&B・シングルチャート、ビルボード・ダンス・シングルチャート、英国とアイルランドのシングルチャートで最高位No.1!、カナダとニュージーランドで最高位2位、米ビルボード100では最高位3位、オーストラリア、旧西ドイツで最高位4位、ベイルギーで最高位8位・・・を記録しているようです。アルバム「フィール・フォー・ユー(1984年)」は、米ビルボード・R&B・アルバムチャートで最高位4位、スウェーデンで最高位9位、スイスでは最高位14位、英国のアルバムチャートで最高位15位、米ビルボード200では最高位16位・・・を獲得しているようです。また、本日の1曲は、グラミー賞にて「最優秀R&B女性ヴォーカル賞」に輝いているようです。





posted by のぶそうる at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。