海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】セシール

2019年05月01日

1182.♪ROCKIN' MY HEART!




爽やかぁロックンロールが、
めちゃくちゃ気持ち良いぞ〜〜!


ROCKIN' MY HEART/矢沢永吉(1982年)


矢沢永吉!さんご登場です。


平成から令和に元号が変わりましたねぇ!

言葉の由来の通り、穏やかで平和で・・・でも、特に若い方々がパワフルに活躍する時代となることをお祈りします!さて、令和の一発目はやはりジャパニーズですよねぇ!永ちゃんです!今年9月には、何と!古希(70歳)を迎えられるんですね?ビックリしましたぁ!

「海外では、ミック・ジャガーさんとか還暦になっても元気にロックンロールしてるけど、ニッポンには居ないよね?だったら、俺やる!俺やります!」そんな言葉を熱く語った矢沢さんのことを思い出しますが、あれからもう10年経ったのかぁ?しかし早いよなぁ〜、って40過ぎてからホント、思うようなりましたぁ。

さて今夜は、矢沢さんの通算10作目のアルバム「YAZAWA It's Just Rock'n Roll(1982年)」収録のシングルナンバーです!当時テレビCMで使われていたナンバー。通算7作目のアルバム「YAZAWA(1981年)」で初めて、海外でのリリースも叶った矢沢さんですが、海外リリース第2弾となったのが、今日のこのアルバムです!

ドゥービー・ブラザーズの、ボビー・マカインドさんとジョン・マックフィーさんがプロデュースを担って、アメリカン・ウェストコースト・ロックを吸収して、矢沢さんが正に進化を遂げた瞬間だったと言っても過言ではないでしょう!そうそう、TOTOのスティーヴ・ルカサーさんもギターで参加してるんだったよねぇ?

爽やかなメロディが心地良い
ポップだけれど
やっぱりロックンロールなナンバーが
あの時よりも気持ち良く響いて来る!


この曲が流行っていた時代、矢沢さんと言えば、不良が聴く音楽とか、ツッパった男たちのアイドル・・・なんて言われていましたよね?私の周りにもたくさん居ましたが、特別ツッパッっているやつではなかった?クラスメイトに、カセットテープに録音して貰って聴いたのが、最初の出会いでした!当時私は洋楽にのめり込んでいて、全く興味なかったはずなんだけれどなぁ?

ただ当時はやっぱり、あまりピンと来なくてほとんど聴きませんでしたが、大人って言われる年齢になった時に聴き返してみたら、いやぁ〜〜〜!あの時代にニッポンでこんなカッコイイ音楽演っていたんだぁ?と、後から感じましたねぇ!爽やかでポップで、でもロックンロールな旋律・・・そして、巧みに英語詞を歌う矢沢さんのヴォーカル!

今また聴いてみても、カッコイイなぁ!と思います。今ロックンロールにフォーカスしているんだけど、この曲も、'50年代半ばから脈々と引き継がれて来たロックンロールを感じるのですが、いかがでしょうか?そして矢沢さんが歌っていても、ニッポンをほとんど感じないのも、矢沢さんが西洋人と遜色のない歌声を披露しているってことですよねぇ?

ただ私は、日本語を歌う矢沢さんも好きなんですよ!若いこの頃はこの頃で素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれてますが、最近の枯れて渋くなった矢沢さんの存在感も、やはりカッコイイんだよなぁ!間違いなく令和の時代も彼の活躍は、たくさん見て聴くことが出来ることでしょう!ロックンロールで世界に挑戦した先駆者!いつまでも歌っていて欲しいです。

ミュージシャンを多く輩出している

広島生まれの矢沢さん

未体験の方々には、

ぜひこの頃の矢沢さんに触れて欲しいなぁ!




posted by のぶそうる at 23:27| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(邦楽)ま行・や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。