2019年04月25日

1181.♪僕が僕であるために!




真っすぐで純粋で
優しくて・・・今もグッと来ちゃうよね?


♪僕が僕であるために/尾崎豊(1983年)


尾崎豊!さん・・・。


今日、4月25日は尾崎さんの27回目の命日になるんですね?しかし、未だに若い世代の人たちをも魅了し続ける尾崎さん!どこがそんなに良いのだろうか?私は正に尾崎さん世代で、リアルタイムでは熱狂的なファンが周りにたくさんいました。でも私は、洋楽ばっかり聴いていた人だったので、全く関心がありませんでした。ロックから、ニューロマンティックスへ、そしてファンクやR&Bへと趣味が変わって行くにつれて、

益々ニッポンの音楽には、見向きもしない生活でした!ところが学生の頃に、尾崎さんのコピーバンドでベース弾いてくれない?と頼まれて、その時に初めて彼の音楽に触れました!ブルース・スプリングスティーンさんっぽい?アメリカンロック風なんだけど、繊細な歌詞が印象に残りました。そして社会に出て、しばらくして、尾崎さんが亡くなられたことを知りました。

そんな時に、ちゃんと聴いてみようかなぁ?と思い、丁度良い具合に確かこの頃だったと思うんだけれど、友人が初期の二作をカセットテープに録音してくれて・・・。正直、最初はピンと来なかったんですが、聴いて行く内に、何だろう?やはりその歌われる、真っ直ぐで純粋で優しく、あったかぁ〜い詞と、日本語の何とも言えない響きが、

物凄ぇ〜〜人なんじゃないかぁ?

と、気が付けばどんどん惹かれて行きましたぁ!そして特に初期のナンバーは、アメリカンロックってよりも、とてもニッポンな音楽で、これもニッポン人の血なんでしょうか?好きになって行く自分がいましたね!そして今は、尾崎ファンになっています!今宵は追悼として、彼のデビュー作「十七歳の地図(1983年)」収録の、珠玉のバラッドを!この曲は今も大好きなんですよ〜!

真っ直ぐで純粋で優しくて
クオリティの高い旋律
これぞ尾崎節な
いつまでも残るであろう
珠玉のバラッドだぁ!

何か、フォークソングっぽいって言うイメージが尾崎さんにはずっとあるんですが、もっとロックだし、改めて今聴いてみると、クオリティの高いポップでロックで、ニッポン風味満載(だからこそ良いんですよ〜!)なナンバーが秀逸ですよねぇ?今夜のこの曲は、シンプルだけどツボをしっかりと抑えたバラード!でもその紡がれる歌詞が、

もう純粋で真っすぐで、そして優しくて・・・素晴らしいなぁ!今の時代に、いや尾崎さんが出て来たあの時代と今の時代が、もしかすると似ているのかもしれませんね?私なんかが高校生の頃ですが、管理社会とかって、今また言われてますもんね?そこで若い方々に訴えるものがあるのかも?そう考えると、と言うか、やっぱりロックって言うのは、体制に立ち向かう反逆のシンボルですからねぇ〜、いつの時代も?

歌詞の良さ(これだけでも文句なく素晴らしいですが)はもちろんですが、彼の作る曲の旋律もまた、センスがあって素晴らしいと思います!この曲も、エレクトリックギターのイントロのフレーズが、シンプルなのにインパクトがある!主役は歌ってことで、曲を壊さないように、でも耳に残るって言う、絶妙なアレンジですよね?

そして尾崎さんのヴォーカルも、今改めて聴くと、ホント良い声してるんだよなぁ!初期の頃は特にキーが高めに感じるけれど、ちょっとしゃがれていて、良い感じにハスキーに抜けるんですよねぇ!綺麗にストレートに伸びる艶のある声と混ざり合って、やっぱり男が聴いても、セクシーで魅力的です!低いキーもしっかりと出ているし、

神から選ばれたるシンガー!

尾崎さんも、そうですよね?この曲は、ミスチルの桜井さんがカヴァーされていますが、やっぱり珠玉のナンバーだってことの証だよねぇ?もっともっと、彼の音楽を継続して聴きたかったなぁ!そして、白髪になった尾崎さん、50代になった尾崎さんは、どんな音楽を聴かせてくれたんだろう?思わずにいられません。本当に、今生きている尾崎さんの歌が聴きたかったなぁ!

今宵は、
尾崎さんを偲んで・・・。


※本日の1曲「♪僕が僕であるために(1983年)」収録のアルバム「十七歳の地図(1983年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位2位を記録しているようです。これからもこのアルバムは、新しいファンの方々によって聴き継がれて行き、尾崎豊と言う存在は永遠に輝き続けることでしょう・・・。









posted by のぶそうる at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。