アウトドア&フィッシング ナチュラム

2019年04月16日

1178.♪ロックンロール・ウィドウ!




これぞ、
ニッポンのロックンロールだよねぇ?


♪ロックンロール・ウィドウ/山口百恵(1980年)


山口百恵!さんご登場。


ロックンロールだぜぇ!

ホントこの曲は、洋楽のロックンロールと比べても遜色ないですよねぇ?山口百恵さん!いや今は、三浦百恵さんですね。三浦友和さんとご結婚されてから、一度としてシーンに戻って来たことのない百恵さん。友和さんの奥様として、三浦家を守ることを貫き通していらっしゃるその御姿には、称賛を、大拍手をお送りしたいところ!

・・・と言いつつも、いつか帰って来て歌って下さるのを、心待ちにしている方々が日本中に、たくさんいらっしゃることでしょうねぇ?今改めて聴いてみても、艶々で女性っぽい色気のある歌声!と共に、ちょっと男っぽい突っ張ったかっこよさもお持ちで、やっぱりカッコイイなぁ!って思います。まだ私は彼女が歌っていらっしゃった頃は、小学生だったので、その歌われる歌詞の意味も分からなかったけれど、

今なら、色気があって、これまたカッコイイことを歌われていたんだなぁ?と分かって、さらに興奮してしまいますねぇ!今宵は彼女の通算30作目のシングルナンバーです!

作詞:阿木燿子さん
作曲:宇崎竜童さん
編曲:萩田光雄さん

これぞ
ニッポンのロックンロール!
百恵さんの魅力に
あなたもやられるぞ〜!

阿木さんと宇崎さんのコンビと、百恵さんはピッタリ合っていたんだなぁ〜!ロックっぽい曲だけでなく、ポップな洗練された曲もあって、阿木&宇崎コンビの引き出しの多さにもまた驚かされます!この曲は、前述しましたが洋楽ロックにも負けない熱さや、サウンドと旋律があって、思わず、♪カッコカッコカッコ・・・と一緒に口ずさんでしまいますぞ!

強い女性を演じる百恵さんのその言葉
メロディに乗るその熱いメッセージ
でも、
実は弱さも持っていてとても繊細

・・・そんなことを感じて、

さらに

百恵さんの魅力に参ってしまうわけだなぁ!

そして当時はまだまだニッポンは、歌謡曲全盛の時代だったはずですが、こんなにもロックな曲が存在していたことにも、またまた驚かされます!でも、Charさんとか、ジュリーさん、西城秀樹さんももういらっしゃったから、そうかぁ!特別なことではないかぁ?ただ女性アーティストとして、これだけの存在感を持った方は、

やはり百恵さんだけなんでは?

女性から見てもカッコイイ方で
女性ファンの方々も多いんですよね?

納得です!

今夜は、

百恵さんの魅力にやられてしまいます・・・。


※本日の1曲「♪ロックンロール・ウィドウ(1980年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位3位、テレビのザ・ベストテンのシングルチャートでは最高位No.1!を記録しているようです。この曲の収録のアルバム「メビウス・ゲーム(1980年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位6位を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。