2019年05月03日

1183.♪ロックン・ロール・ショー!




清志郎様よ永遠に・・・。


♪ロックン・ロール・ショー
/RCサクセション(1981年)


RCサクセション!さん・・・。


昨日の5月2日は、清志郎さんが亡くなられてから、10年の年月が経った日だったんですねぇ?もう10年も経ってしまったのかぁ・・・。今思い返してみると、ホント、ニッポンにとって宝物のような方をニッポンは失ってしまったんだなぁ〜って、強く強く思う限りです。私は本日のナンバー収録の、彼らの通算6作目のアルバム「BLUE(1981年)」このアルバムしか、

実は、じっくりと聴いたことがない人なんですよ〜!なんで、彼らのことを語る資格などないんですが、久しぶりに聴いてやっぱりワクワクしてしまったので、失敬!書かせて頂きます。(聴こう聴こうとホント思っていて、未だに聴けてないアーティストって、皆様もいらっしゃると思います)中学一年生の頃でしたねぇ!ハードロックもそうでしたが、級友に非常にマセた男が居て、レインボーさんやマイケル・シェンカーさんと共に、

カッコイイぞ〜!聴いてみぃ!

・・・って言われて、カセットテープに録音して貰ったのが、このアルバムだった!しかし、前回の永ちゃんと同じように、マイケル・シェンカーさんの方が良くて、ほとんど聴かなかったんですよねぇ。やっぱり洋楽にどんどん引っ張られていたんでしょう。それから時を経て聴いてみたら、これまたカッコイイじゃぁ〜ないですかぁ!そしてオープニングナンバーのこの曲が、

今聴くと、さらにかっこよく聴こえて来て、清志郎さんの存在感に圧倒されております!今夜は彼ら、RCサクセションさんたちのちょっと重めのロックンロールナンバーです!

作詞、作曲、編曲:RCサクセションさん

メンバー

忌野清志郎さん(ヴォーカル&ギター)
仲井戸麗市さん(ギター&ヴォーカル)
小林和生さん(ベース&ヴォーカル)
新井田耕造さん(ドラムス)

清志郎節全開!
ちょっと重めだけれど
最強の
ジャパニーズロックンロールだぁ!

イントロのドラムスにまずシビレて、チャボさんのギターにやられてしまう!結構今聴いても重いハードロック風味がありますよね?歌詞にも、♪・・・ハードロックが大好き〜〜!って出て来るけれど、当時一緒に聴いたレインボーさんとかと同じような、ドライヴしたギターが唸ってます!ただ清志郎さんの歌が始まれば、

やっぱりRCさんだよなぁ〜!

ハードロックじゃなくて、これまた脈々と受け継がれて行くロックンロールだぁ!だよね?しかし感じるのは、清志郎さんの歌声!ブルージーでもなく、洋楽風でもなく、唯一無二のヴォーカルなんだよなぁ!しゃがれているのに、艶々で、力強いのに、とても繊細・・・やっぱりニッポンの、ジャパニーズが誇る、天性の才能を持った歌い手さんなんだよねぇ!

聴いた瞬間から、どんどん魅せられて魔法にかけられたように、もう完全に虜になってしまう!本当に凄い人だったんだなぁ〜と、思うばかりです!エアロスミスのスティーヴンさんと同じく清志郎さんも、オーティス・レディングさんがアイドルのようですが、どんな曲を聴いても、ソウルフルな雰囲気を感じるのは、そこなんでしょうか?

ズンズンと引っ張られて、もうノリノリになってしまって、聴く者すべてが清志郎さんのものになってしまう!こんな人って選ばれたる人にしか出来ないことですよね?さすがです!自転車を愛用する、中年になられた頃の清志郎さんは、とても優しくなられていましたが、ステージに立つと、やはり変わらないカリスマで、オーラがありました。

令和の時代に彼が生きていらっしゃったら、
どんな歌を歌ってくれただろうか?

ファンの皆様方はそう思わずにいられませんよね?それは叶わぬことですが、天国から極楽浄土から、ニッポンのことを優しくも、熱く見守って下さっていることでしょう!いつまでも色褪せることのない彼の、そしてRCサクセションのナンバーは、今日も唸りを上げて、私たちに迫って来ます・・・。

ありがとう、
忌野清志郎様・・・。


※本日の1曲「♪ロックン・ロール・ショー(1981年)」収録のアルバム「BLUE(1981年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位12位を記録しているようです。ニッポンのロックンロールは、彼らでさらに進化した!必聴のグループですよねぇ?私もじっくりと聴き直して行きたいと思っております。





posted by のぶそうる at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。